Aroldis Chapman

もし「野球が上手くなるコツは?」と聞かれたら迷わず「英語を勉強しなさい」と答えるでしょう。




アタルには「スペイン語を勉強しない」と言っています。

これは野球だけじゃなく、人生を楽しむ為でもあります。
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

レベル6合格

アイススケートのレベル6、無事合格しました。

001_20130221022906.jpg

レベル7が最後のレベル、あと一歩です。

といっても、だいたい皆小学生の間でレベル7まで行くのですけどね。


こちらはパワースケートのレッスン前の動画です。



私が全く滑れないだけに、器用に滑れるようになったもんだなー、と感心しています。


このまま続けてアイスホッケーデビューも考えています。

もう上のレベルに追いつくのは難しいので、お遊びで、の話ですが。


日本には草野球があるように、こちらには仲間と楽しくやるアイスホッケーがあります。

お付き合い程度のレベルまで上達しておくと将来役立つ時がくるでしょう。


それと同じ意味で、今年の夏は、アタルにテニスとゴルフも考えています。

私は卓球をやっていたのですが、卓球は社会人になってからお付き合いでするスポーツではないですね。

特にここ北米では。

学生時代、テニスかゴルフをやっていればなー、とちょっと後悔しています。

V & D大会 初戦

こちらの続きです。

決勝戦は、先発のメンバーのトーマスが休みだったので、アタルが先発しました。

レベルが違う、とはこういうことを言うのでしょう。

ダブルスコアで惨敗。

エリア2位で終わりましたが、ディストリクト大会には進出です。


そのディストリクト大会ですが、8チームのシングルノックアウトトーナメント方式です。

緒戦で負ければ終わりですが、勝てば3位決定戦があり、合計3試合出来ます。


これまで戦いを振り返ると、監督の狙いは初めからこの1回戦突破にあったんじゃないかと思います。

うちのチームは優勝を狙えるレベルじゃないので、ここを突破すれば上出来でしょう。


さて、先発メンバーですが、アタルの姿はありません。

もう見慣れた光景ですが、前日の練習ではすごく調子がいいと聞いていたので、ちょっとがっかりです。


第一ピリオドは、終始相手のペースで10-14、苦しい展開です。

アタルはベンチに座ったまま。


第二ピリオド残り5分(1ピリオドは8分間)、12-14で負けている場面で、アタルの出番がきました。

この日は、いつもと違って積極的にシュートを放ちます。

1本しか決められませんでしたが、堅い守りで相手に許したのは2点のみ。

第二ピリオド終了、22-16で逆転しました。


第三ピリオドも流れはそのまま、リードを広げます。

しかし、ずっとアタルはベンチ。


そして、40-27の楽勝ムードで第四ピリオドを迎えます。

ところが、じわじわと追い上げられに42-38。

ここで、チームで一番背の高いステファンがファウルアウト。

しかも、こちらのファウルは4つ(5つ目のファウルから相手にフリースローが与えられます)。


ここでアタルがコートへ。

ですが、流れを止められず42-42の同点。

盛り上がる相手ベンチ。

浮き足立つうちのチーム。

010.jpg


残り41.4秒、自陣サイドラインからこちらのボール。

ここで監督がタイムアウト、選手に作戦を伝えます。


スローインするのはハンク。

足の速いトーマスにボールを出そうとするのですが、ディフェンスがピッタリくっついて出来ません。

バスケットボールには【5秒ルール】というのがあって、5秒以内パスを出さなくてはいけません。


なかなかボールを出せないハンク。

その時、アタルがディフェンスを振り切りフリーに。

その瞬間、ハンクがアタルへパス、そしてそのままリング下へ向かってダッシュ。

パスを受け取ったアタル、絶妙なタイミングでハンクへバウンドパス。

ボールを受け取ったハンク、レイアップシュート!

これが見事に決まりました。


ベンチも応援席も大盛り上がり。

私も思わずガッツポーズ。

ここ一番、いい仕事をしたなー。


明日は、準決勝。

格上の相手です。

練習通り積極的にゴールを狙ってくれれば、それだけで十分です。

テーマ:バスケットボール - ジャンル:スポーツ

食に気を使う

昨年74kgあった体重が現在70kgになったJayです。

16年前に移民してきた時が67kgだったので、そこまで行けたらなーと思います。


痩せた一番の理由は、食事を変えたことでしょう。

朝食は、クランベリーとアーモンド入りのブラン系のシリアル。

ランチは、特に気を使わずに好物の麺類。

夕食は、野菜中心に玄米と納豆、肉類と油物は控えめ。

料理に使う塩はシーソルト、上白糖は使わずハチミツかメイプルシロップを使っています。

酸っぱいのが苦手なのでメイプルシロップをかけていますが、無糖ヨーグルトを朝晩食べています。

とは言っても、好きなチョコレートは頻繁に食べてますし、我慢してダイエットしているって気はありません。


体重が減った利点は、膝や腰の負担も軽くなったでしょうし、成人病の予防にもなっていることでしょう。

それより実際に毎日感じているのは、お腹の調子が良くなったことです。

もし腸年齢ってものがあるとすれば、30代か20代後半に若返ったような気がします。

まあ無職なので、最低でも体調くらいは改善しないといけませんが。


前置きが長くなりましたが、今日のベールボールアカデミーの講義は、プロテインシェイクだそうです。

市販のプロテインに、果物や栄養価の高い物をブレンダーで混ぜるそうです。


アタルは自分なりに考えた結果、チアシードとクコの実と生姜を自宅から持って行きました。

チョコレート味のプロテインに混ぜる、と言うんです。

生姜はどうやろなー、と忠告したのですが、果たしてどんな味になるのやら。

とにかく、ワイワイガヤガヤ楽しい講義になることは間違いないでしょうけど。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

バンタムAAA(トリプルエー) トライアウトその4

WBC日本代表候補33人は、最終メンバー28人に絞られるそうですね。


さて、バンタムトリプルエーの監督からメールが来ました。

"Congratulations to you, as you’ve made it to the next weekend of Mounties tryouts. "


アタル、前回のトライアウトに合格しました。

たいしたことしてないんですけどねー。


とにかく、また今週末もトライアウトに行かなきゃいけません。

今回何人落とされたか分かりませんが、このまま残り続けると、来月中頃までトライアウトが続きます。


何でこんなにトライアウトが必要なのかさっぱり分かりません。

走攻守のチェックは終わっているのに。。。。

最後の1~2人は選ぶのは難しいでしょうけど。

素人の私と首脳陣とでは、見ている点が違うのでしょうか。

それとも、トライアウトを長引かせることは、何か他の目的もあるんでしょうか。


何れにしろ、また運動量の少ない時間を過ごすのかと思うと、うれしいのやらうれしくないのやら複雑な気持ちです。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

バンタムAAA(トリプルエー) トライアウトその3

土曜日は、バスケットボールのトーナメントと日程が重なったので、私としてはバスケットボールの方に行って欲しかったのですが、野球のトライアウトを選んだアタルです。

前回まで40人ほどいたトライアウト参加者ですが、振り落とされて21人になりました。

15才組みが13名、その内10~12名が選ばれます。

14才組みは8名、選ばれるのは3名です。


今回は、試合形式でした。

アタルは第一番目の登板です。


先頭打者を3球で見逃し三振に討ち取ります。

2番打者は、カウント1-2からインハイのフォーシームで空振り三振。

と、ここまでは良かったのですが、続く打者にはセンター前ヒットを浴び、四球、センター前ヒット、そしてショートゴロ。

打者6人と対戦した所で終了です。


去年の秋から初めて打者に投げたので、こんなもんでしょうね。

相手打者の方も久しぶりにピッチャーと対戦したと思うし。


打つほうは、四球と見逃し三振。

何のアピールもできませんでした。


翌日も同じトライアウトがありましたが、昨日投げたので打撃のみ。

四球、キャッチャーフライ、詰まった当たりのライト前ヒット。

チーム所有の金属バットを使っているせいか、タイミングが合いません。

トライアウトには落ちて欲しいのでこれでいいのですが、ベースボールアカデミーで何してんの?といいたくなります。



親が口を出すのもどうかと思いましたが、最後の打席は、普段使っている竹バットを使ったら、とアドバイスを送りました。

すると、3塁線へ弾丸ライナー。

惜しくもファールの判定(あれは絶対入ってたと本人は言いますが)でしたが、見事な打球でした。

しかし、次の球を打ち損じて、ショートフライ。

結局6打席、たいしたアピールもできなく終わりました。


まあそれは置いといて、最近バスケットボールばかり見ていた私は、野球の間が長いなーと感じました。

ウォームアップとストレッチとキャッチボールを除けば、投球20数球、6打席、守備機会0。

トライアウトと言っても、5時間でたったこれだけの運動量。

これなら、パワースケートやバスケットボールの10分の方がよっぽど運動量が多いです。

まだアタルは神経回路が発達すると思うので、野球以外のスポーツも続けなくちゃと思います。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

前足の使い方 その3

バレンタインデーでしたね。

こちらのバレンタインデーは、男性が好きな女性に花を渡します。

バラの花が人気です。


ですから、日本のように妻や娘からチョコレートをもらったことがないJayです。

いや、もらえるのにくれなかったのかも?

この日だけは、日本式をとりいれて欲しいです。

========================================================================================


投手史上最高額となる7年1億7500万ドルでマリナーズと契約延長に合意したフェリックス・ヘルナンデスの写真です。

FLIX_H~1

スローでみると、やはりリリースに合わせて膝を伸ばしています。


こちらのジャスティン・バーランダーの方が、はっきり膝を伸ばしていくのが分かります。



一方、私の世代でいいピッチングフォームといえば、PL学園の桑田投手です。

kuwata PL

リリース後も膝は曲がったままです。


その桑田投手ですが、メジャーの投球フォームがこちらです。

kuwata mejor

膝が少し伸びていますね。


膝が曲がったままだと、腰の位置も低くなります。

つまり、リリースポイントも低くなります。

これがどういう意味を持つかというと、バットの軌道に対してボールの角度がつかないってことです。

kakudo 2

この絵は、分かりやすいように角度(黒い曲線)が大きいですが、この角度が小さくなればなるほど、ボールの軌道はバットの軌道と近くなり、バットとボールの接点(赤線と青線の交わる所)が長くなるのです。


こんなバッティング練習方法があります。

rope.jpg

壁から伸びている黄色いロープがボールの軌道のイメージですが、このロープに沿ってバットを振ります。
(もう少し角度がある(斜めの)ほうがより実際のピッチャーの軌道に近いと思いますが)


2年前の試合です。

先発のL君が、初回、長短打で4失点、たった11球で降板しました。

どれもみな会心の当たり。

うわぁー、もうマーシールール(コールド負け)や、と思いました。

ですが、急遽リリーフしたアタルは、5回を1失点に抑え、逆転サヨナラ勝ちになりました。


L君もアタルも球種はストレートのみ、配球も同じだったんです。

同じ右投げ、球速は上級生のL君の方が少し速かったと思います。


じゃあ、二人の違いは何だったのか。

コントロールやタイミングなど色々ありますが、一番の違いはボールの角度だったんじゃないかと考えています。


アタルより身長の高いL君ですが、肘が下がり、少しサイドスロー気味の投球フォームです。

これではリリースポイントが低くなり、ちょうど回転式ピッチングマシーンから放たれるボールの角度と似ています。

必然とボールとバットの接点が長くなってしまいます。


ボールの角度以外にも、大事な点があります。

みなさん、真下投げってご存知ですか?

ボールを地面に向かって真下に投げるのですが、こうするとボールを投げる方向と重力が同じ方向なので、肘の負担が少ないのです。

その反対に、ボールを山なりに投げれば、重量に逆らうことになり、肘の負担が大きくなります。

このことから、リリースポイントが高ければ高いほど、それだけ肘の負担を軽くすることに繋がるんじゃないでしょうか。


ところが、日本にはこんな投手がいます。

takeda.jpg

ここまで腰が低いと、逆にバッターも打ちにくいでしょう。


念のためですが、ピッチングの良し悪しは、膝を伸ばすか膝の曲げるかだけで決まるわけではありません。

武田久の例もあるように、自分の体にあった投げ方が一番で、人それぞれだと思います。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

フィジオセラピー

冬休みの間運動を控えたので良くなったひざ痛ですが、またバスケットボールを始めたら痛み出しました。

オスグッド・シュラッター病だと思うのですが、何か他の病気かもしれないし、野球のシーズンが始まるし、このまま運動を続けて良いものかと悩み、フィジオセラピーに連れて行きました。


診断結果は、典型的なオスグッド・シュラッター病とのこと。

予想通りというか、これで一安心です。

054.jpg


アタルはセラピストから、色々なストレッチ方法を教わりました。

この写真はその一例です。

056.jpg

059.jpg

060.jpg

ストレッチに限らずですが、その道のプロに聞くのが近道ですね。


オスグット・シュラッダー病をググッてみると、治療方法は、運動を中止して安静にしなさい、と言うのがあります。

ですが、このセラピストにちょっと違った見解です。

全く運動をやめると、復帰した後にすぐ再発する可能性もあるそうです。

野球なら、膝に大きな負担がかかるキャッチャーはやめて、他のポジションなら大丈夫でしょう、と。

野球をするなって訳ではなく、運動を制限しながら治療していく方針のようです。


最後は膝にテーピングをしてもらいました。

「何色がいい?ピンク?ブルー?イエロー?」

好みの色が選べます。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

トライアウト ピッチングと前足の使い方

前回のトライアウトの後、監督からピッチャー候補16名にメールが来ました。

この中からトリプルエーのピッチャーが選ばれます。

土日で4試合することもあるので、監督はピッチャーが出来る選手を8名欲しいそうです。


監督、ピッチングコーチの見守る中、アタルの番が来ました。

035.jpg

16人のピッチャー候補は、このレベルにくるだけあって、球威があり変化球も持っているピッチャーばかりです。

アタルがとりたてて上手いとは思えません。

どちらかというと、こじんまりしているなー、と印象です。

やはり体格がよく背の高い選手は、それだけで豪快に映ります。


今回撮った写真に、前足の使い方がちょうど映っていました。

39.jpg
前足の赤丸を注目してください。

前足が着地したときは、膝が曲がっていますが、リリースの瞬間にタイミングを合わせて膝を勢いよく伸ばします。


以前はこんな感じで、リリース時は膝が曲がっていて、膝を伸ばすのはリリース後でした。

kuwata hiza



さて、コメント欄には、sevenislandのこんなご意見を頂きました。

『これは末端加速という効果によるものだと考えています。
棒状の物体の端がブレーキを受けても反対側の端は加速することがあります。
例えば両端が同じスピードで運動していた場合、片方の端がスピード0になった時に重心が3/4のスピードに減速するとします、(棒の質量が一定の場合)するともう片方の端は6/4(3/2)にスピードが増します。

「棒」が長ければ大きな効果を期待できますがw
身長の低い日本人選手は?(笑)
ダルビッシュ投手も齋藤祐樹投手も同じような前足の使い方をしますが比較して見てみると面白いです。

前足を伸ばす選手は「パワー」(スピード)を
曲げたままで体重を捕手方向に送る選手は「力」(安定)を効果的に使っています。 』


曲げたまま、伸ばすは、人それぞれ。

本人の投げやすいのが一番だと思います。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

バンタムAAA(トリプルエー) トライアウト二日目

初日がないのは、その日はちょうどバスケットボールのトーナメントと重なっちゃって、バスケットボールのほうを選んだからです。

これまで、何より野球を優先してきたんですが、今シーズンはちょっと違います。

ゴールというか目標がないというか、気持ちがどうも緩んでいます。


それ以外にも、アタルの希望と違って、妻と私は一つ下のランクのダブルエーに入って欲しいのです。

トリプルエーは、春から夏までで70試合以上します。

週末は泊りがけの遠征が多くなります。

学校の勉強がハードになってきているし、私自信も付いて行けるのかと不安でもあります。

去年のリトルリーグは、仕事そっちのけでしたので、今年はゆっくりしたいという本音もあります。


それに、トライアウトに受かったとしても、トリプルエーじゃ控え選手扱いは目に見えています。

ライバルを押しのけて絶対レギュラーを取ってやる!って性格でもないし。

〇〇君はすごいんだよ、ってチームメイトを誉めてばかりする子ですから。


バンタムは14才15才チームですが、トリプルエーには15才の、それも野球が一番上手な子が集まるのですから、体格もそれ相当です。

そんな中にアタルが入ったら、中学三年生チームの中に小学生が入るようなものです。


動物に例えるなら、トラの檻の中に、ネコが入るようなものでしょう。

端っこでミャーミャー鳴いているのが関の山です。


去年の春の身長が152cm、現在が155cm。

たった3cmしか伸びてなくて、思春期とはほど遠いアタル。


今でも全然小さいのに、シーズン中にもどんどん離されていくのは目に見えてます。

トラの檻の中にいるネコも見たくないですが、象の中にいるネコになったら、もうどこにいるのかも分からないし、下手したら踏んずけられちゃいます。


前置きが長くなってしまいましたが、トライアウト二日目、先ずはバッティングです。

空振りしろ、空振りしろ!と心の中で願っていました。

普段竹バットをつかっているのですが、この時はチームの金属を使いました。

慣れてないのか、一巡目は空振り、凡打を連発。

しめしめ。


二巡目は、おぉー!と歓声があがるほどでかいの2発飛ばします。

あちゃー、こりゃアピールになったぞ。


次は守備です。

エラーしろ、エラーしろ!と。

003.jpg

首脳陣にアピールするほどではないものの、無難にこなします。

守備は得意やからなー、へませんかぁ。


最後はベースランニングです。

こちらは期待通り、鈍足を披露。

あはっ(笑)、めっちゃマイナスのアピールやで。


息子のトライアウトの失敗を願う親、ちょっと可笑しな話でしょうか?

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking