閣僚

このブログの趣旨とは、全く関係ないことですが・・・・


首班指名は、小泉進次郎でいいんじゃないかと思っています。

国民が政治家に求めているのは、クリーンさだと思うんです。


そりゃ年を取れば、誰だって埃も溜まるって。

だから、ここは思い切って、ありかと。


それと改憲が行われると思いますが、いずれ日本は核保有も議論すべきだと思います。

北朝鮮とは対話で解決を図るべきですが、対話ってのは対等だから成り立つのです。


カナダに住んでいますが、私は日本国籍なので、ちょっと意見を言いました。


ちなみに、カナダの首相はこの方です。

Justin.jpg


そして、これが閣僚の顔ぶれです。

カナダ


※コメントは差し控えてください
スポンサーサイト

死ぬまでにしたい10のこと

義兄に誘われて行って来ました。



Picture 244


それは、なんとなく、子供の頃から思っていたことです。

一度は経験してみたいなぁ、と。


Picture 238


自分の力では、リールが巻けないほど大きな魚を釣ること。

水に引き込まれそうになるほど大きな魚を。


釣果は20匹。

(やった事がある人なら分かると思いますが、かなり多いです)


一番大きいヤツは、2m30cm。


Picture 241

(このサイズになれば、釣り上げるのに30分は掛かります)


ガイドは、「ボートを岸に寄せて、記念撮影をしますか?」と聞いてくれたんですが・・・・

こんな風に。


sturgeon.jpg
(写真元Sturgeon Hunter Fishing Charters


でも、同伴者は皆、「いらない」って。

<えっ!?>


サイズを測ったら、すぐリリースです(あっという間)。

そっちの方がチョウザメへのダメージも最小限に抑えられるし。

記念写真なんて、チョウザメからしたら迷惑な話でしょうし。


これが本当のスポーツフィッシングの姿なのかもしれません。


とにかく、これでやってみたいことが一つ実現しました。

アタルもそうです。

行きたかったのは、UBCじゃなくてアメリカのカレッジでした。


やりたい事ができる時代と、やりたい事ができる国に生まれたんだから、

何が本当にやりたい事なのか?


他人がどうこう言おうと、それで出た答えを選択すればいいでしょう。

ただし、それができることの感謝を忘れないように、ね。

ドラフト直前

もうすぐドラフト会議が行われます。

注目は、もちろん清宮君です。

draft 2017 2


老婆心ながら、プロに行って気をつけて欲しいのは怪我です。

特に腰と膝。

身長184cm、体重101kgですから、身長-83と言う事になります。


先輩達と比べてみます。

筒香嘉智 185cm 97kg (身長-88)

T-岡田 187cm 100kg (身長-87)

松井秀喜 188cm 95kg (身長-93) 

(ウィキペデアより)


清宮君はリトルリーグの頃から結構な体重がありましたから、

長年その負荷が腰と膝に掛かってます。

野球は瞬発力のスポーツですから、少しの重さでも相当な負荷が掛かりますからね。


あくまでも私のイメージですが、日本人の骨格で身長-80くらいまでなると、

動きが鈍くなり、怪我が多くなるんです。

(現役なら中田 翔です)

おかわり君みたいな、ずんぐりむっくりの体格なら話は別なんですが・・・・


もちろん私が心配するってことは、周りも本人もとっくに気付いていることでしょうけど。

日本人が知らないインナーマッスルへの大きな誤解




アタルがリトルリーグの頃、インナーマッスルのトレーニングをよくしました。

うちわを扇がせたり、チューブだったり。


ところが、水泳を始めた頃からやらなくなりました。

水を掻くことで十分その役割を果たしているんじゃないかと思って。


それからは、シーズン中でもやらなくなりました。

面倒くさいし、やっても効果のほどが分からないし。

だったら、その時間はストレッチやウエイトトレーニングに回した方がいいと・・・・


もうすぐオフシーズンのトレーニングが始まりますが、

チームのトレーナーがどういうメニューを組むのか非常に興味があります。


果たしてインナーマッスルを鍛えるのは、過去の物なんでしょうか。

ストライクゾーン

一晩経って考えてみると、昨日は上出来だったのかもしれません。

4ヶ月前までは、大学で野球を続けられるかどうかの選手でしたから。


制球力が良かったのは、投球回数と関係しているのでしょうか。

今年は、65イニング投げていますから。

(14~17才の間は、30~40イニングくらいしか投げてないと思います)


これだけの投球回数を投げたのは、この年以来です。

どんどん制球力が良くなったのを覚えています。


この試合、23球連続ストライクでした。





ま、ストライクゾーンが広いってのもありますが・・・・


あっ、昨日もそうだったのかもしれませんね。

カレッジベースボール 初登板

昨日の第三試合は、アウェイで行われました。

木製バットを使ったそうです。

(どういう試合に木製バットを使うのか良く分かってません)

結果は、8-6で勝利。


アタルは、出場機会なし。

木製バットだからでしょうか、

試合前のバッティング練習は調子が良かったそうです。


調子が良いのに使ってもらえないって、どういうこと?


ま、これもいつものことです。

まだまだってことなんです。


今日の第四試合もアウェイで行われました。

結果は9-5で勝利。

アタル、出場機会を頂けました。


先発で登板。

6回を投げて2失点。

被安打4 奪三振7。


投球数79、うちストライクが53。

ストライク率67%。


「今日はコントロールが良かった」


と言うくせに、与四球が2。

う~ん・・・・言ってることと結果がねぇ。


それにしても、4番手かぁ・・・・

ま、これでチームの投手力が想像できますが。


対戦相手の成績を調べたところ、地区は違いますが勝率4~5割のチームです。

お世辞にも、強豪とは言えません。


本人は今日の内容に満足しているようですが・・・・


もっと圧倒的なピッチングを披露しないとねぇ、上に行くには。

相対評価

2試合連続で出場機会がないアタルです。

これでだいたいチームの実力が分かります。


アタルが試合に出ているようじゃ、そうたいしたチームじゃないってことです。

試合に出られないからこそ、やりがいがあるってもんです。


そうは言っても・・・・


試合経験を積む為に、カレッジの方を選んだんですけどね。

ベンチだったら、UBCでも同じだったじゃん。


さて、珍しく午前中に、アタルから写真が送られてきました。

score.jpg


本人は自慢のつもりなんでしょうけど・・・・


学校の勉強は、相対評価です。

例えばカレッジ全体の平均点が95点なら、この成績は普通です。

逆に60点なら、たいしたもんです。

(そもそもアカデミックなカレッジではないので、たいしたことはないでしょう)


そこが分からない内は、何とも言えません。


野球も同じです。

試合に勝っても、それは相対的な結果に過ぎません。


でも上のレベルへ行くには、個人の能力が絶対評価されます。

そこが重要だと考えている人は、試合の勝敗で一喜一憂することはないでしょう。


試合で負けても、上のレベルへ行ったもんが勝ちなんです。


この数字が球速(マイル)だったら、自慢すればいいけど・・・・

ベンチウォーマー

ベストメンバーで臨んだ第一試合。

10-6で勝利。

両チーム合わせて5本のホームラン。


<う~ん、リトルリーグの試合っぽいなぁ>


アタルは、ベンチ。

出場機会なし。


めっちゃ楽しかったんだって。


<あんたは、ただの野球観戦だね>


翌日、第二試合。

16-3で勝利。

自軍、ホームラン3本。


アタルは、またベンチ。

また出場機会なし。


「うちのチームのバッティング、めちゃくちゃ凄いよ」


と他人事。


(試合に出られなくて)悔しいって気持ち、微塵もなし。


あんたは大物なのか、ただのバカなのか。

ま、人生楽しけりゃ、それで良いんですけどね。

メンバー漏れ

これまで紅白戦しかしてこなかったのですが、

土曜日から対外試合が行われるそうです。

MLBのプレイオフのように同じ相手と7試合行うようです。


第一試合はベストメンバーで臨むんですが、

ラインナップにアタルの名前はなかったようです。


ま、フォールボールは、いっつもそうですから。

アタルの良さに気付いてもらうには、時間が掛かるんです。


それと、ソフォモアの、しかもピッチャーが打者もしようとするなら、

圧倒的なパフォーマンスが必要なんでしょう。

似たような実力なら、ピッチャーに専念させるでしょうし。


要はこれからです。

他人の評価は、変えられません。

評価を変えたきゃ、自分が変わるしかありません。

その方法たった一つ、練習しかありません。


メンバー発表があった夜10時30分、

アタルからメッセージが来ました。


バスケットボールをしていて、めっちゃ楽しいんだって。


ある意味、凄いわ。

メンバー漏れした日くらいは、普通バットを振るでしょ。

送られてきた写真 2

怪我や病気以外で心配なのは、ちゃんと食べているかどうかです。

好き嫌いは全くないんですが・・・・


カフェテリアはバッフェィなので、好きな物を好きなだけ食べられます。

それは有難いことなんですが、

デザート(ケーキ類)も食べ放題、炭酸飲料(コーラなど)も飲み放題なんです。


デザートは心配ないですが、飲み物がちょっとねぇ・・・・


さて、この写真は昨夜のディナーです。

chichen.jpg

メッセージには、こう書いてあります。


「このチキン、大きいでしょ」


<ほんと、無邪気だよなぁ>


このサイズを3つ食べたそうです。

(たぶん、この他にスープとかパスタなども食べたと思います)


こっちにいる時は、一つで十分だったのに。

ようやく食欲が出てきたのかな?


私からのアドバイスは、「フルーツをたくさん食べること」。

肉類は好きなので、特に意識しなくても十分な量を食べるでしょう。

炭水化物は必要最低限でいいし。


問題なのは、もうすぐ始まるオフシーズンの増量期です。

カフェテリアで食事が摂れるのは、朝・昼・晩の三食のみ。

ですから、補食をどうやって摂るか、です。


あぁ、日本のようなコンビニがあればなぁ。

あっちで手軽なのは、ファーストフード店とウォールマートだけだもんなぁ。


でも行くには、車が要るし・・・・
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
61位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking