キャッチャーをやらない理由

清宮君の事ですが、

高校時代なぜファーストを守っていたのか疑問に思っているんです。

ファイターズでもファーストを守るのか?


外野を守った方がいいような・・・・

もし夢を叶えたいのならね。


メジャーで日本人選手がファーストのポジションを取れるのか?

無理とは言いませんが、確率から行くと外野手の方が高いと思うんですけどね。


さて、アタルはリトルリーグ時代、キャッチャーもやっていました。

もし続けていれば、もっと試合に出られたでしょう。(良いキャッチャーが少ない世代だったので)

なんなら、トライアウトにも受かっていたかもしれません。


でも、それで夢は叶えられるのか?


これまでメジャーに挑戦した日本人選手の数をポジション別に見てみると・・・・

投手:40名

外野手:7名

内野手:6名

捕手:1名


キャッチャーは城島健司のみで、4シーズンしかプレイしていません。

野茂英雄が挑戦して以来22年間で、たった一人しかいないんです。


つまり、日本人が挑戦するには難しいポジションと言えるでしょう。

(ピッチャーとのコミュニケーションの問題もあると思いますが)

これから挑戦しそうな現役の捕手も見当たらないし。


ただでさえプロ野球選手になれる可能性が低いのに、

さらに可能性が低いポジションを選ぶのか?


もちろんキャッチャーからピッチャーへ転向した例なんていくらでもあるし、

キャッチャーをやるなら夢を諦めなければならないとは思っていません。


あくまでも、これは確率の話です。


ま、どっちにしろプロ野球になれる確率なんてゼロに近いので、

本人のやりたいポジションをさせるのが一番なんですけどね。


それが出来る間はね。
スポンサーサイト

さようなら 2017

皆さまにとって、今年はどんな一年だったでしょうか?


アタルにとっては、野球を始めてから一番伸びた年でした。

走攻守、どれも私の期待以上の成績を残してくれました。


これは様々なスポーツをしてきた事、皆さまから頂いた数々のアドバイス、

それらがようやく実った気がします。

(と言っても、まだまだ本人の努力は足りません)


カレッジの監督からは、「来年の今頃は、94マイルを出している可能性がある」

と言われているそうです。

でも、現実的な線で言えば、90~92マイルでしょう。


ただアンポンタンは、超がつくほど素直ですから、監督の言葉を鵜呑みにしています。

それが思わぬ結果となって現れるかもしれません。


もし仮に94マイルを出せたとしたら・・・・

おっと、取らぬ狸の皮算用は止めておきましょう。


球速に気を取られるんじゃなくて、

怪我なく楽しいシーズンを過ごした結果が、球速アップに繋がりますからね。


最後になりましたが、今年も拙いブログにお付き合いくださってありがとうございます。

特にコメント・アドバイスをしてくださった方々には、感謝の気持ちで一杯です。


それでは皆さま、良いお年を。

体重の増やし方

昨年のオフシーズンは、90kgまで体重を増やしたと思っていたんですが、

日記を確認してみると88.4kgでした。


そして、今夜の体重は88.9kg。

新記録です。


去年と違う点は、除脂肪体重が増えている事で、

この体重になってもまだ動けます。

あともう少し増やせそうです。


本人はカレッジに戻った直後の1マイル走の事を心配していますが、

(6分15秒を切れないと罰走があるそうです)

まぁ、しんどいって言ったって、吐くくらいでしょう。


「男子たるもの吐いてなんぼ」


そんな言葉はないですが。


さて、風邪をひいて食欲があまりない中で、どうやって体重を増やしたか?

今回導入(?)したのは、ハチミツ・バナナ・ミルク・プロテインシェイクです。

ま、ウエイトゲイナーのようなものですね。


朝7時。

それを作って、アタルの部屋へ持って行きます。

寝ているアタルを起こして、飲ませて、二度寝。


ウエイトトレーニング後もまたこのシェイク。

そして、お昼寝。


夜、体重が思ったほど増えてない時は3杯目。

(1杯で、プラス300kcal ほど得られます)

そして就寝。


とにかく、食欲のない時は、液体を流し込む。

で、寝る。


アタルには、良く効く方法です。

タイミングが大事



参考になる動画です。


yanagita 1

つまり、『よし!ヒットを打ってやる』って思うんじゃなくて、

『良いスイングをしよう』とだけ心掛けた方が、良い結果が出やすいんでしょう。


じゃあ、良いスイングをするのは?


yanagita 3

yanagita 2


「タイミングが大事」

これはよく聞く言葉です。


ってことは・・・・


様々なバッティング練習がありますが、

一番多くの時間を割くべき練習は、タイミングを取る練習ってことでしょうか。

メンタル

(体重)84kgであっちに行って、84kgで帰ってきました。

必死で増量したのに、風邪をひいたせいで元に戻ってしまいました。


増やす時はなかなか増えないのに、

落ちる時はあっという間です。


私とは逆ですね。


さて、前回の問題ですが・・・・

先ずお断りしておきますが、これが正解という訳ではありません。


いや、これが正解!っていうのはないでしょう。

選手それぞれ能力が違いますし、

それぞれの監督には、それぞれの戦略がありますからね。


ではあの場面、アタルの監督は、打席に立っているバッターにどんな指示を出すのか?


答えは、「(バットを)強振しろ!」です。


その理由なんですが、

ツーストライクと追い込まれている打者の心理を考えるそうです。


<最低でも進塁打を打たなくちゃ>

<三振したらどうしよう>


こんな心理状態でバットを振るとどうなるか?

高い確率で、ダブルプレーになるそうです。

(相手の術中に嵌りやすいってことでしょう)


強振していれば、仮に芯を外したとしてもブルーパー(ポテンヒット)の可能性も出ます。

もし長打が出れば、1点だって取れます。


中途半端な当てにいくスイングよりは、三振しても良いくらいの気持ちで強振した方が、

チームにとって良い結果に繋がる確率が高いそうです。


じゃあ、バットを強振するには何をすればいいのか?

タイミングを合わせるにはどうすればいいのか?


その答えは難しいので、その逆を考えて見ましょう。


どういう時にタイミングが合わないのか?

どういう時に強振できないのか?


バットを振る練習の時、何を意識して振ると試合で結果に繋がるのか?

バットを振る回数やメカニックよりも、バッティングには重要なことがあるようです。

只今帰省中

先週土曜日にアタルが帰省しました。

野球部の事、学校の事、友達の事、

色々話してくれました。


野球に関しては、やはり井の中の蛙だったようです。

分かっていた事ですが、改めてレベルの違いを感じたようです。


さて、アタルから聞いた話の中で興味深いことが。

バッティングに関して監督は、バッティングフォームはあまり関係ないと言うそうです。


大事なのは、タイミングと・・・・

おそらくこれから、この分野が研究されていくでしょうね。


バッティングフォームは科学的に解析されているし、

トレーニング方法もだいたい分かってきているし。

インターネットの世の中ですから、どの監督やコーチも同じ様な情報を持っていますからね。


では、ここで問題です。

0-0、ノーアウト(もしくはワンアウト)ランナー1塁、ツーストライクと追い込まれた場面。


もしあなたが監督なら、バッターボックスに立っている打者にどんな指示を出しますか?

もしくは、あなたが打者ならどんなバッティングを心掛けますか?

野球を続ける確率

こちらのサイトから抜粋です。

high school


アメリカの高校球児が、大学でも野球を続ける確率は11%かぁ。

この理由の一つは、定員があるからでしょう。

30~40名ですから、狭き門なんですね。


こちらはスポーツ別・大学別の数字です。

high school 2

野球は他のスポーツと比べて、JUCOの環境が整っているようですね。


では、プロの選手になる確率は・・・・

odds.jpg


どれも厳しいですが、特にバスケットボールは厳しい世界ですね。

これは、1チームの人数が少ないからでしょう。


ちなみに、女子がプロの選手になる確率は・・・・

odds girls


女子のプロスポーツの世界は、こんなにも厳しいとは・・・・

地図とコンパス

アタルがG8の時の話です。

ベースボールアカデミーのコーチがこんな事を言っていました。


「アメリカ人選手とカナダ人選手の違いは、技術ではない。体格だ」


分かりました。

で、いったい何をどうすればいいの?


それだけじゃ、地図もコンパスもなしで目的地へたどり着けと言ってるようなものです。

選手たちには、具体的な数字の目標とそれを達成させる計画を立てさせないと。


さて、昨日のトレーニングはデッドリフトだったそうです。

クスワットに続いて、またチームメイトの負荷を教えてくれました。


チーム一の長打力のあるAは、525lb。

小柄ですが最速91マイルのHは、515lb。


スクワットにしろデッドリフトにしろ、NJCAA(D1)でやっていくには、

このくらいのパワーが必要なんでしょう。


で、アタルはと言うと・・・・425lb。


これで差が分かりました。

例えるなら、地図を手に入れたって所でしょうか。


そして帰省中の3週間は、私がコンパスの役目です。

あとはコツコツ差を埋める作業をするだけです。

足らない筋力

昨日のチームトレーニングはスクワット。

アタルから聞いたチームメイトの1RMと体重はこんな感じです。

(体重はプロフィールのものなので、現在はもう少し重たいと思います)


【ピッチャー】

アタル  185lb  365lb  88マイル

H     170lb  425lb  91マイル


Hはアタルよりも小柄ですが、やはり出力は大きいんですね。


【バッター】 

A 205lb  435lb

C 200lb  435lb

N 215lb   495lb

D 175lb   495lb


こんなにも差があるのかぁ・・・・


分かっていた事ですが、改めて筋力不足が明らかになりました。

これで迷いが消えました。


冬休みの間もとことん体重増量で行くべきでしょう。

長い夜

生まれて初めて行くコンサート。

出かける準備をしている娘に話しかけます。


私「誰のコンサート?」

娘「JAY Z」


私「JAY Zって?」

娘「ビヨンセの旦那さんよ」


私「お父さんでも知ってる曲ある?」

娘「これなら知ってるでしょ」





私「あぁ、知ってる知ってる。渡辺直美ね」

娘「ハァ?」


コンサート終了。

公共の交通機関は混むだろうから、車で迎えに行きました。


娘「すごく良かった」

私「あ、そう」


娘「ビヨンセもバンクーバーに来てるから、サプライズで登場するかと期待してたんだけど」

私「あ、そう」


娘「JAY Zのラップってクラッシクなの」

私「あ、そう」


興奮がまだ冷めないんでしょうね。

全く分からないので、相槌しかできないけど。


ちなみに、私の初めてのコンサートは高一の時で、松山千春でした。

娘にそんな話をしても、全く興味ないでしょうね。


アタルが帰ってくるのが待ち遠しいな。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
626位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
81位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking