大丈夫です

日本の友人から、大丈夫?というメールを何通も頂きました。

昨夜起こった地震なんですが、ここバンクーバーでは全く揺れを感じませんでした。


震源がブリティッシュ・コロンビア州といっても、その大きさは日本の国土の3倍あるので、バンクーバーからはかなり離れた所だったんでしょう。

西海岸沿いに位置するのがバンクーバーですが、目の前に九州よりも少し小さい大きさのバンクーバー島が横たわっているので、それが防波堤代わりとなって、津波の心配はないと言われています。

でも、バンクーバーも環太平洋地域なので、地震の可能性は大いにあります。

備えあれば憂いなし。

防災の準備はできる限りやっておくべきですね。
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

競争

ベースボールアカデミーの話です。

今週は、現WBCカナダ代表の三塁手が、特別コーチとして教えてくれています。

グラブ捌きや送球テクニックを目の前で見られるアカデミーの生徒は、本当にラッキーです。

これも、ブルックスヘッドコーチの人脈のおかげです。


また、上級生の一人が、ジュニアチームの一員としてアリゾナへ行っているそうです。

リトルリーグ時代と違って、一握りの選抜された選手だけがこうしたチャンスを掴む事ができるんですね。


続いて、バスケットボールの話です。

昨日、学校のバスケットボール部のトライアウトがありました。

3つのチームに分かれて試合形式を行ったそうですが、アタルのチームには、サッカーアカデミーの子がいたそうです。
この子は足がとても早く、自陣でパスをもらうと相手コートまで一直線。

誰も追いつけないそうです。

さすが、サッカーアカデミー。


ですが、シュートはイマイチ。

手でボールを投げる事に慣れてない。


そこで、アタルにパス。

そして、シュート、得点。

ボールは違えど、狙い通りに投げるのは一緒。

さすが、ベースボールアカデミー。


他にもアイスホッケーアカデミーの子やゴルフアカデミーの子もいるそうです。

こりゃあ、面白いバスケットボール部になりそうです。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

ペンタゴン

サンフランシスコ・ジャイアンツがワールドシリーズ進出して喜んでいるのがベースボールアカデミーのブルックスヘッドコーチ。

元ジャイアンツのAAAのピッチャーだったんです。

ティム・リンスカムの調子が良くないね、って言ったら、マイナー時代は常に97~99マイルの球速があった話をしてくれました。


私、これを機に、日頃抱いていたピッチングの疑問をブルックスにぶつけてみました。

で、色々詳しく解説してもらったんですが、どの質問も結局たどり着くのは、人それぞれ。

この投げ方が正解じゃなくて、結果的に打たれない投げ方が正解ってところでしょうか。

それと、本人が投げやすい投げ方が一番ってことも言っていました。


さて、日に日に寒くなっていくバンクーバーですが、それに比例して、ベースボールアカデミーでは、インドアトレーニングが中心になってきました。

毎週火曜日は、隔週でヨガとクラスセッションがあります。

昨日のクラスセッションでは、ゴール設定をしたそうです。

(どうでもいい話ですが、私も中一の頃にゴール設定を教えてもらっていれば、今頃は。。。。)


それから、5ツールプレーヤーも学んだそうです。

Hitting for average(打率)・Hitting for power(長打力)・Baserunning skills and speed(走塁技術とスピード)・Fielding ability(守備力)・Throwing ability(肩の強さ)の5項目が高水準の実力を備えている選手のことをいいますが、ポケモンカードで遊んでいたアタルには、良く理解できたようです。


じゃあ、その5ツールプレーヤーになるには?

その答えは、体作り!ってことになるのでしょうか。


じゃあ、その体作りとは?

色々答えはあるでしょうが、小中学生の間の野球漬けの毎日は、多分正解じゃないと思います。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

シーズン終了

この時期には珍しく晴天続きのバンクーバーでしたが、フォールボール最終日は雨で試合中止となりました。

もう野球のチームは来年の3月までありません。

こらからは、ベールボールアカデミーと自主トレが中心となります。


アタルといえば、とっくに野球からバスケットボールへ関心が移っています。

来週、学校のバスケットボールのトライアウトがあるそうです。

男子バスケットボールは、学校の花形スポーツなので、定員15名のところを40名ほど入部希望者がいるそうです。


最近はバスケットボールの練習相手もするのですが、体力的に厳しい。

おっさんぽい私がバスケットボールをすると余計におっさんぽい動きが目立ちます。


野球で大切なのは、リズムとバランスと体重移動なんですが、バスケットボールのほうがより必要だと思います。

言いかえれば、バスケットボールでリズムとバランスと体重移動の訓練をすれば、野球にも応用できるはずです。

アタルの守備が上達したのもオフの間にバスケットボールをしたのが影響したと思うので、今年も真剣に取り組んで欲しいと願っています。


パワースケートの方は現在週1回なんですが、週2回に増やしたいほど素晴らしいレッスンです。

ただ、ちょっと時間の方が足りるかどうか。。。


9月からセカンダリースクールへ行くようになって毎日宿題とテスト勉強が出るようになりました。

エレメンタリーの時にはほとんど無かったので、勉強慣れしてないアタルにはちょっと頭痛の種のようです。

毎朝、学校へ行きたくなーい、とベットの中でごねています。


そんなある帰宅後のこと。

おやつ代わりにラーメンを食べていると何の脈絡も無くひと言。

「人間ってすげぇーな」


???? 

おい、頭の中が一杯なのか?

ダディは、口では勉強ができないヤツは野球も上手にならないんだぞと言ってるけど、本音は勉強をしているアタルを見るより、野球をしているアタルを見ているほうが好きなんだから。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

インドアトレーニング開始

ベースボールアカデミーが使う予定にしていたトレーニングジムが破産したことは以前お伝えしましたが、どこのどなたか分かりませんが、ベースボールアカデミーの為にと、このジムを銀行から買い取ってくれたそうです。

とりあえず、これで一件落着。

006_convert_20121015233449.jpg


初日のこの日は、コンディショニングトレーナーのグラハム各選手の身体能力を測っていました。

007_convert_20121015232923.jpg


005_convert_20121015232848.jpg

打撃投手を務めているのは元カナダWBC代表のブルックスコーチ。


選手たちを4つのグループに分けて、別々のステーションでトレーニングをしてはローテーションしていました。

効率のいい練習です。


このような練習をオフシーズンにみっちりやっていれば、来シーズンも楽しく過ごせるでしょう。

これかもずっとジムがこれからも続くことを祈ります。


002_convert_20121015232641.jpg

<冷蔵庫はペプシの所有。商品は銀行の所有。>

ドリンクまでも差し押さえた銀行。

生々しい破産の姿です。

骨年齢

ウォークインクリニックに行ったついでに、身長の事で悩んでいる、骨年齢なるものがあるらしいが、と尋ねたら、待っていれば伸びるから心配しなくてもいいと医者に言われました。

もっともな回答です。

でも、こちらは真剣にプロを目指して野球をやっているので、身長は大きな悩みなんですが。

ちょっと私の聞き方が間違っていたのかもしれません。


確証がある訳ではないですが、仮に骨年齢にプラスマイナス2才の差があるとするなら、実年齢13才の中には、骨年齢で言えば11才と15才が混ざっている訳です。

上下4才も違うのに、画一的なトレーニングをするのは無理があるんじゃないかと。

骨年齢が低い子供には負担が大きすぎるし、かといって、骨年齢の低い子供に負荷を合わせると、骨年齢の高い子供にとっては、軽いトレーニングになってしまうはずです。

難しいことかもしれませんが、教える側はこの辺も考慮にいれる必要があるんじゃないかと。


私の癖で、成長の早い子供をみると、つい、早くアタルも早く大きくならないかなと思ってしまいます。

ですが、この子にはこの子なりの成長ペースがあるので、周りと比べている私は間違っているのでしょうね。


来年からグランドが広くなりますが、それに合わせたトレーニングをするんじゃなくて、アタルの成長に合わせてトレーニングをしないといけませんね。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

伸びる子伸びない子

少し前のスポニチの記事です。

オリックスは4日、06年以降のドラフトで1位指名した4選手を含む計9選手に来季契約を結ばないと通告した。

 1位指名だった選手は、丹羽将弥(23=07年高校生ドラフト1巡目)、小林賢司投手(27=07年大学・社会人ドラフト1巡目)、延江大輔投手(23=06年高校生ドラフト1巡目)、甲斐拓哉投手(21=08年1位)の4選手。小林、延江、甲斐は今季から育成契約だった


ドラフト1巡目の選手が同時に4名も戦力外なんて。

スカウトの能力がなかったのか、育成の仕方が悪かったのか。


ドラフト1巡目って将来を嘱望された特別な存在だと思うんです。

それが数年後には見切られる。

プロは厳しい世界だと覚悟の上だったでしょうが、親御さんの気持ちを思うと心が痛いです。


あるコーチから聞いた話です。

リトル時代はスーパースターだったのに、14、5才になった時は普通の選手になっている場合がある。

こういうのを「頭打ち」「伸び悩み」っていうのでしょうか。


じゃあ、何が原因でそうなるのか、と考えてしまいます。

本人の気持ちの問題なのか、指導者の質の問題なのか。


あの子、リトルの時はワールドシリーズまで行ったのにねぇ。

なんて言われないように頑張らなければいけませんね。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

短い方がいい

最近、チーム練習が終わるたびに、不満をもらすアタル。

その理由は、効率の悪い練習。

先日は、3時間の練習で1回もバットを振らず。


4時に始まって、先ずミーティング。

次にウォームアップ。

さぁ、キャッチボールと思ったら、またミーティング。

キャッチボールが済んで守備練習かなと思ったら、またミーティング。

時計をみると、すでに5時半。

はぁ?練習開始から1時間半たってもキャッチボールが済んだだけ。

せっかく温まった体もこれじゃ冷えてしまいます。


この原因はコーチ陣。

一人がめっちゃ話が長いおじいちゃん、もう一人がちょっと話が長いおじいちゃん、で最後が普通に話が長いおじいちゃん。
この3人がそれぞれ話をするもんだから、ミーティングが長い。

まあねぇ、そうは言っても、平日にコーチができるのは、リタイヤしたおじいちゃんくらいですから仕方ないかも。


でも、一つ気になることが。

試合でアタルが打席に立っているのに、おじいちゃんコーチがベンチに向かって、アタル!アタルはどこだ!と。

アタルがピッチャーで第1球目を投げたあと、球審に、今のピッチングカウントは?と。


来シーズン、このチームにアタルを預けて大丈夫かな?

ちょっと、心配になってきました。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

効果のほどは

先週のトーナメントで見かけた光景です。

007_convert_20121004111955.jpg

小さくて分かりにくいですが、走っているのは、4イニングを投げ終わった直後のアタルです。

どこのチームをピッチャーが投げ終わると直ぐにグランドの周りを走らせていました。

試合中にもかかわらず。

投球直後のランニングがどれほど故障予防になるのかわかりませんが、とりあえず、これからも見守っていきます。




テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

身長について

試合がある度に、相手チームの体格のいい選手とアタルの体格を比べて、アタルにもあれだけあればなーと、つい思ってしまうJAYです。

知人の女性から聞いた話ですが、身長と大きく関係があるのが骨年齢だそうです。

彼女は、息子さんが10才のとき、体臭が鼻についたそうです。

病院で調べてもらうと、彼はすでに思春期に入っていて、実年齢が10才なのに骨年齢の方は13才だったそうです。


骨の成長は、一般的に17歳までなので、彼の場合は、あと4年しか身長は伸びないと言われたそうです。

それから3年、現在13才になった彼は、あと一年間でどれだけ伸びるかが勝負らしいです。

ま、例外もあるでしょうけど。


身長について調べると、晩生のほうが最終的には、背が高くなる可能性があるらしいです。

思春期とは、身長が伸びるラストスパートとも言えるそうで、思春期に入るのが遅いとその分だけ身長が伸びた所からラストスパートがかけられるので背が高くなるという訳です。

もし、この話の通りにいくのなら、アタルはまだまだこのままの方がいいはず。

でも、こんな選手を間近で見ちゃったら。。。。

005_convert_20121004120446.jpg


何だか不公平な気がして、野球もボクシングのように体重別があればいいのに、と思ってしまいます。




テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking