月間最優秀選手

今年新設されたベースボールアカデミーが始まって一ヶ月が経とうとしています。

先日、ここまでの最優秀選手が発表され、名誉ある?第1回をアタルが受賞した。

トロフィーの代わりに、金色?のヘルメットを頂きました。
001_convert_20120929035020.jpg

受賞者は、翌日もこのヘルメットを被らなければいけないというルール(罰じゃないの?)だそうです。

何か、工事現場のおっさんが休憩しているみたい。


幼稚園の時の話ですが、アタルの先生が初日来ただけで辞めたんです。

理由は、午前と午後のクラスを担当するはずだったが、入園者が予定よりも少なくて午前のクラスしか担当できなかったこと。

でもね、一旦仕事引き受けたら、せめて一学期だけでもやったら、と思うんですけどね。

以来どういう訳だか、アタルの担任の先生は、出産や交通事故などで丸一年同じだったことがほとんどないんです。


このベースボールアカデミーだけは、そうしたジンクスがなく、今のままのコーチで一年を過ごせることを祈っています。
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

禁句

いつまでも健康的で若々しくありたい、と思うようになったJAYです。


誰もが思う当たり前のことなんですがね。

でも、それを改めて思う出来事が先日ありました。


アタルのためにバッティングピッチャーをやっている時、痛烈なライナーが私の頭上を襲ったんです。

それを捕ろうとジャンプしたのですが捕れなくて、その姿を見たアタルが笑みを浮かべながらこう言いました。

「おっさんぽい(笑)」

「はぁ? もう1回いうてみー」

「ダディのうごき、おっさんぽい(笑)」

「なんやと~、ええ根性しとるやないか」


うすうす私も気付いていただけに余計にショックが大きい。

でも、毎度毎度ピッチャー返しに怯えながら、肩が痛かろうが、腰が痛かろうが、息子のためにバッティングピッチャーを務めてきた父親にいう言葉が、おっさんぽい、ってか。


アタルよ、たとえ親子といえども、息子が父親に対して決して口にしてはいけない言葉もあるんだぞ。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

スケート再開

野球のシーズンの間、中断していたアイススケートを再開しました。

今年のレッスンは、パワースケートと呼ばれるもので、アイスホッケー用のスケートです。

010_convert_20120924150823.jpg


今までのスケートとどこが違うかといえば、見た目ではアイスホッケーのスティックを持って滑っていること。

スピードを重視してスケーティングをしていること。

ど素人の私には、その程度しか分かりませんが、45分のレッスンの後、アタルは汗をびっしょりかいていました。


インストラクターからは、右足の方が左足よりかなり強いと言われたそうです。

野球では、軸足の右足ばかり使ってきましたから、偏って発達したのかもしれませんね。


このブログで何度も言っていますが、野球のマイナス面は、片方の手足に負担がかかり過ぎることです。

発育途中の子供が同じ方向ばかり体を捻るのも気になります。


野球のオフシーズンに、アイススケートで両足、バスケットボールで両手を均等に使うのは、野球の練習にもなっているはずです。

来年シーズンを楽しく送れるかどうかは、このオフに何をしたかによりますからね。


テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

WBC予選ラウンド 決勝戦

決勝戦は、カナダ対ドイツ。

カナダが11-1で勝ちました。

カナダの野球のレベルからいって、予選ラウンドで負けるわけはないと信じていましたが、やはり本戦にでられて嬉しい。


でも、なんで相手がドイツなんだろう?

ヨーロッパと野球は結びつかないけど、ヨーロッパの中では、ドイツ人気質が一番野球に向いているような気もしますが。

あくまでも、私の固定観念の話ですが。


そういえば、2009年のWBCでは、カナダはイタリアに負けています。

確か、私のYouTubeの登録者の中には、フランスの方もいたはず。


ヨーロッパの野球事情はどうなっているのか気になります。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

初の練習試合

日曜日は、プレップチームに参加して初の練習試合でした。

相手はラングレーブレーズ。

このクラブは、たくさんのMLB選手を輩出しています。

NPBでは、巨人のスコット・マシソンがいます。


さて、試合の方ですが、相手チームはこちらよりも1、2才年上で皆体がでかい。

006_convert_20120924150728.jpg
笑っちゃうくらい小さい一塁ランナーのアタル


2回を終わった時点で、すでに一方的にやられていた中、3回からアタルが登板しました。

相手は3番打者からでしたが、味方エラーでランナーが出るものの、ノーヒットに抑えます。

続く4回は、下位打線だったので3者凡退に抑えます。

上出来!これで無事初マウンドを終えたな、と思っていたら次の回もマウンドへ。


やはり、そんなに甘くはなく、2本のヒットを打たれて失点しました。

そりゃそうでしょうね。

この子はつい先月までリトルのマウンド投げていたんだし、まだ、おちんちんに。。。(失礼、こればっかりですね)。


試合後、滑って投げにくかった、というアタル。

立ち投げで、キャッチボールのようにしか投げられなかった、と。

皆スパイクを履いているのですが、アタルはまだクリーツですから滑っても仕方ないか。


打つ方では、1試合目は2打数2安打。

特に1本目は、拍手が起こるほどのクリーンヒット。


2試合目は、ワンアウト3塁の場面で、しぶとくレフト前ヒット。

これが、チーム初得点となりました。

竹バットを使っているアタルですが、この日は3打数3安打という結果がでました。

しかも、全打席ツーストライクを追い込まれてですから、うまく対応できたと思います。

でも、外野の頭を越える当たりは、まだまだ先のことになりそうです。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

ゴルフとバッティングとジャンボ尾崎

ベースボールアカデミーの生徒は、バスでグランドまで行くのですが、先日たまたまゴルフアカデミーの生徒と相乗りすることになったそうなんですが、先に乗っていたゴルフアカデミーの生徒がゆったりと席を占領していたので、ベースボールアカデミーの生徒は、狭い座席で窮屈な思いを強いられていたそうです。

そのことが原因で口喧嘩が始まり、しまいにはゴルフアカデミーの中国系の生徒が立ち上がり、ゴルフクラブをベースボールアカデミーの生徒の顔の前に突きつけたそうです。

ですが、こちらの上級生は全員大柄。

それが一斉にバットを振りかざしたので、相手は引き下がるしかなかったそうです。

「あのね、ダディ、今日ね、怖かったの」と座席の隅で小さくなって隠れて見ていた出来事をアタルが話してくれました。


一昨日、バスケットボールの練習のあと、ゴルフがしたい、と突然アタルが言い出しました。

訳をきくと、バットを振っているときにそのスイングを見たどこかの親父が、ゴルフをしたら上手いんじゃないの、みたいなことを言われたそうです。

それを真に受けたアタル。

で、仕方なくゴルフ練習場に連れて行く私。


ゴルフのことはよく分かりませんが、結構飛んだねー、って思わず声に出してしまうことが何度かありました。

棒でボールを打つのは、打者もゴルファーも同じですから、体の使い方は似ているんでしょうね。

003_convert_20120924150657.jpg


その帰り道、「日本にはね、ジャンボ尾崎っていう名のプロゴルファーがいてね。。。」と隣の座席にいるアタルに話している私がいました。



テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

WBC予選ラウンド

カナダは、2009年のWBCで1勝もできなかったので、今回は予選ランドからスタートです。

初戦の相手はイギリス。


ベースボールアカデミーのブルックスヘッドコーチは、一緒に戦ってきた友だちがこのWBCカナダ代表チームにたくさんいるそうです。

フェイスブックでは、相手には素晴らしい投手がいるので、予選で一番厳しい試合になるだろう、と書き込んでいたそうです。


試合結果は、7回の裏にカナダ打線が爆発して、11-1 7回コールド勝ち。

幸先のいいスタートが切れました。


2009年WBCの投手だったブルックスは、ロジャースセンターで行われたアメリカ戦が、人生で一番思い出に残る試合だったそうです。

他にも、今回のWBCカナダ代表の三塁手と一塁手は、ベースボールアカデミーにゲストコーチとして来てくれる予定になっていること。

メンバーの半数近くは、このBC州出身の選手だってこと。

学生時代のアダム・ローウェンは、打者としても素晴らしかったこと。

その時のカナダナショナルチームから一度に8人がドラフトされたこと。

普段無口なブルックスも、この時ばかりは少年のような目をして話してくれました。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

定点観測 ~アタル13才時のバッティング~

身長154cm 体重54kg

使用バット MIZUNO BAMBOO MZB243 31INCH

最長飛距離 推定70m




テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

こういうリスクがあります

ベースボールアカデミーでは、晴天の日はグランドで練習をし、雨の日は契約したトレーニングジムの施設で体を鍛える予定です。

で、そのトレーニングジムなんですが、なんと先日倒産したそうです。

いや、もう話を聞いてびっくり。


その理由が、経営者の離婚。

あー、これは納得。


人生には、病気や交通事故のリスクがありますが、北米で一番高いリスクが離婚なんです。

日本の皆さんは、離婚協議書ってご存知ですか?


こちらでは、結婚する前に、離婚した場合のために離婚協議書を作っておくことを薦めています。

お互いが愛し合っているうちになら、君のためならと、喜んで協議書にサインするのですが、いざ離婚となると一転して泥沼になるそうです。


結婚する前から離婚の話かい!と思われるかもしれませんが、それが現実なんです。

噂では、北米では50%の確率で離婚するそうですから、この数字は無視できません。

国際結婚にいたっては、80%が離婚すると聞いたことがあります。
(フランス人との結婚では、離婚は90%だそうです。聞いた話で何の根拠もありませんが)


ちなみに、うちは離婚協議書を交わしていません。

結婚する前、当時野良犬だった私を拾ってエサを与えてくれたのが心優しい女性(妻)です。

飼い主の手を噛むと自分の命がどうなるかくらいは、野良犬だって分かります。


家族サービスを疎かにしている野球親父の方、くれぐれも飼い主の手を噛むことはだけはないようにしてくださいね。

お手!と言われれば黙って手を出し、お回り!と言われれば尻尾を振って回っているのが賢明だと思います。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

新たな目標

なぜ、米国内が無関心でも開催する!? MLBのスカウトとしてのWBC戦略。

これ、Number Webの記事のタイトルです。

文中には、『MLBから見ればWBCは世界中の有望選手をスカウトできる格好のショーケースという意味を持つのである。』とあります。


WBCで品定めをして、客が喜ぶ選手を世界中から集めれば、MLBはこれからも利益を上げていくんです。

興行ビジネスに関しては、アメリカはさすがだなと思います。


さて、先週末こちらではこんなショーケースが行われました。

CanAmFutures.jpg

CAN☆AMとは、カナダとアメリカのことだと思います。

Showcase Tournamentとは、スカウトのために行われる木製バットを使ったトーナメントです。

Northwestとは、北米の北西部を指します。

Class of 2016とは、2016年に学校を卒業する予定の選手のことです。


このトーナメントに参加するには、BC州ではトライアウトが行われて、16名が選抜されました。

この年代のBC州のトップ選手たちです。

実際にプレーを見たことがある選手が数名いますし、代替選手ですが、アタルのベースボールアカデミーの選手も選ばれました。

このトーナメントの結果次第では、スカウトがどんなレベルの選手に興味があるのか分かるかもしれません。


そこで、アタルの次の目標をこのショーケースの参加と決めました。

来年の9月、BC州のトライアウトに参加して、16名の中に選ばれることです。

ワールドシリーズのあとは、ちょっと抜け殻状態でしたが、これで練習にも張りがでるでしょう。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking