腕力

今月の測定で、身長167cm、体重64kgになったアタルです。

順調に推移しています。


ですが、ママよりも小さい。

そのせいか、まだまだ子供っぽく見えます。

ママの背を抜くのは来年の夏頃かな。

そうなると一気に逞しく見えるかも。


さて、昨日はチームバッティング練習、今年最後の日。

次の練習まで2週間開きます。


ミーティングでバッティングコーチからの一言。


「とにかく、腕力を強くしろ!」


このコーチは、元ダブルエーのプロ野球選手。

自らの経験で痛感した事なんでしょうか。


ボールを打てとか、素振りをしろとかじゃないんです。

スイングがどうとか、細かなことは後からでも修正が効きます。

今やるべきことは、一にも二にも力強くなること。


腕力があった上での技術。

腕力がなければ、その時点で篩から落とされますからね。


アタルの足らない点もこれ。

手は小さいし、握力は平均以下だし。

たぶん腕力は小学生並みでしょう。


腕立て伏せに、チンアップ。

毎晩腕がだるくて、お箸がもてなくなるまで鍛えなきゃいけませんね。








[ 2014/12/20 07:33 ] 2014 | TB(0) | CM(0)

快晴なり

今日は快晴。

アタルはお姉ちゃんに連れられて、ダウンタウンへクリスマスショッピング。

二人仲良くしてくれるのが、何よりの親孝行です。


私は妻と散歩。

話題は子供のこと、学校のこと。

何気ない一日ですが、たぶんこういうのが幸せなんでしょうね。


さて、今日は投球プログラム六日目。

距離は、75フィート。

球数は25球を2セット。

ここからは、クロウホップでボールを投げます。


「ほら、軽く投げてもボールが行くよ」と言います。

たぶん、下半身が強くなっているんでしょうね。


立ち幅跳びを計ってみました。

223cm、2ヶ月前よりも6cm伸びています。


「今から3年間が一番楽しいんだよ」と私は伝えています。

階段を一気に駆け上げるように伸びますから。

球速も飛距離もグーッと伸びるでしょう。


体の大きさで悔しい思いをしてきただけに、その重要性は痛いほど分かっているでしょう。

食事の大切さ、睡眠の大切さも自覚しているので、

最大限に伸びる気がします。

(私はこの頃に毎日夜更かしをし、タバコを覚えて失敗しました)


アタルにとって楽しい三年間は、間違いなく私にとっても楽しい三年間になるでしょう。

天気が晴れだと、気持ちも前向きになりますね。


[ 2014/12/15 07:54 ] 2014 | TB(0) | CM(0)

観覧注意

最近アタル、色気づいています。

私の愛用のセーターを着たり、お姉ちゃんの黒のコートを着たり。


脇の下には、オールドスパイス。

鼻の下の産毛を剃ったり。


そんなアタル、こんなPVを見ていました。




この曲、ラジオからよく流れています。



「あれあれ、『アォォーーーン』ってヤツは?」

私のそれだけ何の曲か分かったアタル、検索してくれました。







事故った。



アタルの顔が見られない。

画面を変えるべきか。

いや、変えたら逆に変に思われるか。


気まずい空気が流れる。




[ 2014/12/12 06:41 ] 2014 | TB(0) | CM(0)

投球プログラム

トレーナーから投球プログラムを頂きました。

初日の昨日は、60フィートを25球。

今日は休みで、明日はこれを2セット。


来週は75フィートに距離が伸びます。

投球数は25球、または2セット。

その後も投球数は変わりませんが、距離は徐々に伸びていきます。


投球プログラムは、処方箋と同じなんだそうです。

多すぎてもダメ、少なすぎてもダメ。

決められた分量を決められた回数だけ飲むように、

決められた距離を決められた数だけ投げます。

来年1月中旬にフェニックスに行くので、それから逆算して作ったプログラム。


トレーナーの所へ行くと、やはりそれなりに専門的になりますね。
















[ 2014/12/10 07:16 ] 2014 | TB(0) | CM(0)

Hopeful

もうご存知の方も多いと思いますが、、、。

オリジナルと日本のテレビ版の二つを載せますね。








[ 2014/12/08 13:23 ] 2014 | TB(0) | CM(0)

二段目に着火

体調不良で寝込んでいました。

病気になって初めて痛感しますね、健康であることがいかに大事かと。

季節柄、皆様もご自愛くださいませ。


先週末のアタルは、一日に6食。

今夜は7時45分にベッドへ。

食事も睡眠も十分。


三日に一度は「おっきくなったー」と驚きの声をあげる妻。

ハンドパワーじゃないですが、「きてます!!」。


さて、寝込んでいるとき、ふと思ったんです。

ちょっと訳の分からないことを言うかもしれませんが、お付き合いください。


野球が上達していく過程を三段ロケットに例えると、

一段目のロケットが小学生時代。

その燃料は、『野球が楽しいという気持ち』。


この燃料に着火させると、ロケットは宇宙へ向かって飛び立ちます。

燃料の量もそれに着火させるのも大人が大きく拘わります。


二段目のロケットは、中高時代。

その燃料は、『二次性徴』。

これに着火すると、スピード倍増、物凄い勢いで飛んでいきます。


ただし、これは自動着火。

他人は操作できません。


一段目の燃料が少なすぎて、これに着火する前に墜落してしまうロケットも。

また、まだ一段目の燃料が大量に残っているのに、着火してしまうことも。


最後の三段目のロケットは、高校大学時代。

ここで使う燃料は、『ウエイトトレーニング』。

ただし、燃料に着火させるタイミングが難しい。


周りのロケットがかなり先を行っている。

勝たなきゃと焦って着火。

まだ二段目の燃料が残っているのに。


実際、それで周りのロケットを追い抜くことができるでしょう。

しかし、大気圏突破までは、まだまだ距離が。


夢は宇宙に飛び立つことだったのに、、、。

いつしか、相手に勝つことばかり考えて、、、。


ロケット打ち上げを成功させるには、

いかに一段目二段目の燃料で高く舞い上がるかが鍵を握る。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。






[ 2014/12/04 19:21 ] 2014 | TB(0) | CM(2)

アイムジャパニーズ




こちらに住んでいて思うのは、「日本人って信用されているなー」と。

それは先の移民の方々が、この街でコツコツと築き上げたものなんでしょう。

ですから、私がそれを崩してはならないと、肝に銘じて暮らしています。


私、初対面の人にほぼ100%こう尋ねられます。


"Are you Korean?"


"No"と返事をすると、次は必ずこう言われます。


"So you are Chinese."


でそれに対する返事は、

"No, I'm Japanese!"

と日本人であることを強調してしまいます。


韓国人や中国人に間違われたままじゃ、何だか納得がいかないんです。

たぶん相手からしたら、「どっちでもたいして変わらないのに」と思っているでしょうけど。


話は変わりますが、私がいまでもたまに使うテクニックを教えますね。

道を歩いている時に小銭をせびられたり、こりゃ厄介だなーと思った時など、

面倒なことに巻き込まれたくない場合は、ゆっくりこう言ってみてください。


(裏声のような高い声で)"みー、のー、いんぐりっしゅ"


すると、不思議な事に相手は退散します。

「こんなヤツに拘わると厄介だ」と厄介なヤツは思うんでしょうね。


間違っても

"I don't understand."や "I can't speak English."と言わないように。


だいたい詐欺に遭うのは、英語が少しできるようになった時です。

相手の話を聞いているうちに、相手の思う壺にはまってしまいます。

それが彼らの生業ですから。
[ 2014/11/27 11:54 ] 2014 | TB(0) | CM(0)

スポーツビジネス

「知ってるって!」

「あっ、それ反抗期の印ね」


「分かってるって!」

「あっ、それも反抗期の印ね」


最近すね毛が濃くなってきた感じもするし、

腹筋も割れてきたアタル。

待ちに待った事なのに、何だろうこの寂しさは。


さて、来年1月、チームはフェニックス(アリゾナ)まで遠征に行きます。

どうせなら3月に行きゃいいのに、って思いますが、

チームの決定事項なので、不参加って訳にも行かず。


費用は、交通費と宿泊費だけで$1000。

私も帯同しようかと思いましたが、止めることにしました。

年間の総額がどれだけ掛かるのかちょっと心配で。


前からあったのか、最近流行りなのか知りませんが、

この頃よく聞くのがショーケース。

来月オレゴン州で行われるショーケースの案内がメールで来ました。

http://www.classofthefieldbaseball.com/


だいたいどのショーケースの謳い文句は、こんな感じです。

『カレッジのコーチ、プロのスカウトが大勢見に来る』

『去年の実績では、〇〇人がカレッジ(プロ)にスカウトされた』


「ひょっとしたら、うちの息子にも声がかかるかも」と思う親が息子を参加させるんでしょうけど、

参加費用は、ピッチャーのみ場合で$100。

野手は$150で、両方なら$200。


ピッチャーは午前中に20球投げて、コーチからのフィードバック。

それで$100也。

ちょっと高い気も。


実際スカウトが来るショーケースと聞いて行ってみたら、観客席には保護者以外誰もいなかったって話も。

それに今回は12月って、、、。

長いことボール投げてない子ばかりだと思うけど。


なんかビジネスの匂い、プンプンします。

うちはパスだな。


今週末は、大学進学のセミナーがあるそうです。

費用は$340。

妻は行く気満々ですが、ちょっとどうかなー。


野球で大学進学するテクニックを教えてくれるそうですが、

「野球が上手ければ、何も親がセミナーを受ける必要ない」って言うのが私の意見。

本当に野球で大学に行きたいのなら、本人が努力することだと思うんですが、

妻に何を言っても平行線を辿るばかり。


「あんたが必死になってどうすんの。必死にならなきゃいけないのは、アタル本人でしょ」

と言い掛けたが、止めました。

(世界最強アニマルにそんなこと言える訳がない)


結局、「じゃあさー、アタルに決めさせたら。

$340を渡してね、トレーニング代に使うのか、ママにセミナーを受けに行ってもらうのか」


それにしても、次から次へとお金が掛かるもんですね。

[ 2014/11/26 08:00 ] 2014 | TB(0) | CM(2)

Routine

フォールボールが終わって一ヶ月、

野球の試合がないとちょっと寂しいですが、

心は穏やかに過ごせています。


アイスホッケーが週一回ありますが、

こちらはリクリエーションなので勝ち負け関係なし。

コーチに媚びる父兄もいないし、

そもそも私以外誰も見学していないので、全く気を使う必要もなし。

アイスホッケーの事は分からないので、私は余計な口を出さないし。

アタルの肩は休めるし、私の心も休まります。

最近イラッとするのは、(釣りで)根がかりしてルアーを無くしたときくらいです。


さて、このアイスホッケーと日曜日のパワースケーティングを今アタルが一番楽しみにしています。

結構キツイんですが、苦にならないと言ってます。

普段出来ない動きが氷の上では出来るのが楽しいと。


通りで、アイスホッケーが上手くなるのも納得です。


確か野球を始めた頃も、毎日こんな気持ちだったと。

それがいつしかルーティーンになり、新鮮さが消えてしまったようです。

こんな気持ちじゃ、上手くなんないですよね。


練習ってね、バットを振ったりボールを投げたりすることだと決め付けていますが、

本人が心の底から「やりたい!」って気持ちが沸いて来るまで、何もしないのも練習の内かも。

チーム練習で久しぶりにボールを打ったアタル、「すごい打球が飛んだ」って言ってたし。


毎日やらないとみんなから遅れるんじゃいかって不安になりますが、

それは私が不安になってるだけなんですね。

私の不安を解消するために、アタルに練習をさせているかもしれません。


「あぁ、ボール打ちたいなー」って本人が思うまで、待つ。

どこまで待てるか、私が試されている気がします。







[ 2014/11/24 15:34 ] 2014 | TB(0) | CM(0)

バンクーバーの朝日

年末公開予定の『バンクーバーの朝日』。

こちらで上映があったのですが、私は時間が合わず見損ないました。


映画の内容じゃありませんが、バンクーバー朝日がどういったチームだったのかは、こちらに詳しいことが書かれています。


そして、現在新朝日軍が結成されました。

と言っても、少年の部って所でしょうか。


このチームが来春日本遠征を行います。

横浜と天理で親善試合を行う予定です。

アタルも誘いを受けたのですが、生憎都合が悪く参加できません。


さて、最近のアタルですが、ぼちぼちやっています。

チーム練習は週に4日。

一回の練習時間は1時間。

土曜日でも、午前中に1時間だけです。


15才16才チーム、しかもトップチームでこれだけの練習量ですから、

いかにこちらの練習量が少ないかお分かりでしょう。


これじゃ全然足らんってことで、日曜の朝はブートキャンプ、

午後はパワースケーティングをやらしているのですが、

肩、膝の裏の様子を見ながら無理をしないようにしています。


悪化しないように、かつ筋力を落とさないように。

ここら辺のさじ加減が難しいですね。

[ 2014/11/19 12:25 ] 2014 | TB(0) | CM(0)