十人十色

ライブ中継のお陰で、こちらでも甲子園が楽しめます。

ありがたいことです。


笑顔でプレーしている選手を見ると、こちらも癒されます。

きっと真剣勝負を楽しんでいるんでしょうね。


負けて悔しい気持ちは大事ですが、泣くことはないでしょう。

大学でも草野球でもできるんですから。


までも、泣けるのは仲間と励ましあいながら頑張ってきたからであって、

ある意味うらやましい経験です。


さて、これから更新の頻度は少なくなると思います。

アタルから面白い話が聞けた時は、記事にするつもりです。


大学野球のことは始まってみないと分かりません。

成長して戻ってくる姿を想像しながら、私は日々の生活を送るだけです。


過ぎてみれば、あっという間でした・・・・

スポンサーサイト

So much fun

アタルからメッセージが届きました。


第二試合 3番DHで先発。

ワンアウト満塁のチャンスでダブル!


3打数2安打 4打点。

11-3 勝ち。


第三試合 3番DHで先発

3打数1安打。

1-6 負け。


相手レフティの出来が素晴らしく、チーム全体で3安打に抑えられたそうです。

それにしても、3番を打つのはいつ以来だろう。


最後に「めっちゃ楽しい」って一言。


それは野球のことなのか、試合後のことなのか・・・・

理想の体格

夏の甲子園が始まると、決まって投球制限とかタイブレーク制の話題がでてきます。

私は、こういうのが面白いと思うのですが・・・・


PK戦。


延長に突入したら、ピッチャーは一人1イニングで交代するルールです。

いや、7回の時点で同点なら、そこから採用しても良いでしょう。


あっ?! 7イニング制にすればいいんじゃないの?

だって、こっちはそうだもん。

9イニング制にこだわる必要があるの?


さて、出発前にアタルの体格を測りました。


身長181cm 体重85kg(各部位も測りましたが省きます)

次会う時はどう変化しているか、記録しておかないとね。


私が思う高校球児の理想の体格は、こんな感じです。


野手なら、身長-90~95。

例)180cm 85~90kg


投手なら、身長-95~100。

例)180cm 80~85kg

(以前は身長-100と考えてましたが、木製バットだとパワー不足を感じます)


甲子園出場校でも、こういう体格の選手はあまりいません。

生まれ持った体格もあるでしょうけど、時間配分の問題もあると思うんです。


日本の指導者は、グランドでの練習に重点を置いていますからね。

守備練習して、打撃練習して、走塁練習して・・・・

だから、必然的に練習時間が長くなるんです。


練習時間が長いってことは、消費カロリーが多くなるってことです。

消費カロリーが多くなるってことは、カタボリックな状態になっているんです。

毎日そんな状態が続いたら、体が大きくなる訳ないでしょ。


摂取カロリー>消費カロリー


この帳尻を合わす為に、丼鉢に何杯も白米を食べるって・・・・

炭水化物ばっかり食っても、エネルギーとして消費されるだけ。


余った分は、脂肪となって体につくだけでしょ?

もしくは、胃の容量が広がるだけ。

(それが狙いならOKですけど)


無理して白米を食わなくても、練習時間を短くすりゃ解決することなのに。

体さえ大きくなれば、いっぺんに走攻守のレベルが上がるんです。

ってことは、体を大きくすることに時間を多く割り当てればいいでしょうよ。


じゃあ、体を大きくすることとは・・・・

私は、昼寝が一番だと思います。


夏の間だけでも、クーラーの効いた部屋で昼寝しようよ。

寝てるだけで野球が上手くなるんですよ。

こんな楽なことはないのに、ね。


アタルには、4年間ほぼ毎日昼寝をさせました。

「これも練習のうちだよ」って言ってね。


楽ですから、アタルも嫌がりません。

でその結果、上手くなりました。


クソ暑い時に、グランドで練習するなんて・・・・

何の得があるの?


日本の夏はお盆が過ぎるまで、全ての部活動を休みにしたらいいんです。

家族旅行するなり、夏休みの宿題をするなりしてればいいんです。

体を動かすのは、冷房の効いたジムで1~2時間でいいんです。


夏の甲子園は8月の後半から、もしくは9月から。

午前中に2試合行って、昼の12時から4時までは休憩(昼寝)。


で夕方から再開して、ナイターで9時まででも10時まででもやればいいんです。

どっちにしろ、そんな時間に寝る高校生ないんて、いないんですから。


こうすれば熱中症対策にもなるし、体も大きくなるし。

一挙両得だと思うのですが。

WESTERN CANADA TOURNAMENT

出発直前、アタルからメッセージが届きました。


「第一試合と決勝戦で登板予定」


監督からそう告げられたようです。


あ~、見に行きたくなっちゃった。


さて、その第一試合ですが、4-0でブレイズが勝利しました。

試合後、アタルからのメッセージが届きました。


先発して、2イニング投げたそうです。

被安打2、奪三振4


内野のエラーが2つ。

全然球が走ってないって。


そりゃそうでしょう。

3週間もブルペンに入ってないし。

チーム練習もゼロだし。


トーナメントなので、勝つことが優先です。

悪いなりにも勝てるピッチングができればいいんです。


補強選手なのでね、とにかく試合を壊さないように。

それだけです。


出発

今朝の便で、ウィニペグへ行っちゃいました。

静かな我が家です。


今夜は妻がキヌアサラダを作ってくれました。

ボールいっぱいに。


二人しかいないのに・・・・

バッテの思い出

セカンダリースクールを卒業した夏休みってね、

だいたいアルバイトに精を出すもんなんです。

欲しい物があるだろうし、真面目な子なら大学の学費にあてるでしょう。


ところが、うちのアンポンタンは全く働く気なし。

毎日お昼寝をしています。


カレッジに行かすのに、どれだけお金が掛かるか分かっているのに。

うちが低所得者層だってことも。


さて、この話は昨シーズンの事です。

打撃不振の先輩がアタルのバッテを貸してくれと。


で、たまたまヒットを打ったもんだから、シーズン中ずっと使い続けて、

返してもらえず終わっちゃったんです。

(ま、汗まみれのバッテを返してもらってもね)

アタルは試合に出ないのに、バッテだけが毎試合出てたんです。


それがね、一所懸命野球に取り組んでいる先輩なら私も何とも思わないのですが・・・・

裕福な家庭の子で、私が言うカネで試合に出てる選手なんです。


シーズンが始まる前はサイオン(トヨタ)のスポーツタイプに乗っていたんですが、

シーズンが始まった頃にはポルシェのカイエンに。

シーズンの途中からは、アウディに。

で、ハイウェイで160km超で走って、チケット(スピード違反)をもらったとか。


親は仕事で忙しいのか、たまにチラッと覗きにくるだけ。

スコアボードとか売店とか、一切手伝わないし。


たかがバッテくらいでとは思うのですが、

こんなヤツのために余分にバッテを買わなきゃいけないと思うとね。

アタルもアタルで、「返して」とは言わないし。


シーズン終了後もその子からお礼の言葉は一切ありません。

ですから、チームメイトとは言え、応援しようなんて思わなかったんです。


つまらない話です。

U-18ワールドカップ

たった1回のチーム練習がキャンセルに。

はぁ、、、、これが望みの綱だったのに。


アタルは4週間近くブルペンに入らないまま登板することになりそうです。

バッティングの方は、ピッチャーの投げる球を打たずに試合に臨むことになります。

日本にあるようなバッセンもないし。


これで結果を求められるんですから・・・・


結局自分自身を責めることになるんです。

「私がキャッチャーをできれば」とか「バッピでもっと速い球が投げられたら」とか、

「もっと野球の知識があれば」とかね。


息子の成績とお父さんの実力とが直結していますから。

(お金を出して、プライベートレッスンを受けさすっていう手もあります)


野球経験のないお父さんって、辛いですよ。

肉体的にも精神的にも。


さて、U-12ワールドカップはアメリカの優勝で終わりました。

ブラジル対日本の試合は、ライブ中継で観戦してましたが、

どちらも素晴らしい守りでした。

チーフスよりも全然堅いです。


ま、練習量が違うんでしょうけど。


次は、U-18ワールドカップです。




カナダのJNTは、こんなスケジュールです。

jnt 2017


また、毎年こんなスケジュールで秋から活動を開始しています(時系列は下から上)。

jnt schedule

JNTだけは、よく準備されていると思います。


今回も応援はしますが、期待はしません。

地元開催ですので、ひょっとしてがあるかもしれませんが。

山火事

いつも練習をする公園からはノースショアの山々が見えるのですが、

先週から視界が悪くて見えません。

山火事による煙のせいです。


じゃあ、どれくらい山火事が起きているのか?

Global Newsからの転写です。

forest fire


これがね、落雷などによる自然発火は仕方がないと思いますが、

キャンプファイヤーやタバコの不始末などの人為的ミスはねぇ。

で、どちらが多いかというと、人為的ミスの方だって言いますから・・・・


さて、プレイオフから3週間経って、アタルのハムストリングスは良くなりました。

そろそろランニングをさせようと思うんですが、この空気じゃね。

こればかりはどうすることもできないし。


木曜日からトーナメントが始まりますが、チーム練習はたったの1回です。

調整は各自でしなくちゃいけません。


独りできればいいですが、野球はねぇ。

専用グランドもないし、マシンもないし。


何より、もうしんどいです。

肩は痛いし、体は思うように動かないし。


それを言うと、「情けないなぁ」ってアタルは言うし。

これが日常だから、何の感謝もないし。


周りを見れば気付くと思うんですけどね。

これだけ練習を手伝っているお父さんは、いないことに。

出る者戻る者

アタルがいなくなって自分の時間ができると思っていたら、

娘が戻ってくるそうです。


「通学に便利だから大学の近くに住みたい」って言って出て行ったんですが、

家賃分のアルバイトは余分にしなきゃいけないし、

炊事洗濯にも時間が取られるし。


2年間住んでみて、不便だってことに気付いたんでしょう。

ま、それも良い経験です。


さて、アタルの大学野球ですが、大まかにこんな一年でしょうか。

学校は8月21日から始まります。

UBCは9月からですから、これは早いですね。


野球部の活動は、学校と同時に始まるそうです。

9月は新入部員の実力も見たいでしょうから、練習試合が多いかな?


10月から1月までは対外試合が禁止だと思うので、

その間はトレーニングがメインになるでしょう。

しっかり体重を増やす時期だと思います。


冬休み(2~3週間?)は、たぶん帰省するでしょう。

あっちに残っても部活はないし。


シーズンは2月から始まって、5月に終わります。

で、これは知らなかったんですが、

学校の最終テストが終わったら、24時間以内に退寮しなきゃいけないんだそうです。


荷物はどうするの?


もしかして、ピックアップに行かなきゃいけないの?

行くったって、2670kmだよ。

青森県から鹿児島県までだって、2000kmないよ。


う~ん・・・・

夏休み(5月中旬~8月中旬)の間は、家にいるだろうし・・・・


結局1年のうちの1/3近くは、いままで通り面倒を見ることになりそうです。

あーあ、楽できると思っていたのに。

凋落

現在WBSC U-12 ワールドカップが台湾で開催されています。

参加は12ヶ国。


カナダは世界ランク10位なんですが、不参加です。

去年福島県で開催された、U-15ワールドカップも不参加だったし。


個人個人はやる気があっても、組織が機能してないとどうしようもないです。

ランキングが下がる原因は、これでしょうか。


国内ではカナダゲーム(U17)が開催中ですが、

BC州代表チームの成績は4勝4敗です。


アルバータ州代表には2敗、サスカッチュワン州代表には1勝1敗、

そして昨日はオンタリオ州代表にも負けたし。

4勝のうち3勝はケベック州(1勝6敗)からだし。


BC州ってね、国内では最強だったはずです。

たまたま、この年代だけが弱いのか。


他州が力を付けてきているのかどうか分かりませんが、

BC州は凋落しているように感じます。

ドラフトされる選手の数も減少傾向だし。


何度も私が言ってる通り、

カネ・コネ・体格ばかり優先するからこうなるんです。


そして、それが生み出すんです。

自分の息子を過大評価する親を、

自分の実力を過大評価する選手を。


私の予想では、これからも落ちるでしょうね。

どんどんビジネス化してますから、

今まで以上に実力よりもカネやコネが優先されるでしょう。


ま、もう私たちには終わったことです。

散々言ってきたので、この件はこれで最後にします。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
613位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
97位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking