プレーオフ

プレーオフ出場チームが決まりましたね。
特に今年のワイルとカードは、最後の最後までもつれて、面白かったですね。

それにしても、レイズは神がかりの試合でしたね。
ヤンキース相手に、7回まで0-7でリードされていたのに、9回ツーアウト、ツーストライクから同点ホームラン。そして、延長12回にサヨナラホームラン。
http://mlb.mlb.com/video/play.jsp?content_id=19789281&topic_id=&c_id=mlb&tcid=vpp_copy_19789281&v=3
一方、ワイルドカードを同率で争っていたレッドソックスは、9回逆転サヨナラ負け。

NPBも盛り上がるような試合になって欲しいですね。タイガーズ諦めるな!
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

女子リトルリーガー

日本では、軟式野球があるので、硬式をする女の子は少ないのではないでしょうか。
でも、こちらでは、女の子のリトルリーガーを良く見かけます。
この年齢なら、男の子よりも大きい女の子が多く、チームでも中心メンバーとして活躍している場合も多々あります。


去年の秋野球に参加したFさんの事を思い出したのですが、彼女も体格は男よりも大きかったのですが、野球はその年の8月から始めたばかりです。それなのに、「私、スウィッチヒッターなの」と言って、右でも左でも打席に入ります。が、一向にバットに当たりません。試合でも、三振か四球か、って感じです。

ある試合で、ライトの守備を守っていたFさんの所にボールが来たんです。もちろん、フライは捕れず、中継に入ったセカンドのアタルは両手を挙げて、こっちへボールを投げろと指示します。すると、Fさん、ボール持って走ってアタルの所まで来て、手渡ししたんです。

そんな、Fさんですが、練習も試合も休みません。ちょうどその日は、ダブルプレーの練習をしていました。ショートのL君がゴロを捕って、セカンドのベースカバーに入ったFさんにボールを投げました。が、Fさん、そのボールを捕れず、鼻に直撃で、辺りは鼻血だらけになったんです。

この事故で、もう野球は諦めたと思っいましたが、その週末の試合に鼻の周りから目元まで内出血させたFさんが現れました。痛々しくて見ている方が辛かったのですが、本人はキチンと試合に出ました。結果は、三振と四球でしたが。

去年の秋、一緒に野球をしたのは、たった二ヶ月でしたが、彼女ほど根性のある子供は見たことがありません。
バットにボールは当たらないし、エラーばかりするし、何が一体楽しかったのでしょうか。
毎回、お母さんと一緒に来ていたのですが、なぜそこまでして野球を続けたのか分かりません。

でも、なぜでしょうかね、今年もどこかのチームで野球を続けていて欲しいと思っています。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

野球クリニック 

今年もまた秋のクリニックが始まりました。
主催者は、SVリトルリーグでアタルは地域外なのですが、毎年参加させてもらっています。

このクリニックでは、元メジャーリーガーのクリスコーチが、教えてくれるのですが、とにかく教え方が上手い。
1時間のクリニックで8名ほどの子供を教えるのですが、首からストップウォッチをぶら下げて、分単位で次から次へと課題を与えていきます。あっと言う間に1時間が過ぎます。

バッティング練習の前に、子供たちに手本を見せますが、毎回、あっぱれとしか言い様がありません。
元メジャーリーガーのバッティングを間近で見られるなんて、ラッキーな子供たちです。
アタルのバッティングの全ては、このクリスコーチに教わったと言っても過言ではありません。

今日は、体の開きを抑える課題をしました。
左手に鉄パイプを持って、体の開きを抑えます。
右手には、卓球のラケットを持つ事によって、体の近くで打つ事と右手の押しを体感します。


この卓球のラケットを使ったバッティング練習は、去年もずっとやりました。元メジャーリーと言えども、特別ユニークなトレーニングはしません。基礎の繰り返しを行うだけです。
それが、野球が上手くなる一番の近道かもしれません。でも、続けるのが難しいんでしょうね

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

アイススケート

オフシーズンのトレーニングとして、バスケットボール以外に、アイススケートも始めました。
多少は滑れるのですが、基本を徹底したいので、初級のレベル1のレッスンから受けることにしました。

レッスンの前は、僕できるかな?って、ナーバスになっていたアタルでしたが、レッスン終了後は、レベル2でも大丈夫かも、と強気な発言に変わりました。
005_convert_20110930184802.jpg


こちらで、アイスホッケーをしている子供は、総じてバッティングが良いんです。不安定な氷の上で、しかも滑りながらパックを打っているんですから、安定した地面の上でボールを打つなんて容易い事なんでしょうかね。

スティックを持つように両手の間に少し隙間をあけてバットを持つ子供もいますが、なにぶん、手首が鍛えられているし、軸がぶれないので、総じてめちゃくちゃ飛ばすんです。

アタルの場合は、上手く滑れるようになる事が先決なんですが、アイスホッケーも野球の練習になるでしょうね。






テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

バスケットボール再開

こちらの学校は、9月から新学年が始まります。
それと、アイスホッケー、サッカー、バスケットボールのシーズンも始まります。

アタルは、一昨年まで、サッカーをやっていましたが、昨年からバスケットボールに変えました。
その理由は、先ず、バスケットボールは、両手を使い、左右同じように動かなくてはいけません。
009_convert_20110919015917.jpg


野球の動きは、もし右投げ右打ちなら同じ方向にしか腰を回しません。クリーツの傷みも左右対称ではありません。これでは、成長期の子供は、左右アンバランスな体型になりかねません。
唯一、野球で嫌な点がこれです。

次に、現在MLBで活躍している選手は、学生時代にバスケットボール、アメリカンフットボールでも活躍していた人がいます。アメリカ人にとっては、両方とも人気のあるスポーツなのですが、この二つのスポーツは、大いに野球の練習にもなっていると考えられます。

NPBの選手の場合は、だいたい小学校低学年から野球を始めて、中高では、野球一本でやっていた人がほどんです。いや、野球の練習が長い為、その他のスポーツをする時間がなかったと言った方が正解かもしれません。
たくさんの練習と熱心な指導者のお陰で、小中高では、日本の野球は世界一でしょう。

野球だけした方が良いのか、色んなスポーツをした方が良いのか、それぞれ意見があるでしょう。
私は、野球の練習にバスケットボールを取り入れるべき、と思います。

先に述べた理由もありますが、天候に関係なく出来るって、良いと思いませんか?
冬の間に体力作りといって、走りこみをするよりは、バスケットボールをした方が子供も楽しいでしょう。

バスケットボールって、結構ハードなスポーツです。
野球の室内練習よりは、バスケットボールの方がたくさん汗をかくでしょう。

ぜひ、少年野球の指導者の方には、ご一考を願います。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

バットを変えるだけで

先週末の試合の話の続きです。
今回は、バッティングですが、リトルリーグの試合では、リトルリーグの規定のバットを使いました。
長さ31インチ、重さ20オンス、太さ2+4分の1インチの物です。
結果は、4打数4安打、2塁打3本。鋭い打球でした。





で、同じ日のマイナーリーグの試合では、いつものマイナーリーグ規定のバットを使いました。
長さは同じで31インチ、重さ21.5オンス、太さ2+8分の5インチの物です。
結果は、3打数1安打。平凡なものでした。



両方のバットを比べてみると、重さで1.5オンス、太さで8分の3インチ違います。
一見マイナーリーグのバットの方が、重くて太いので、より遠くへ飛びそうな気がします。
今日のピッチャーの球速は、皆同じくらいだったのですが、結果は、軽くて細いリトルリーグのバットの方がよく飛びました。単なる偶然かもしれませんが(笑)。

これは仮説ですが、マイナーリーグのバットは、トップバランスなので、アタルの力では、遠心力でバットが体から離れて行き、力がバットにキチンと伝わっていないのではないでしょうか。

野球は、サッカーやバスケットボールと違って、道具を使うスポーツですから、自分にあった道具選びから、もう試合が始まっているのかもしれませんね。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

二日で5試合

こちらは、9月というのに、連日暑い日が続いています。
最高気温は、28℃位なんですが、日差しが強く、日に当たると肌が痛いです。

その中で、土、日曜日の二日間で、アタルは5試合に出場しました。
と言っても、フォールボールは、メンバー全員交代で試合に出るので、実際にグランドに出たのは、5試合合計で21イニングですが。

フォールボールは、普段ピッチャーをやらない子供にも投げる機会を与えるため、トーナメント以外は、一人2イニング以上投げません。1イニングずつ、7回で7人が投げる事もあります。

アタルは、土曜日に2イニング、27球。日曜日はリトルリーグで2インニング、24球、マイナーリーグで1イニング、16球投げました。

ちょっと、日本ではありえない事かもしれませんが、アタルは、日曜日にリトルリーグ2試合とマイナーリーグ(日本のボーイズリーグ)1試合に出ました。

リトルリーグは、去年まで所属していたKLリーグの代表からお誘いのメールもらい、参加することにした。
打つ方は、2試合で4打数4安打、2塁打三本とホームスチール。
投げる方でも、2イニング、無失点、無安打、無四球、5奪三振の内容でした。

実力通り、攻守に大活躍でした。でも、そんな結果よりも、楽しく外で友達と遊べた事の方が大きいですね。もし、試合に出なていなかったら、家でビデオゲームをするか、ポケモンカードでバトルするかですから。
野球もビデオゲームも並列で、どちらも楽しい遊びなんです、アタルには。

10月中旬から、こちらは雨季に入ります。あと、どのくらい晴れの日があるか分かりませんが、晴れたら子供は外で遊ぶ。大人はそれを見守る。子供は子供らしく、大人は大人らしく振舞うのが一番ですね。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

帽子の使い方

帽子は、頭を保護する為、つばは、日除けの為なんでしょうが、その他に、つばの裏に文字が書かれてあるのを見かけます。ピッチャーなら、ピンチに陥った時に、この文字を見て、気持ちを落ち着かせたり、集中したりするためのものでしょう。
でもこれ、こちらでは、見かけません。ひょっとして、日本独特の帽子の使い方かもしれませんね。

今日、アタルの帽子のつばには、"Don't need control, Just a aim"と書きました。
sanshirou7777様のアイデアを頂きました。

003_convert_20110910134203.jpg

同じアドバイスなんですが、言い方を変えると、良く意味が分かる場合がありますよね。
特に、子供に教える場合は、どういう言い方をするかって、大切ではないでしょうか?
子供によっては、余計に緊張するなんて、逆効果の場合もあります。

アタルの監督、ボールが先行すると、ピッチャーに「ストライクを投げろ!」とベンチから叫びます。
この直接的な言葉に、私、苦笑いをしてしまいます。

私が監督なら、「深呼吸しろ!」かな?
で、明日からは、「帽子のつばを見ろ!」って言うでしょうね。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

CMLDトーナメント

今年もフォールボールが始まりました。
フォールボールとは、8月末から始まる秋にする野球の事を言います。

こちらでは、4月~6月の野球をスプリングシーズン、又はレギュラーシーズンと呼びます。
3月末で、サッカー、バスケットボール、アイスホッケーなどのメジャーなスポーツのシーズンが終わり、その代わりに野球のシーズンが始まります。

7月、8月の野球は、サマーボール、又はオールスターと呼ばれ、選抜された子供たちだけで、所属しているリーグを代表して、試合を行います。勝ち進めば、州大会、全国大会、世界大会へと駒を進めます。

現在の9月からの野球は、来シーズンに向けての準備期間でもあります。プロ野球に例えるなら、秋季キャンプといった所でしょうか。

また、ほとんどの子供は、9月からは、サッカー、バスケットボール、アイスホッケーのシーズンが始まるので、そちらに戻りますが、それでも、まだ野球を続ける本当の野球好き小僧が、雨季に入る直前まで野球を楽しむ為でもあります。

さて、そのフォールボール最初のトーナメントが、先週開催されました。
参加チームは、全部で5チーム。第一ラウンドは、総当たり戦。
上位4チームが、準決勝を行います。4分の5の確立で、準決勝へ行けるので、楽勝です。

と思っていましたが、緒戦、第二戦と連敗してしまい、窮地に立たされます。
第三戦はアタルが先発して勝ち、続く第四戦も勝ち、第一ラウンド3位で、準決勝進出です。

ここまで4試合、アタルは、ピッチャーとキャッチャーで大活躍です。
と言っても、今シーズン、PEEWEE AAAに参加したアタルにとっては、このレベルでは活躍して当たり前の話です。ただ、ホームスチールを2度決めたのは、誉めてあげたいです。

一度目は、キャッチャーがピッチャーへ返球するタイミングでスタートを切りました。バッテリーの注意不足をついてプレーです。2度目は、ピッチャーがピッチングモーションを始める直前にスタートを切りました。こちらは、相手ピッチャーの大きなピッチングモーションを盗みました。どちらも練習でもした事の無い、初めてのプレーでしたが、絶妙のタイミングでスタートを切りました。試合の流れを変え、観客を沸かせるプレーでした。

ところが、準決勝の朝、アタルは、38.5度の熱を出してしまい、やむなく欠場となりました。
残りのメンバーが頑張って、試合に勝ち、決勝進出となりました。

決勝戦は、午後4時からだったので、それまで自宅で休養しましたが、熱は下がりません。
せめて応援だけでもと思い、グランドに行くことにしました。

グランドの着くと、やはり試合に出たくなります。
ウォームアップでボールを投げてみたのですが、握力が無く思うように投げられません。
バットを振っても力強さが全くありません。
出場させようかどうか迷っていたんですが、監督は、既にいつもの打順の4番でメンバー登録済ましていました。

第一打席、やはり力の無いスウィングでしたが、セカンド後方へ落ちるポテンヒットで出塁します。その後、盗塁で塁を進め、ワイルドピッチでホームへ生還します。戻ってきたアタルは、ベンチに戻らず、日陰で休憩。疲れて守備につけない状態です。

第二打席、これもまた力の無いスウィングでしたが、一塁後方へ落ちるポテンヒットで出塁します。次の打者の送りバントで、一気に3塁まで走ります。次の打者がピッチャーゴロを打ち、アタルは、3本間に挟まれますが、相手のエラーを誘い、ホームイン。このプレーで体力を全部使ってしまい、以後欠場となりました。

試合の方は、手に汗握る展開で、6-5で勝ち、優勝しました。
熱があるのに無理に試合に出て、親としては複雑な気持ちでしたが、この優勝が何よりも薬になったとアタルが言ってくれました。表彰式では、12打数9安打の成績で、トップバッター賞を頂きました。

017_convert_20110907135805.jpg










テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

リトルリーグ世界大会決勝 その四

2005年の決勝。6回の裏に同点に追いついて、延長7回の裏。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking