アタルの成績

州大会から全選手の打撃成績と投手成績がウェブサイト上で表示されます。

打撃部門では、打率7割2分7厘、ホームラン4本、打点16で全ての部門でスティーブンがトップになりました。

さすがスーパースター、三冠王です。


アタルの打率は5割2分で6位でしたが、2塁打6本は全選手70名以上いる中でトップです。

あの鈍足だったアタルが。。。。

これもひとえに皆様から頂いたアドバイスのおかげです。

ありがとうございます。


数字だけでは分かりませんが、全25打席でフライアウトは0。

ランナーがいる場面では、アウトになっても進塁させています。

三振は、一番最後の打席で、フルカウントからいつものボールくさい球に手を出さなかった見送り三振の一つだけ。

そのせいか、準決勝と決勝戦では、つなぎの4番打者を任されました。

成績の詳細はこちらでご覧になれます。


投手成績では、勝利数3、奪三振数18、防御率1.27で全ての部門でコールがトップ。

アタルは、防御率3.50で2位となりました。

満塁ホームランのあの1球が悔やまれますが、準決勝では期待通りのピッチングを披露しました。

詳細はこちらでご覧になれます。


それにしても、こうして数字で表れて順位がでるとちょっとシビアですね。

今思うと、もっと楽しく野球をやらしてあげればよかった。

リトルリーグ時代は、エラーをしても三振をしても笑っているくらいの方が丁度いいような気がします。

次の全国大会、どんな試合結果になっても私は笑って見守ってあげようと思います。
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

BC州大会 決勝戦

決勝戦の相手は、予想通りD3のWhite Rock。

2007年と2008年に世界大会へ出場したチームで、リーグ登録者数はうちの4倍もあるそうです。

お金を払ってプロのコーチを雇っているという噂もあり、経験豊富で選手層が厚く、毎年優勝候補と言われています。

予選ラウンドで唯一負けた相手です。


でも、準決勝と違って、私はこの試合、全く心配をしていません。

先ず、以前お話しましたが、予選ラウンドではお互い手の内を見せない戦いをしました。

White Rockの先発は長身の本格派。

当て馬だったはずのこのピッチャーが首脳陣の予想以上にうちを抑えたんです。

私、これで、次うちと対戦する時は、必ず首脳陣が先発を誰にするか悩むだろうと思いました。


そして、最後はサヨナラ勝ち。

選手もコーチもまるで優勝したかのような大騒ぎ。

それを見て、次もう一度やったらうちが勝つチャンスが大きくなったんじゃないかと。


次は、準決勝の戦い方。

White Rockの相手は予想外の楽な相手。

ピッチャーは球威もさほどない右ばかり。

21-3という大差で勝ちました。


それに比べて、うちの準決勝の相手投手は今大会屈指の右ピッチャー。

球速もあり素晴らしい変化球も投げます。

強打を誇るうちの打線が沈黙。

8-0で勝ったものの、点差ほど楽な試合ではありませんでした。

楽な勝ち方をしたWhite Rock、一方、打てなくて気が引き締まったうちの選手たち。


最後は、環境です。

うちは去年の反省から、今年は値段は高くても、グランドから遠くても、一番快適なホテルを選びました。

スキーリゾートホテルとあって、広々としてキッチン設備も充実しています。

大きなジャグジーもあって、疲れた体を癒してくれます。

山の中にあるので、街中と比べると気温も低く快適に過ごせます。


本館にはゲームルームがあって、暇な時間はそこが選手たちの溜まり場となり、親交がさらに深まりました。

予備日の前夜は、コーチの部屋(といっても4BRのタウンハウス)で、皆が集まってBBQと国際色豊かなポットラックパーティー(私は、なんちゃってチラシ寿司をつくりました)で結束を固めます。


一方、White Rockの滞在しているホテルは、街中の便利な所。

でも、ごく一般的なホテルで、おそらく快適とは言い難い環境でしょう。

日中の気温は、耐え難いほど暑く、大会期間中の8日間の体調管理は難しいでしょう。

試合前、接戦を予想する父兄が多い中、私はこうして一つ一つの要因を比べて、うちのコールド勝ちと予想します。


さて、試合の方ですが、相手チームの先発は、前回好投した長身の本格派。

あはっ(笑)、やっぱり迷ったな。

私、これでうちの勝ちの予想が確信に変わりました。


こちらの先頭打者は、不調のマテオに代わって絶好調の元ホワイトソックスのリードオフマン、コービー。

2球目の外の高めのストレートをホームラン!

そこから打線が爆発。

相手先発を初回で引き摺り下ろし、一挙9点。

相手にしてみれば計算外かもしれませんが、こちらにしてみれば計算どおり。


こちらの先発は左のコール。

相手は、これまで左のピッチャーとの対戦はほとんどないはず。

これもまたこちらの計算どおり、相手打線を寄せ付けません。


結局、相手は本格派から変化球派までピッチャー5人を繰り出しますが、その全てを打ち砕き、毎回得点の20点。

20-0の4回コールド勝ち。

前回負けていたので、これで本当のBC州チャンピオンとして胸を張って全国大会へ望めます。


その全国大会ですが、アルバータ州のエドモントンで8月4日から始まります。

5つの州代表チームと主催者チームの合計6チームで優勝を争います。

ここで優勝すれば、念願の世界大会出場です。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

BC州大会 準決勝

予選ラウンド2位のうちと3位のDunbarとの対戦です。

相手は、小柄な選手が多いので小技を使ってくると思われます。

また、全員が右打者なので、うちは右のパワーピッチャーのスティーブンもしくはコーテスが先発すると予想します。


さて、試合開始前、ウォームアップを見ていると、アタルが投球練習をしているじゃありませんか。

まさか!

オールスターになってからピッチングコーチが変わり、配球もがらりと変わりました。

ここ3試合先発して、全部初回にホームランを打たれているのも、半分は配球のせい、とまあ親としてはそう思いたいですが。


そのアタルが、俗に決勝戦よりも勝つのが難しいといわれる準決勝で先発するなんて。

こりゃもういてもたってもいられなくて、コーチに確かめると、先発として3回まで投げさせるそうです。


この試合、投球制限に引っかかっているピッチャーは誰もいないのに、なぜアタルなの?

父兄の中にも多分そう思っている人もいるだろうと思うと、試合が始まる前から私の方がプレッシャーで押しつぶされそうです。


初回、こちらの攻撃。

相手ピッチャーは、もちろんエース君。

うちの攻撃力は高いのですが、それは相手ピッチャーが2番手3番手だったからです。

このクラスのピッチャーがくると、途端に打てなくなります。

そう心配していると、案の定3者凡退。

いままで初回3者凡退なんてあったっけ?


初回の守り、アタルは簡単にツーアウトを取ります。

ところが、続く3番打者に外角の球を右中間へ。

打球はグングン伸び、ホームラン。

あぁまたや、と思ったらライトを守るカーソンがキャッチ!スーパープレイ!

私、センターからその様子を見ていたんですが、グラブが完全にフェンスを越えていました。


0-0で迎えた3回の表、相手のエラーとイレギュラーバウンドのラッキーなヒットで一気に7点を取ります。

アタルは予定の3回よりも多い4回と3分の2を投げ無失点に抑えます。

そのあとは、コールが20球を投げ、最後はスティーブンがしめて完封リレー。

8-0で勝ちました。


アタルの予想外の活躍で、明日の決勝戦の為にピッチャーを温存できました。

打つ方では、この試合4番に抜擢され3打数2安打1四球。

一度のアウトもピッチャー強襲ヒットかなと思いましたが、記録はエラー。

全打席で出塁できたことは、アタル本来の持ち味が出せました。


ふぅ。

先発と4番、無事大役を果たせてホッとします。

でも、もうこんな大役は勘弁して欲しいです。


首脳陣は、アタルのことを過大評価しすぎです。

うちにはスター選手がそろっているのだから何もアタルじゃなくても。

こりゃもう、おしっことうんちをちびっていることを監督に教えないといけません(笑)。









テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

BC州大会 オフ日

今日は、雨天のための調整日で試合がありません。

午前中に軽くチーム練習をして終り。

私としては、相手の先発も戦術も予想できるので、もうちょっとそれを想定した練習をしたらと思うのですが。

のんきというか、私が心配性なだけなのか。


明日の対戦相手は、Dunbar。

まとまりのある良いチームです。


ここまで5試合の両チームの各成績を比べてみるとうちが圧倒しています。

打撃成績では、チーム平均打率が2割8分1厘に対して5割4厘。

長打の数が、4本に対して22本。

ホームランの数が5本に対して13本。


投手成績では、チーム防御率が7.78に対して3.78。

とまあ、数字でけ見ると負けるわけがないのですが、そこが少年野球の怖いところ。

気持ちの面で負ける場合もあるし、流れが傾くと一気にそのまま試合が終わってしまう場合もあります。

リトルリーグは6回までなので、先発ピッチャーの出来次第ってところもあります。


いやー、ホテル暮らしのせいか、今日はやる事がなく、独り明日の心配してばかりです。

妻と娘が明日、飛行機で応援に駆けつけるのですが、それまでは何だか落ち着きそうにもありません。

きっと、全国にはたくさん私と同じ気持ちで次の試合を心配している親がいるんでしょうね。


主役のアタルといったら、ランチを皆で食べてくるといって出て行ったきり帰ってきません。

現在、どこで何をしているんでしょうか。

ちょっと素振りでもしてくれたらねーと思うのですが。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

BC州大会 第五戦

いきなり変な話題で申し訳ありませんが、野球の試合をすると自然とおしっこをちびるもんなんでしょうか?

アタルの場合、パンツと保護カップホルダー(?)がおしっこで濡れて臭いんです。

とくに、ピッチャーをした試合のあとは、ものすごく濡れています。


先日、それを洗面台で手洗いしている私は堪り兼ねてこう言いました。

「何でおしっこをちびるんだよ!」

「わかんない」

「わかないって何や!13にもなって、おしっこちびってるのが分からんの?」

「だって、、、、」


次の日の試合後、汚れたパンツを脱ぎながら、アタルがこういいます。

「あのね、今日ベンチでおしっこの話になって、〇〇も〇〇もおしっこちびってお母さんから臭いって怒られるって」

「えっ、そうなん。じゃあ、おしっこ漏れるのが普通なんや。お父さん野球したことないから。昨日はゴメンね」


「あれ?」

そう言って、アタル、脱いだパンツを私に渡しました。


「あのなー、うんちはもれんやろ!!!」



さて、今日の対戦相手は、D1のDunbarです。

練習試合で唯一負けた相手です。


この試合、勝っても負けても準決勝で再戦するので、お互い手の内を隠す形となりました。

結果は19-4で勝ちましたが、明後日の準決勝では、相手はエースをたててくるでしょうから、こんなに簡単にはいくはすがありません。


明日は雨のための振替日だったのですが、予定通り試合が消化できたので一日オフです。

久しぶりにのんびりできます。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

BC州大会 第四戦

今日の無敗同士の対戦です。

相手は、優勝候補のD3のWhite Rock。


こちらの先発はアタル。

1回の裏の守り、ヒット2本と四球でノーアウト満塁のピンチ。

ここで、3塁ゴロ、ホームフォースアウト、ライトフライでツーアウト満塁までこぎつけます。

続き打者には、0-2と追い込んでいたのですが、なんと満塁ホームランを打たれます。


外のスライダーで完全に打者のバランスを崩していたのに、フェンスオーバーとは。

しかも6番のこの大会ここまでノーヒットの打者にコツンと当てられただけなのに。


もう、上にあげれば2本に1本はホームランって感じで、ちょっと精神的に参っています。

間違いなく、今シーズンは長打を打たれた数よりホームランの数のほうが多いです。

これって、いわゆる球威がないってやつでしょうかね。


おそらく、よほどピッチャーのやり繰りが厳しくない限りもうアタルが登板する機会はないでしょう。

っていうより、親としてもうアタルがホームランを打たれる姿を見たくないってのが本音かもしれません。


まあ、言い訳がましいですが、今シーズン打たれた7本のホームランはいずれも狭いグランドでフェンスぎりぎりオーバーの当たり。
これが世界大会が行われる球場じゃ、単なるポップフライじゃん、と自分にいい聞かせるしかないですね。


さて、試合のほうは、いきなり4点を追う展開となりましたが、最終回の表に6-6の同点に追いつきます。

最終回の守り、エラーが重ねって、ツーアウト満塁のピンチ。


ここで、ピッチャーは左のセズが登板。

ストレートで二つでカウント0-2と追い込んでからの第三球目。

変化球が指に引っかかって暴投。

その間に、三塁ランナーが帰ってサヨナラ負け。


負けた事はさておき、ちょっと疑問に思うのがピッチングコーチの配球。

ツーアウト満塁の緊張する場面で登板させておいて、ストレートで0-2に追い込んでから低めの変化球を投げさすもんなんでしょうか?

もし私がピッチングコーチなら、先ずは真ん中肩口あたりに1球、ストレートのボール球を投げさせますがね。

こんな終わり方をして責任を感じて泣いているセズが可哀相です。


一方、相手チームの喜びようといったら、もうこのトーナメントに優勝したかのようでした。

それを見て、私、この負けは決勝トーナメントでは、うちに有利になったんじゃないかと密かに思いました。


とにかく、これでWhite Rockの予選ラウンド1位が決定。

うちは、明日の試合結果次第ですが、2位か3位。


決勝ラウンドは、2位対3位なので、そこで勝ち上げってこの借りを返すしかないですね。


テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

BC州大会 第三戦

今日は、小雨交じりの中、試合が始まりました。

対戦相手は、D5のForest Hill。

地区大会では、全試合コールド勝ちした大柄な選手が揃っている打撃のチームです。

聞いた話では、もう全国大会に行く話しをしているそうですが、ここまで2戦2敗。

本来の調子が出ていません。


こちらは、初戦で投げたコールが先発。

今日は調子があまりよくなく、2ランを打たれます。


ですが、こちらの打線は今日も絶好調。

コールが2発、スティーブン、トーマス、カーソンが一発ずつ打ちます。


18-2で迎えた4回の裏、ツーアウトランナー1塁の場面でコーテスの予定投球数が来たので、アタルが登板します。

5球で三振に討ち取りゲームセット。

これで3戦負けなし、決勝トーナメント進出決定です。


打つ方ではこの試合、4打数2安打、2塁打1本。

まだ3戦終わった所ですが、打撃成績は8位、2塁打部門では3本でトップです(笑)。

でも、皆が一発を打っているので、アタルも一発狙いのような力んだスイングになっているのが気になります。


明日の対戦は、全勝同士の対決です。

相手は、D3のWhite Rock。

以前お話しましたが、ここ7年でD3のチームが5回世界大会へ行っています。

その内、White Rockは、2回。

毎年、優勝候補と呼ばれているチームです。


でも、まあ、お互い決勝トーナメントの進出は決まっているので、今回は腹の探り合いになるかもしれません。

3番手、4番手当たりのピッチャーでくるんじゃないでしょうか。



テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

BC州大会 第二戦目

対戦相手は、主催者のTrail All Starsです。

このチームには、左のエースがいるのですが、第一試合で投げたので、今日の先発は2番手です。


こちらの先発は、スティーブン。

主審の狭いストライクゾーンに戸惑い、2回に1点を失います。


3回の守り、ノーアウトランナーなし、カウント2-1の場面でスティーブンの予定の投球に達してので、アタルが登板します。

相手の打順は2番からで、四球とワイルドピッチでピンチを招きますが、無失点に抑えます。


4回の表の守りは、セズが完璧に抑えます。

その裏の攻撃、トーマスが2ランを打って12-1でコールド勝ち。

これで2連勝です。


アタルの打撃は、ここまで6打数3安打 2塁打2本。

絶好調とまではいきませんが、バットは振れています。


それより、地区大会不振で8番に降格になったコールに一発が出ました。

これで打線に厚みがでます。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

BC州大会 初戦

初戦の相手は、D7のBeacon Hill。

2年前のマイナーオールスターで戦った時は、そうたいして強くなかったのですが、現在のチーム状態は全く情報がありません。

さて、こちらの先発はコール。

3イニングを完璧に抑えます。

攻撃の方は、3回で17点。

4回の表の守りは、成長著しいコーテスが締めて、コールド勝ち。

完全試合のおまけつき。

幸先のいいスタートを切りました。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

BC州大会

更新が滞ってすみません。

現在、泊まっているホテルがスキーリゾートのペンションで、母屋から離れており、WIFIの状態がよくありません。

詳しい試合内容は、自宅に戻ってからになりそうです。


現在の所、2勝0敗で順調です。

便利になってもので、こちらから、ライブの試合状況が分かります。

また、左側にあるLEAGUE MENUから投手成績も打撃成績も分かります。


この大会には、日本人は二人いますが、イニシャルがAの名前がアタルです。

もしよろしければ、探してみてください。


それでは。




プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking