田中将大Evolution














[ 2015/01/24 09:02 ] 2015 | TB(0) | CM(0)

黒田博樹

NPB11年の通算防御率が3.69。

MLB7年の通算防御率が3.45。

日本時代よりもメジャーの方が防御率が良くなってる投手って珍しいかも。

[ 2015/01/22 14:17 ] 2015 | TB(0) | CM(0)

ライバル

フェニックスの話ですが、飛行機の中からもの凄い数のグランドが見えたそうです。

カナダ出身のプロ野球選手が尋ねてきてくれて、教えてくれたそうです。


滞在先のホテルでは、バスケットボールに夢中だったようで、

新品のランナーズがボロボロになって帰ってきました。


アタルは10時過ぎには寝るようにしていたそうですが、

深夜にチームメイトがピザを持って乱入してきて、起こされたとか。

野球以外の思い出がたくさん出来たようです。


レストランでは、こんな出来事があったそうです。

チームメイトのお母さんがメニューを指しながら、ウエイトレスにこう聞いたそうです。


「このミディアムって、どのくらい辛いの?」


「マイルドよりも辛いです」


「もう少し詳しく説明して」


「分かりました。ミディアムは、スパシーよりはマイルドです」


あー、典型的なアメリカンとカナディアンって感じだなー。


隣接する国同士って、それぞれ悪口を言い合うんですよね。

日本と韓国のように。

ニュージーランドとオーストラリアもあるようで、

ヨーロッパなんかは、特に多いようです。


で、カナダ人は、いかにアメリカ人が無知かを、

アメリカ人は、いかにカナダ人が田舎者かを揶揄します。

(旅行先でカナダ人は、アメリカ人に間違われることを嫌うそうです。)


でもスポーツで対決する時は、盛り上がりますね。

アメリカには負けたくないってのがあります。


バンクーバーオリンピックの男子アイスホッケーの決勝戦、

カナダ対アメリカ戦は、視聴率80%だったという噂を聞いたことがあります。


あのチームだけには負けたくないって、誰にでもありますもんね。
[ 2015/01/22 06:46 ] 2015 | TB(0) | CM(0)

作用と副作用

フェニックスから戻って来ました。

空港から自宅まで、マシンガンのように話すアタル。

内容は、野球が2割、その他が8割。


「もう一週間いたかったー」

完全にバケーション気分ですね。


さて、トーナメントの結果ですが、Bグループ2位で終わりました。

6チーム中2位ですから、まぁ上出来でしょう。


それに1位のチームには、勝ってるんです。

実力的には、さほど変わらないとアタルは言います。


前にもお話しましたが、アタルのチームは、昨年10月からグランドでの練習は一切ありません。

室内でも守備練習は一切なし、です。


チーム練習は週に4日、1日1時間ほど。

内訳は、コンディショニングの日が一日、バッティングの日が2日、そしてピッチングが1日。

これだけの練習しかしていませんが、

アメリカ南部のチームと互角に戦えたのです。


自主練習は、どれだけしているか分かりませんが、

チーム練習はそんなにしなくても、そこそこやれるんです。


逆にチーム練習が少ないから、自主練習で補わなきゃって気持ちが芽生えるんでしょう。

うちは、正にそうです。


ま、薬と同じで、それぞれに合った適量ってものがあると思うです。

チーム練習とは、全員に同じ分量の薬を飲ませているのと同じかもしれません。

それじゃ、効き目のない子もいれば、多すぎて副作用がでる子もいて当然でしょう。


常に少なめに飲ませて、後はそれぞれ勝手に微調整してくれ。

これでもいいんじゃないでしょうか。

[ 2015/01/21 09:12 ] 2015 | TB(0) | CM(0)

相手次第

第三戦は、1-2の惜敗でした。

そして、第四戦は15-1の大勝。

2勝2敗で予選終了。

同率ですが、得失点差でBグループ2位。


同グループの1位は2勝1敗のチームで、現在試合中。

もしこのチームが負けると、アタルのチームと同率になります。

ひょっとしたら、、、、

ちょっとエキサイティングな展開です。


さて、今回いつも以上に心配しているのは、アタルの肩の事があるからです。

前回はトーナメントの初戦の先発で、初球を投げた時にインピンジメントを起こしちゃいましたから。

なった原因を考えているんですが、これといって思い当たるフシはありません。


100%投げすぎではないです。

試合前から肩に違和感があった訳でもありません。


柔軟性が失われていたのか、

ウォームアップが十分でなかったのか、

ピッチングフォームが乱れたのか。

とにかく、何らかのバランスが崩れていたんでしょう。


明日戻ってきますが、先ずは念入りに体のチェックです。

そして、疲れを取る事。


あっと、そろそろ試合が終わる頃です。

ウェブ上に結果がでるまで、ドキドキして待ってます。



[ 2015/01/20 07:51 ] 2015 | TB(0) | CM(2)

What's up?

アタルからメールがないので、

私の方から"What's up?"と催促を。


アタルからの返信を要約すると、

現在の所、1勝2敗。

ピッチングは、2イニング、無失点、3奪三振。

バッティングは、4打数2安打。

練習をしていない割には、上出来です。


ホテルの部屋ではキッチンで、ブリトーとチキンフェタチーニを作ったそうです。

妻の言う通り、アタルは楽しんでいて、メールは後回しになっていたようです。


さて、ダルビッシュのブログを見ると、アメリカに残ってトレーニングをしているようです。

日本にいると色々雑音が入り、集中できないからかもしれません。


一方、年末年始の特番に出演しまくっている選手もいます。

オフシーズンの過ごし方もそれぞれです。


アタルのオフシーズンは、ここまで順調に来ています。

今回のトーナメントで手応えを掴んだかもしれません。


ただ、まだまだ筋力が乏しいので、ここを何とかしなきゃいけません。

だからと言って、ウエイトをするのは早すぎるし。


トレーニングは、ある程度追い込まなきゃ効果は薄いと思っています。

でも、追い込みすぎると怪我に繫がります。


焦らず、怠けず、一歩ずつ。

カメのように、、、。


「昔はね、一握りの生まれつき才能のある選手だけがプロになれたの。

才能のない選手は、努力したからってどうこうなるもんじゃなかったの。

努力の仕方も間違えてただろうし。

『ウサギとカメ』の話なら、カメは疲れ果て、ウサギが勝ったわけ。


ところが、今はどうだろう?

動作は解析されてるし、トレーニング方法も確立されてきて、

それが誰でも手に入るわけ。


アタルは、どっちと思う。

野球が上手くなるのは、生まれつき才能のある選手かな?

それとも頭を使って、コツコツ練習をする選手かな?


ダディはね、『ウサギとカメ』のお話通りの世の中になったと思うけど」
[ 2015/01/19 08:36 ] 2015 | TB(0) | CM(0)

Where The Streets Have No Name

今夜も妻と二人きり。

時間をもてあましていたので、コンサートの動画を一緒に。


半分アイリッシュの血が入っているからかどうか分かりませんが、

妻の大好きなバンド。


私も高校生の時にベストヒットUSAでこのPVを見て、体の中に電流が走りったような衝撃。

めちゃくちゃカッコいいやん!




それから、こちらもカッコいい。




[ 2015/01/18 10:34 ] 2015 | TB(0) | CM(0)

便りがないのは、、、

「試合の様子を教えてね」とメールを送ってたのに、、、。


「怪我でもしたんじゃないのか」と心配する私。

「楽しんでるから、メールする暇がないのよ」と言う妻。


ま、だから一緒に暮らしていけてるのかも。


さて、トーナメントの結果ですが、今回は随時アップデートしてくれています。

(ここら辺が、アメリカとカナダとの差なんだよな)

昨日の初戦は、6-1で勝ってます。

おっ、なかなかやりますね。


今日の午前中にあった2戦目は、1-5で負けてます。

これでも大健闘でしょう。

こちらは木製バットで、たぶん相手は金属バットですからね。


このトーナメントは、2つのグループに分かれています。

アタルのチームはグループBで、全部で6チームあり、

トップだけが月曜日に決勝戦を行います。


ま、それはちょっと難しいでしょうが、2戦を終えた時点1勝1敗。

そこそこやれるんじゃないかと、自信はついてるんじゃないかと。


それとは相反する事なんですが、全試合ボロ負けして、

俺たちはまだまだ練習が足らん、と残りのオフシーズンを必死に練習してくれたら、

とも思います。


とにかく、今夜はメールが来て欲しいな。

父ちゃんは、寂しいよ。
[ 2015/01/18 06:46 ] 2015 | TB(0) | CM(0)

Somewhere In Time

今夜は子供たちがいないので、久しぶりに妻と二人きりで映画を見ることに。


ハリウッド映画を見ていると、妻の反応と日本語字幕を読んでいる私の反応にはズレがあるんです。

そんな時、「あれ、どういう意味?」って聞くと、本当の面白さが分かります。

字幕には字数の制限があるので、仕方のない事ですが。


この映画では、主役のクリストファー・リーブが、

一目惚れをした女優を探して、部屋のドアをノックします。

ところが、出てきたのは、お目当ての女優ではなくメイド。


その時、クリストファー・リーブが言ってた台詞がこれ。

"Strike One"

字幕では、メイドの対応に対して、「無愛想な」となっていますが、

野球ファンとしては、「ワンストライク」って訳して欲しかったです。

(少なくとも「空振りだ」って訳すべきでしょう)


というのも、彼女探しはまだ続き、二回目のドアをノックするからです。

つまり、最初のドアで「ワンストライク」と訳さないと、次のドアではヒットを打つのか、

はたまたツーストライクになるのか、っていう期待が持てないのです。


ま、ちょっとしたことですが、こうした伏線を見逃していると、

損しているなーと思ってしまいます。

Video:Somewhere In Time (1980年/日本語字幕)

[ 2015/01/17 08:13 ] 2015 | TB(0) | CM(0)

Smart Choice

ホテルに着いたアタルからメールが届きました。

部屋にキッチンが付いているので、料理をするんだそうです。

去年学校の科目でクッキングを選択していたので少しはできますし、

なにせゴードン・ラムゼイの大ファンですから。


と言っても、外食する機会は多いでしょう。

例えば、マクドナルドとサブウェイがあれば、サブウェイを選んだ方が良いでしょう。

野菜が豊富に摂れますから。


でももし、みんな揃ってマクドナルドへ行くとなったら、、、。

ここで試されるのが、スマートチョイスができるかどうか。


フレンチフライの代わりにサラダを、

ポップの代わりにジュースを、

ミルクシェイクの代わりにスムージーを。

こういう選択をできるかどうか。


誰も注意する者がいない中、どう自分を管理できるか。

これができるかできないかでは、天と地ほどの差がつくでしょう。
[ 2015/01/17 07:17 ] 2015 | TB(0) | CM(0)