エベレットトーナメント その三

滞在したホテルのコンチネンタルブレックファーストです。

001_convert_20120530091724.jpg

日本人、日系人の客が多いのでしょうか?

これは有難かった。

調味料は、しょうゆもありました。

それと、しお、こしょう?ケチャップ??タバスコ???


さて、三日目の今日は決勝戦です。

相手は、予選2位で通過のチーム。


それは、なんと昨日対戦し延長の末に勝ったKチーム。

再戦となりました。


さて、試合は雨の中始まりました。

先発は、昨日と同じコール。

2回まで1失点で迎えた3回、ツーアウト満塁のピンチ。

打球は、なぜか昨日から3塁も守っているアタルのところへ。


これを前進してホーム送球の為に逆シングルでキャッチ。

とここまでは良かったのですが、痛恨のホーム悪送球。

2塁ランナーまで帰って0-3。

そのあと、コールの集中力が切れて、この回ツーアウトから7失点。


0-8の4回の裏、先ほどのエラーで気が沈んでいるアタルが登板。

先頭打者にホームラン。


わっかりやすい性格!


これまで7回を投げて、外野フライすら一度も打たれていないのに。


これで0-9。

最後は、ランナーを3塁に置いてパスボール。

0-10のマーシールール(コールド負け)。

昨日の負けを3倍にして返されました。


アタルは昨日のヒーローから一気に戦犯へ。

試合後は大泣き。

チームメイト、監督に慰められます。


というのも、この日はアタルの13回目の誕生日だったんです。

それを祝うはずが、苦い思い出となりました。

でも、まあ2位でも立派なもんなんですけどね。


帰りの車の中、どうやって声を掛けようかなと思ってアタルの顔をバックミラーで覗くと、もう元気を取り戻しています。

理由は、誕生日プレゼントのIPOD TOUCH。

これに夢中で、1時間前のエラーのことなんかすっかり忘れています。


お前、気分転換早すぎ。


次の日、アタルのことを心配した監督からメールが届きます。


おい、何て返信したらええねん。


アメリカっぽいものといえば。。。

011_convert_20120530091850.jpg

Jack in the boxというチェーン店のハンバーガー屋さん。

バンクーバーにはありませんが、日本にはありますか?

簡単にいえば、マクドナルドのちょっと豪華版。


これ、ファーストフードにしてはイケます。

でも、一つで900カロリーだぜぇ、2つもくったぜぇ、ワイルドだろ?
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

エベレットトーナメント その二

試合の前、家族でシアトルアウトレットモールへ行きました。

そこで買ったもの。

008_convert_20120530091632.jpg

値段がバンクーバーより安いってのもありますが、バンクーバーにはとにかく何でも種類が少ない。

まあ、日本とアメリカが多すぎるっていう見方もあるかもしれませんが。

それにしても、我が家が買うのは運動靴ばかり。。。



さて、二日目です。

このトーナメントには7つのチームが参加しています。

それぞれ3試合づつ行って、上位2チームが決勝戦を行います。


第三試合4時15分開始。

相手は、昨日エキスポズに勝ったCチームを6-3で破ったこの大会の主催のKチームです。

他のエリアから選手を選りすぐってトーナメントに参加してきたそうです。


一方のエキスポズは、レギュラーシーズンそのままのチーム11名プラス助っ人2名。

打順は1番から13番まで全員が打ちます。


8番以降はこのレベルのピッチャーでは、バットにボールすら当たりません。

相手チームへアウトを差し上げている状態です。


試合のほうは、エキスポズのピッチャーが頑張ります。

初回から3回までコールが投げて1失点、4回から6回までアタルが無失点に抑えます。


5回の様子、下位打線相手に全球ストライク、アンプとの相性バッチリ。


助っ人のトーマスの活躍で何とか1点を取り、1-1で延長へ。

トーナメントのルールで、ピッチャーは一試合最高一人3イニングまで。

7回の表からは、もう一人の助っ人、ニックが登板しますが1点を失います。


昨日の第一試合、7回の裏、1-1の同点の場面でニックが投げてサヨナラ負けを喫しています。

昨日とよく似た展開に嫌な予感がします。


こちらの打順は11番から。

唯一の望みは、相手もこの回からピッチャーを交代させなければいけません。

で、このピッチャーがプレッシャーからか先頭打者にストレートの四球を与えます。


次の打者には死球、これでノーアウト1塁2塁。

ここで、相手監督はピッチャーマウンドへ向かいます。

これで落ち着いたのか、13番打者を三振に打ち取ります。


次は、先頭打者のマテオ。

この大会で一番当たっている打者です。

ここで、決めてくれ!と祈っていましたが、サードファールフライ。

これで、ツーアウト1塁2塁。


次は、打撃不振のコール。

打球はライナーでセンター右へ、センターが追いつくがグラブに当てて落球。

これで2塁ランナーが帰って2-2の同点。


なおもツーアウト2塁3塁、一打サヨナラの場面で打席に向かうのはアタル。

初球、甘いストレートをファール。

2球目、チェンジアップを空振り。


0-2と追い込まれた3球目は外のボール球。

これまで何度もこれを見送り、三振をとられている球。


あぁ終わった、と思った瞬間アタルはバットを出し、打球はファーストの頭を越えて一塁線上へぽとり。

人生初のサヨナラヒット!

ベンチからチームメイトが飛び出して手洗い祝福を受けます。


これで4チームが2勝1敗と並びますが、失点が一番少ないエキスポズが予選1位通過です。

監督も予想しなかった結果に大喜び。


あとで知ったのですが、上の動画、画面左上ので手を叩いている男性はニックのお父さん。

そして、そのとなりは障害を持つニックのお兄さん。

この試合を観戦するためにわざわざバンクーバーから駆けつけました(往復5時間掛かります)。

いやー、ニックが勝ち投手になって本当に良かったです。


ホテルに戻った選手たち、明日の決勝戦のために休養、ってするわけないですよね。

002_convert_20120530091941.jpg

試合よりも長くやっていました。


別のグループは、部屋で騒ぎすぎて警察官がきました。

子供が騒いだくらいで警察に通報するなんて、、、アメリカっぽいですね。

つづく

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

エベレットトーナメント その一

助っ人としてレッドソックスからトーマスとニックがエキスポズに参加して望んだU12のトーナメントです。

026_convert_20120530092159.jpg

第一試合4時15分開始。

相手は、Cチーム。

延長7回の裏、エキスポズの守備、内野の2つのエラーでツーアウト2塁3塁の場面。

平凡なセカンドゴロで8回に突入と思ったらセカンドがトンネル。

1-2のサヨナラ負け。


アタルは、3回と4回に登板。

内野ゴロ2つと4奪三振、投球数21球うちストライク16球。


第二試合6時15分開始。

相手は、Lチーム。

相手ピッチャーの制球が定まらず楽な展開。

7-1で勝ち。


アタルは先発。

2インニングを投げて、内野ゴロ一つ、内野フライ一つ、4奪三振、投球数21球うちストライク15球。

フォーシームでつまらせて打ち取り、スライダーで空振りを奪う完璧な内容。


この日のハイライトは、第二試合のホームクロスプレー。

031_convert_20120530092047.jpg


アタルがキャッチャーでホーム突入をブロック。

ランナーは、肩からタックル。

吹き飛ばされたアタルは、後方へ一回転。

しかし、ボールはしっかりとグラブの中。

それを確認したアンプは大きなゼスチャーでアウト!


まあ、仮にボールを落としていたとしても、リトルリーグのルールでは足からスライディングしなかった時点でアウトなんですがね。

この辺は、アンプの腕の見せ所ですね。


いやー、一方的な試合展開だっただけに、このプレーは盛り上がりました。

でも、私としては怪我がなくて本当に良かったです。



さて、これは何だか分かりますか?

036_convert_20120530074845.jpg

これで分かりますね?

027_convert_20120530091515.jpg


ここは、4つのフィールドが前後左右に並んでいます。

ファールボールがあちこちからも飛んでくるので頭上にはネットが張り巡らせてあります。

ネットの上に落ちたボールは、所々にあるこの筒状のネットに集まり、下へぽとりと落ちるようになっています。


中央の建物の2階へ上がると、四方の試合が一度に見られるようになっています。

この辺の合理的なところがいかにもアメリカっぽいですね。


つづく

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

内野ドリル

動きの確認でしょうか、打球が緩いですね。









テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

エベレット トーナメント

今週末はシアトル近郊のエベレットという町のトーナメントに参加します。

初めてのUSA遠征です。

どこまで通用するのか不安半分、楽しみ半分ってところです。


打たれれば世界大会までのトレーニングメニューを見直さなければいけないし、抑えられれば自信がつくだろうし、どちらにしてもいい経験になるでしょうね。


心配なのが滞在するホテル。

きっと夜は騒がしくなるでしょうね。

他の滞在客の迷惑にならなければいいのですが。


それでは、試合結果は週明けに。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

敬遠のはずが

何だか可哀想。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

リーグ戦第九試合

今日の対戦相手は、レッドソックスです。

勝てば2位になるチャンスです。


試合前のノック、普段ショートを守っているアタルがセカンドを守っています。

聞くと、肘の外側と内側を指して痛いといいます。


もしかして、また例の。。。

「月曜日から投げてないので痛くなるわけないやろ?どれだけ痛いの?」

「ちょっとだけ」

「ちょっとだけじゃ分からん、じゃあ何パーセントくらい大丈夫なの?」

「89パーセント」

「89パーセントって中途半端な数字やな。じゃあ11パーセント痛いってことか?」

「うん」

「じゃあ、今日は試合にでなくていいから」

「えっ?もう大丈夫。」

「じゃあ、何パーセント大丈夫なん?」

「90パーセント」

「1パーセントあがっただけやないか。ちょっとでも痛いんやったら試合に出ないくていいから」

「あれ?もう大丈夫と思う」

「思うって何やねん」


はぁ、また始まった。

3年前、マイナーの決勝戦の時も同じことがありました。

先発予定のアタル、急に指が痛いといい出します。

でも、ショートなら大丈夫って。


あれから3年、体は大きくなっているのに、心はそのまま。

相変わらず、クモは噛むの!っていって怖がるし。


そんなアタルの精神的な弱さを克服させようとしてか、監督は4回の裏、4-3、ワンアウトランナー2塁の場面で登板させます。

四球を一つ与えますが、後続を抑えます。


5回、6回も抑えますが、今日は球数が多すぎました。

内野安打は許しますが、今回も外野にはボールが飛びません。


今シーズンホームランを2本許していますが、それ以外は殆ど外野まで飛ばされていないのだからもっと自信をもって投げればいいんですけどね。

言葉では簡単ですが、精神的な部分って肉体よりも難しいですね。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

投球禁止

トーナメントの翌朝、いつものように肘と肩の具合をチェック。

何も痛みがないことを確認します。


しばらくすると、あれ?肘の外側が変、とアタルがいいます。

痛いのか?と聞くと、痛くないはないんだけど何か変なの、あれ?もう大丈夫。


何がどう変なのか分からないまま、とにかく投球禁止に。

そして今日の練習前、監督に肘のことを伝えてました。

無理もさせてないし、痛くなくて変っておかしな話、とにかく本人に聞いてみる、とのこと。

20年以上の監督経験がある人がいうので、本当におかしな話なんでしょう。


私もネットで肘痛を調べましたが、同じような症状は見つかりません。

そこでトーナメント後のアタルの行動を思い出してみました。


その日は、試合後4時に家に戻って、のんびりガキの使いをみていたアタル。

どうせならついでに手首と握力のトレーニングも、と思いライスバケツをアタルの前に置き、
「いつもの様にトレーニングしてね」と言い残して私はぎっくり腰のためベッドへ。


で、このライスバケツをどれくらいやったの?と聞いてみると、30分くらいかな、と答えます。

5分で十分なところを画面に夢中になっているものだからザクザクシャカシャカと30分も。


ははーん、これだな。


試しに私もやってみました。

すると、すぐに前腕の筋肉が疲れます。

私がその疲れた所を指して、この辺りが変なの?とアタルに聞くと、そう!と。


変、変っていうから心配したけど、ただの筋肉痛じゃん。

そのくらいは分かってよ、って感じです。


テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

新バット

現在使っているバットは2年前に買ったEASTON TAITANの31インチ -10です。

安価なバットですが、結構パフォーマンスは良いんですが、ちょっと見栄えがしません。


一方、アタルの友だちは、B4やCF5などのコンポジットを使っています。

コンポジットを使っているってだけで、何となく打てそうに見えるんですね、これが。


最近、しょぼい当たりが続いているので、気分転換もあって新しいバットを買いました。

003_convert_20120524073206.jpg

選んだ理由はデザイン、見た目が気に入ったようです。

日本円で8千円は、私の財布も助かります。


値段はさておき、野球道具選びは色々あって楽しいですね。

バットが変わっただけで、何となく打てそうな気がするし。

新しいグラブを持つと守備が上手くなったように見えるし。


とりあえず、形だけでもオールスターの準備は整えておかなくちゃ、と思っています。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

助っ人 その2

トーナメント二日目です。

このトーナメントのブルージェイズのスケジュールは、土日月の三日間で6試合です。

ハードな日程なのに、先発三本柱のコーテスが負傷でこの日も欠場です。


その上、昨日の第一試合後、三本柱のカーソンが肘痛を訴え、投球ができなくなりました。

三本柱最後のノアにも負担が重くのしかかり、こちらの肩も万全の状態ではないようです。


そんな中、第三試合が始まりました。

ブルージェイズの先発は、もう何番目か分かりませんが、とにかくストライクのはいる選手。

いい当たりを打たれますが、バックが助けます。


相手チームは、ここまで2連敗でチームの士気も下がっています。

4回、10-0のマーシールール(コールドゲーム)で勝ちました。

これで、ブルージェイズはBグループ全勝で予選ラウンド1位通過です。


午後からは決勝ラウンドです。

相手は、Aグループ全敗のLチーム。

ウォームアップを見たいたら、全敗とは思えないきびきびした動きです。

それに、みんな体が大きい。


1回の表、ブルージェイズは相手のエラーもあって4点を取ります。

このトーナメントのルールは、初回から3回までが4点を取った時点で攻撃が終了です。


ブルージェイズの先発は、アタル。

2番にセーフティーバントを決められますが、危なげなく無失点に抑えます。


点差も開いているし、アタルの肩を気使ってか、これで降板です。

すると、相手打線が爆発。

4-2になり、7-3と突き放しますが、7-6と一点差に詰め寄られます。


こちらがまだリードしているのにベンチは負けているムードです。

4回の守備、ここで流れを変えるためにアタルが再登板。

トーナメントルールでは、ピッチャーは一試合2イニングもしくは6アウトまで投げられます。


ところが、楽勝ムードの3回の守り、アタルは一度ベンチに下がっていたんです。

これが原因でアタルは再登板できないとのこと。


急遽、三本柱のノアが登板です。

しかし、制球が定まらず7-8と逆転されます。


1点リードされたまま最終回の攻撃、ワンアウト2塁3塁でアタルの打席。

3-1のカウントから強振!

イッター!はずなのに、打球はボテボテのピッチャーゴロ。


これがスクイズバンとの形になって、3塁ランナーがホームイン。

これで同点。

そのあとは押せ押せムードで、2点追加の10-8で最終回の守りに入ります。


ツーアウトランナー2塁までこぎつけ、相手は4番打者。

フルカウントからショートゴロに打ち取った!

と思ったらショートのアタルがトンネル

またやりよった。


2塁ランナーが一気にホームイン、これで10-9。

打った打者も一気に2塁へ、一打同点。


次は5番打者。

エラーしたアタルも辛いかもしれませんが、見ている私はどこかに隠れたい気分です。

もう1球1球がドキドキで、頼むからショートには飛ばないでと祈ります。


カウントは2-2になり、次の球は高目に大きくはずれたボール。

あかん、フルカウントや!と思った瞬間、スイング、三振!

マウンドでは、優勝したかのように全員が集まって抱き合っています。


私はもう、生きた心地がしなかったですね。

何なんでしょうか、この緊張感は。

野球未経験の私にとっては、ちょっと刺激が強すぎます。

長年監督をやってらっしゃる方は、よくこの緊張感に耐えられるな、と思います。


とにかく勝って良かった。

守りでは2度のエラーで助っ人としては失格でしたが、打つほうでは9打数で一度もアウトになることなくチームに貢献できました。

翌日は、雨で中止。

代替日もなくトーナメントもこれでお終い。


アタルは、ブルージェイズに快く迎えられ楽しい時間を過ごしたようです。

でも、もう助っ人は懲り懲りですね。

見ていて普段の試合の3倍疲れます。

まあ、でもオールスターに比べたら、これでもまだましなのかもしれません。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking