シングルエーBC州大会 三日目と四日目

三日目は雨。

試合開始が遅れ、この日午後7時から試合予定だったんですが、次の日の朝へ繰越。


四日目。

一試合目は4-10で負け。

二試合目は7-14で負け。


1勝4敗でBグループ最下位で準決勝進出ならず。

変な話ですが、私は観戦する苦痛から開放され、ホッとしています。


これで今年シーズンの公式戦は終了。

9月から始まるフォールボールでは、ダブルエーやトリプルエーの子と合流するので、この4ヶ月の成果が試されます。

レベルは低いけど重要なポジションを経験できたのが良かったのか、重要なポジションにはつけないけどレベルの高い野球を経験さした方が良かったのか。


シングルエーを選択して良かったと言えるようにするのは今後の本人次第。

ただ体格だけ見れば、その差はさらに広がった気がします。
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

シングルエーBC州大会 二日目

今日は2試合。

一試合目は午前10時から。

相手は女子選抜。

全参加チームの中、一番打力が弱いチーム。


2回を終わって6-0と一方的なうちのリード。

6-2と少し追いつかれた所で、監督はバッティングピッチャー並の投球をするF君をマウンドへ。

案の定滅多打ちにされ、一気に6失点で6-8と逆転された。


一試合平均6、7点しか取れない女子選抜チームなのに、この回だけで6得点。

F君に投球能力がないのはこれまで何度も見てきたはずなのになぜ使う?


滅多打ちにあっている間、全くベンチから動かない監督。

これも不思議。

ベンチから動いたのは、外へタバコを吸いに行ったコーチ。

これもまた不思議。


何とか同点に追いつき延長の末勝ったけど、3時間という長い試合。

第二試合はアタルが先発予定なので、一旦自宅へ戻り休憩することに。

往復二時間掛かるけど、次は絶対に負けられない試合なので。


二試合目は午後7時から。

この相手に勝たないと準決勝進出はほぼ絶望的。


アタルは4回を投げ無四球、打たれたヒットはセンター前への1本だけ。

ですが、2失点。


三振に討ち取るもキャッチャーがパスボール。

あわてて一塁へ送球するが、これが悪送球。

もちろんライトはカバーに入っていないから三振したはずの打者は3塁へ。

マウンド上で感情を堪えるアタル。


唯一の見せ場は0-8で迎えた最終回。

下位打線の連続ヒットで1点を返してなおもノーアウト2塁3塁。


ここで3塁ランナーがキャッチャーからの牽制でアウト。

びっくりするほどマヌケなプレー。

3塁ベースコーチは迷監督。

何やっとんねん


それでも打率1割以下のラストバッターがヒットでチャンスを広げ、一番打者が左中間を深々と破るタイムリー!

2点追加!

と喜んでいたら、打ったランナーが3塁を狙ってアウト。


まだ5点差あるのだから、3塁を狙わなくてもいいのに。

3塁ベースコーチは迷監督。

あほ過ぎるわ


初回にも足の遅いランナーを本塁突入させてアウトに。

こちらが打ったヒットは、相手チームの2倍以上なのに3-8で負けるなんて。

ほんとに迷監督。


試合後、妻から聞いた話。

下位打線で、しかもいつもエラーをしてチームに迷惑をかけている子供たちは、第一試合と第二試合の合間にフィールドアスレチックセンターで遊んでいたそうで。

その子供たちのお母さん「試合と試合と間は長かったけど、フィールドアスレチックセンターへ行ったから楽しかったわ」って。


その上、試合前のウォーミングアップにかなり遅れて到着。

Tシャツ、短パン姿で苦笑いしながら。


人それぞれ。

野球に何を求めるかも人それぞれ。


残りあと2試合。

アタルと私の精神修行が終わるのもあともう少し。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

シングルエーBC州大会 初日

初戦の相手は優勝候補。

前回の試合では2-7で負けています。


ですが、4回を終わった時点で7-6とうちがリード。

残り3イニング。

相手打線の力とA君のピッチング内容、相手投手の力とうちの打順を考えれば答えは簡単。

ここはアタルか2番手、いや最低でも3番手を投入と思うのですが、そのままA君続投。


結果、7-9で負け。

投球制限では45球までなら翌日も投げられるのに。

監督の采配、ヘボ過ぎる。


公式戦の総得点が115点で総失点が81点で五分五分の成績。

この数字を見たら、どこにその原因あるのか明確なのに。

負けた試合の責任を子供のせいにするから、監督の進歩は全くなし。


それにトーナメントにはトーナメントの戦い方があるのに。

応援する以前に見ていて苦痛。


何も負け試合を監督の采配で勝ってくれと言っている訳じゃない。

勝ち試合は全力で勝ちに行く、負け試合は子供たちに経験を積ます。

これだけのことなんですけど、それが難しいのかな。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

サマーボール 第十二戦(最終戦)

この試合、相手は無敗で1位のチーム。

延長となり、8回の表、1点を取られてなおもツーアウト満塁のピンチ。

ここでイージーなショートゴロ。

ショートストップのアタルがこれを捕ってピンチを脱出。

と思ったら悪送球となり、タイムリーエラー(あほ)。


8回の裏、ノーアウトランナー1塁3塁の反撃の場面。

バッターが内野フライを打ち上げたのですが、1塁ランナーのアタルが飛び出していて帰塁出来ずダブルプレー(何年野球やってんねん)。

せっかくチャンスを潰してしまい無得点で試合終了。

勝てる試合だったのですが。


最終成績は6勝6敗。

同率6位となりましたが、もう一つのチームに直接対決でうちが勝っていたので、ギリギリBC州大会進出が決まりました。

総得点が115で総失点が81なんだから、もうちょっと楽に進出できたはずなんでしょうけど。

毎試合観戦する度に疲れました。


内野ゴロは、アウトにできる確立2分の1以下。

外野フライがあがったら、ドキドキ。


打撃は、先発メンバー全員。

うちは12人いるので、打順は1番から12番まで。

ですが、7、8、9、10、11、12は、バットにボールが当たりさえすればOKというレベル。

ボールが前に飛んだら、相手のエラーを期待する次元。

これでBC州大会を戦うんですから、期待よりも不安の方がいっぱい。


大会の試合形式は、先ず6チームづつ2つのグループに分かれて総当たり戦。

5日間で5試合。

各グループ上位2チームが準決勝進出。


過密日程ですから、ピッチャーは8人くらい必要でしょう。

うちにそれだけピッチャーを出来る子がいるのか。


ま、そんなこと考えても時間の無駄ですね。

私の力が及ぶ範囲じゃありませんから。


7月31日が初戦ですから、今日がその3日前。

アタルくん、ちょっときついワークアウトをしましょうね。



テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

サマーボール 第十一戦

昨日の試合に負けて7位に転落したうちのチーム(6位までがBC州大会出場)。

対戦相手は6位、今日は絶対に負けられない大一番。


先発を託されたアタル。

試合前「(投球制限上限一杯で)7イニング投げたらEXCELLENT、6イニングならGREAT、5イニングならGOODだよ」とアタルに伝えました。

言いたかった事は、味方のエラーや失点は気にせず自分の投球を心掛けなさい、なんですが。


結果は13-2、6回マーシールール勝ち。

アタルの投球内容は、6イニング75球、2失点、被安打1、1四球。


テンポのいいEXCELLENTなピッチングでした。

打たれたヒットは、詰まったあたりのポテンヒットのみ。

外野フライさえ許さず完璧に相手打線を抑えました。


ちょっとその種明かしなんですが、たぶん今日登板するだろうと思って、三日前に厳しめのワークアウトをしたんです。

でこの日は完全に超回復していて、万全の状態で試合に臨みました。


これまでは試合の日程に関係なくワークアウトをしていたので、体が疲れたまま試合に臨んだことも。

「手足に全く力が入らないよー」って嘆きながら試合に出たことも。


まあ試合はね、ここ一番に勝てばいいと思っているので(バッティングもここ一番に打てばいいんです)。

あとの試合は勝ち負けよりも内容が大事なんです。


さぁ、明日がサマーボール最後の試合。

もしBC州大会に出場が決定すれば、登板日を逆算してまた厳しめのワークアウトをしなくちゃいけません。

これがね、結構私も辛いんです。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

サマーボール 第十戦

子供に野球をやらせるのに一体どのくらいお金がかかるのか?

他の親と話すことが多くなった話題です。


さて、試合の方は5-7で負けたそうです。

これで5勝5敗。


ここまで10試合の総得点が88点に対して失点が62点。

26点も得点が失点を上回っているのに、五分五分の成績とは。

采配が采配が、とさんざん私が言っている意味がこの数字からお分かりかと。


私、また観戦に行きませんでした。

怠慢プレーに、ヘボ采配は見ていてストレスになるし。

アタルの報告を聞くと、この試合も行かなくて正解だったようです。


観戦に行かない理由はもう一つあります。

妻は必ず応援に行くので。


私まで行くと、家の用事は誰がするねんってことで。

私は家に残って、消化が良くて栄養価の高い晩御飯の用意を。


試合が終わって帰宅するのは夜9時頃ですからね。

しっかり食べさせて、ゆっくり休ませる。

その環境を作ってる方がストレスはないですね。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

サマーボール 第九戦

最近よく我が家の食卓に並ぶのが枝豆。

高たんぱく低カロリーだし、調理も簡単。

ただ難点は、枝豆を食べるとどうしてもビールが飲みたくなります。


もう一つよく食べるようになったのが、トレイルミックス。

ナッツとドライフルーツをミックスしたもので、一口で6種類の食材が取れます。

朝食後に一口、ランチの後に一口といった具合に。

一日30種類以上の食材を食べることにしているので、重宝しています。


サマーボールですが、現在13チームによる総当り戦を行っています。

その結果上位6チームがBC州大会へ進めます。


今日の試合は7-1で勝ちました。

これで5勝4敗の同率6位。

残り3試合、2勝1敗なら州大会出場確実です。

もしくは7位との直接対決に勝てばいいのですが、監督がそのことを分かっているのか心配です。


今日の試合、0-0の4回、ようやく出たランナーだったのに、監督のミスでバッティングオーダーを間違えてアウトに。

毎試合凡ミスをする、まぁある意味珍しい監督です。


そんなことより、アタルの打撃不振。

この試合も三振。


今夜、堪らず口を出してしまいました。

とことん苦しんで、自ら答えを出させた方が良かったのかもしれませんが。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

サマーボール第七戦と第八戦

こちらのリトルリーグは各地区代表が決まりました。

激戦地区D3の決勝戦、50/50(クジ)の当選金額が$400を超えたそうです。

どうしてそんな高額になったかと言うと、クジを売っていたのはジャスティン・モルノーのお父さんだったそうで、彼、クジを売るのが上手いそうです。


さて試合ですが、第七戦はサヨナラ逆転負け。

先発のアタル、4回を投げ5失点。

フォーシームの球威はあったんですけど、先頭打者に四球を出したのはいけませんね。

球審のおかしな判定と見方のエラーで感情的になったのもいけません。

まだまだ精神的に強くならないと。


この試合、ショートゴロが5回あったのですが5回ともエラー。

セカンドもサードも似たようなもの。


内野ゴロが飛んだら、もうドキドキ。

頼むからアウトになってくれ、と祈ってしまいます。


第八戦は、私は観戦に行きませんでしたが、勝ったそうです。

アタル、シングルエーになって初めての三振。

ここのところ調子を落としています。


この試合もまた誤審だらけだったそうです。

誤審も野球の内ですが、野球ってのは、本当に運が勝敗を左右しますね。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

サマーボール第三戦

久しぶりに会ったお母さんから「アタルくん、ずいぶんスリムになったね」って言われました。

体重は去年と変わっていないのに、身長が少し伸びたからでしょうね。


食生活では、フレンチフライ禁止、ドーナツ禁止にしてます。

私はできるだけ低脂肪高たんぱくの料理を心がけています。


さて、試合はプロスペクトキャンプの8時間練習が終わった後、午後6時から行われました。

相手はここまで3連勝だそうです。


初回のアタル、四球で出ますが、3盗を試みるも失敗。

2回の守りのアタル、ショートゴロを悪送球。

お疲れか、良い所なし。

チームも2度の満塁のチャンスを生かせず、1-2でリードを許します。


4回、こちらの守り。

先頭打者の当たりがセカンドの横を抜けてセンター前か、と思ったら、ショートストップのアタルが打球に追いついてキャッチ、でクルッと回ってその勢いで一塁へ送球、アウト!

拍手喝采の美しいプレー。

こういう派手なプレーは自主練習の時遊び感覚でやっているのですが、ついに試合で披露できました。


私、野球はスポーツというより、エンターテイメントと思っているので、少年野球でも派手なプレーは必要だと考えています。

まあ監督は悪送球で余計な進塁を許すことを恐れて派手なプレーは許さないかもしれませんが、私は地味なプレーで送球が間に合わないのが分かっているなら、一か八かの派手なプレーは必要だと思っています。

それがたとえ悪送になっても一つ進塁を許すだけですが、もし成功して拍手をもらったらそれは一生の思い出に残るプレーになるかもしれません。

(点差にもよりますが)派手なプレーは、リスクの割にはリターンが大きいと思いますけど。


バッティングも似たようなもので、何十回送りバントを成功させるより、何十回四球で出塁するより、一発外野の頭を超える打球のほうが思い出に残ると思っています。

「3打席あるんだから、9回振って1回でもバットに当たりゃ良いし。もしバットに当たんなくても次も試合はあるから」

「君のスイングなら9回振ったら1回はバットに当たるよ。もし当たんなかったら、それは指導している僕のせいだから。君は気にすることはないよ」ってコーチを引き受けたときは子供たちに言ってます。


試合に戻りますが、このプレーで流れが変わったのか、12-2で勝ちました。

打つほうでは、サマーボール全三試合で、7打数7安打、10打席連続出塁中。

絶好調です。


この試合、アタルは守備が楽しかったそうです。

初回からずっとアタルをショートストップで使ってくれた監督に感謝です。

ダブルエーの時は、役員の息子とコーチの息子がショートストップで、アタルはライトかベンチだったんですけど、シングルエーに来てホント正解でしたね。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

プロスペクトキャンプ 二日目とサマーボール第三戦

キャンプ二日目は、朝9時から午後5時まで。

午前中は、地味な基礎練習。


私は途中で飽きちゃって、近くで行われていたBCライオンズ(プロフットボールチーム)の練習を見学。

006_20130712085534.jpg

結構面白いし、ウォームアップなんか勉強にもなります。


それにしても、皆体がでかい。

黒人が多い。

全体の動きをチェックするんでしょうか、屋根の上からビデオ撮影をしています。


キャンプに戻って。

午後からは試合形式。

アタルの第一打席、見逃しの三振。

第二打席、内野安打。


シングルエーの生ぬるい環境に浸かっているので、適応できないんでしょうか。

木製バットで打つのも初めてですし。

明日最終日、アタルは登板予定です。


日本では当たり前かもしれませんが、9時から5時の練習は長いですね。


つづく。


テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking