オスグット・シュラッター病  

要注意っていってたら、アタルのひざが、、、、

バスケットボールの練習から帰ってきたら、ボコッて右ひざの下の辺りが出ています。

痛みもあります。


この動画によると、アタルのジャンプの仕方が悪いのかもしれません。

もしくはバスケットシューズに問題があるかもしれません。





オスグッド・シュラッター病のテーピングの動画です。



カイロの先生に教わったやり方よりも、こちらの方が簡単です。

無責任ですみませんが、やり始めたばかりで効果のほどはまだ分かりません。
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

カイロとフィジオ

いつもお世話になっているカイロプラクティックに行ってきました。

001_20130928193214054.jpg

特に悪い所があるわけではないのですが、少し痛い右ひざを診てもらいました。


運動後の処置の説明は、局部を冷やしたりマッサージをしたりとカイロもフィジオも同じでした。

当たり前の話ですが、施術は違います。


しばらく運動をやめれば痛みは治まるんでしょうけど、その分筋力も落ちるのでこのまま様子を見ながら運動は続けていきます。

でも、もうすぐバスケットボールのシーズンが始まるのですが、膝に負担がかかるのでどうしようかと迷っています。



テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

フィジオセラピー

冬休みの間運動を控えたので良くなったひざ痛ですが、またバスケットボールを始めたら痛み出しました。

オスグッド・シュラッター病だと思うのですが、何か他の病気かもしれないし、野球のシーズンが始まるし、このまま運動を続けて良いものかと悩み、フィジオセラピーに連れて行きました。


診断結果は、典型的なオスグッド・シュラッター病とのこと。

予想通りというか、これで一安心です。

054.jpg


アタルはセラピストから、色々なストレッチ方法を教わりました。

この写真はその一例です。

056.jpg

059.jpg

060.jpg

ストレッチに限らずですが、その道のプロに聞くのが近道ですね。


オスグット・シュラッダー病をググッてみると、治療方法は、運動を中止して安静にしなさい、と言うのがあります。

ですが、このセラピストにちょっと違った見解です。

全く運動をやめると、復帰した後にすぐ再発する可能性もあるそうです。

野球なら、膝に大きな負担がかかるキャッチャーはやめて、他のポジションなら大丈夫でしょう、と。

野球をするなって訳ではなく、運動を制限しながら治療していく方針のようです。


最後は膝にテーピングをしてもらいました。

「何色がいい?ピンク?ブルー?イエロー?」

好みの色が選べます。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking