DOMINICAN BASEBALL

ドミニカは経済大国じゃないですが、野球には大きな夢がありますね。



これからもっとドミニカ出身の選手が活躍しそうです。
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

信じるか信じないか

小学生の頃は9とP、bとdの区別がつかず、中学生になるまでママの名前のスペルが書けず、九九は未だにあやしいアタルです。

今日は、レポートカード(通知表)をもらってきました。


Bはフランス語だけ、あとは全てA。

姉よりも成績が良いのはおかしな話。

まさか、あの「とり」でAをもらったのか(まだ笑える)。


30分も勉強をすると「ぼく、頭痛いの」って休憩する子なのに。

数々のあほぶりを身近で見てきただけに納得いかない私。


賞状は2つ。

002_20130628072132.jpg

向かって右はGPA(Grade Point Average)という物だそうで、このままの成績を続ければハーバード大学だって入学できるんだよ、と(娘いわく、このくらいの成績は誰でも取れるそうです)。


「じゃあハーバード大学に行ったら?MLBでドラフトされるよりも簡単だよ」と言うと「MLBのほうがかーんたん」と。

それは本当なのか?

お父さんは、その言葉を信じてもいいの?

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

意味のある練習

鶏肉はもも肉から胸肉へ、調理は炒めるから蒸す煮るへ、サラダはマヨネーズもドレッシングも掛けずに食べてますが、体重も体脂肪率もここ一ヶ月変わらないJayです。

アタルは少しほっそりして来たような気がします。

Kはまでですが。


さて、ここ数日バンクーバーは雨です。

アタルにせがまれて、打ちっぱなしへ。

001_20130628055319.jpg

本人は楽しそうですが、「こんな事してて大丈夫なのか」と心配性の私です。


ゴルフで思い出したのですが、結婚して間もない頃、義理の両親からゴルフに誘われました。

「せっかくコースにでるんだったら、打ちっぱなしで練習をしとけばよかった」と言うと、妻は「練習ならコースでやればいいじゃない」と。

つまり実際のコースでは、平らな所は最初のティーショットだけで、打ちっぱなしで練習したってたいして意味がない、と(コース代が安いから言えることですけどね)。


日本では、コースに出るまでに何度も打ちっぱなしに通った私には、とても新鮮な発想でした。

たぶんその影響だと思いますが、アタルに素振りやシャドーピッチングをさせてもあまり意味がないんじゃないかと思っています。


打撃練習では、去年のジョンコーチもベースボールアカデミーのブルックスコーチもピッチングマシンがあるのに使いません。

ひたすらバッピ役で、ボールを投げてくれます。


ピッチング練習は、やはり試合で投げるのが一番です。

でも、その機会を得られるのはほんの一部の子供だけ。


もしアタルがあのままダブルエーに残っていたら、いったい何イニング経験できたでしょうか。

シングルエーに入れてもらって、チャンスを頂いたことは本当に感謝です。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

変化球を投げる

夏休みに入って10日過ぎましたが、こんな自主練習の内容でいいのだろうかと心配しているJayです。


今シーズンはツーシームを練習しているアタル。

遊びでは、SFFやカットボールも投げています。

それは変化球の習得が、いいピッチャーの条件と考えているからです。


マイナーリーグとビッグリーグの違いは、球速よりもむしろ変化球のキレと聞いています。
(現役時代97マイル(155km)投げていたブルックスコーチはAAA止まりでした)

何もこれはプロだけでなく、既にバンタム(14才15才)のピッチャーにもいえます。


日本の少年軟式野球では、変化球が禁止(ですよね?)だと思いますが、どうなんでしょうか。

変化球がダメなんじゃなくて、変化球の投げ過ぎがダメだと思うのですが。


それに変化球といっても、カーブとツーシームでは全然肘への負担が違うし。

アタルの投げるリトルリーグチェンジアップは手首を捻らないし、フォーシームよりも負担が少ないと思っています。


バッターにとっても早いうちから変化球に慣れておくことは良い事だと思いますが。


私、ストレートで真っ向勝負できるピッチャーって、例えるなら100mを10秒台で走れる才能と同じとなんじゃないかと。

それはもう先天的なもので、努力したって誰もができることではないと。


ところが、変化球に関しては、努力次第で誰でも上手に操れる可能性はあるんじゃないでしょうか。

もしそうなら、早いうちから投げさすべきだという考えなんです。


肘の負担が少ない変化球を選び、キチンと投球制限をしていれば、なにも禁止することはないと思いますけどね。


テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

チームメイト

去年お世話になったリトルリーグ、HCLLのオールスターの練習のお手伝いに行きました。

そこには、去年のオールスターメンバーのスティーブン、マテオ、コールも来ていました。


スティーブンはアタルを見つけると「アタル~」と近寄ってきて抱きしめます。

微笑ましい光景です。

一緒に世界大会に行った仲間は、一生の友だちとなるでしょうね。


練習は、アタル、スティーブン、コールがバッティングピッチャー役を代わる代わる務めます。

この三人は世界大会で先発したピッチャー。


アタルは、右の変化球投手。

スティーブンは、右の本格派。

コールは、左のサイドスロー。


同世代では、トップレベルの三人。

今日は、いいバッティング練習ができたことでしょう。


地区大会は、7月6日から。

2年連続リトルリーグ世界大会出場を目指して頑張ってね。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

左肩が下がる

夏のバンクーバーはとても過ごしやすく、山も湖もビーチも近くにあり、日本人の私からすればここに住んでいるだけでバケーション気分に浸れます。

まぁその分秋冬は雨の日が多く、気分は沈みます。

上手くバランスが取れているんですね。


さて、決勝戦で5イニング66球投げたアタル。

翌朝は、右脇の張りを訴えます。

こんな所が張るなんて、バランスが悪かったのか、力みすぎたのか。

とにかく、いつものようにノースローデーで様子を見ることに。


右腕は使えませんが、下半身の強化ってことでいつもの山へ。

ここは小川のせせらぎや鳥の鳴き声が聞こえるのでお気に入りの場所。

アタルはトレーニング、私は癒されるので一石二鳥です。


2時間ほど歩き回ったあとは、PBL(木製バットのリーグ)観戦。

002_20130624063225.jpg
005_20130624063230.jpg

アタルが17才になった時、このレベルでプレーができるのだろうか。


その後、秋から始まるバスケットボールの練習。

去年は控えに回されたので、今年は頑張らないと。

でも、身長差は去年より広がっていると思うので、かなり厳しいはず。


夕食後は、テニス(この時期のバンクーバーは夜10時頃まで明るいんです)。

山歩きの時アタルの後姿を見て気付いたのですが、アタルの左肩が少し下がっています。

右投げ右打ちですから、左半身より右半身を使い過ぎているのが原因かもしれません。


テニスは左打ちなので、サーブ練習をたくさんさせました。

右を使い過ぎているから左を使わせる、って単純な発想ですけど(自嘲)。


つくづく野球ばかりするのは、子供の成長にはよくないと思います。

右投げ左打ちなら多少バランスは取れるのかもしれませんが、右投げ右打ちだと使うのは右側ばかりです。


左右のバランスは、お父さんお母さんが気付いてあげないと本人はなかなか分からないと思います。

打撃やピッチングのパフォーマンスが悪くなった時、一番最初にチェックするのは体のバランスではないでしょうか。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

勝ちましたが

バナナアレルギーに続いてリンゴアレルギーも克服したJayです。

これが普通で、今までが不健康な生活習慣を送っていたってことでしょうね。


さて、昨日の決勝戦に勝ち、監督代行を無事終えホッとしていますが、何か物足りなさも感じています。

アタルを早めに下げて、3番手か4番手のピッチャーを登板させるべきだったんじゃないかと。


野球は子供の遊びですから、より面白く演出するのが大人の役目だと思っています。

面白くするためなら審判や監督は、少しくらいのオーバーアクションは必要なスキルと思っているくらいです。


アタルとは小さい頃から色んな遊びをしています。

よく勝ち負けをつけるんですが、私がギリギリの所で勝つように手加減をします。


あと少しの所で負けたアタルは「もう1回」と必ず言います。

で、次は負けないように少し工夫してきます。

もし私が大勝すると「もうやりたくなーい」という性格ですから。


たまに手加減し過ぎて負ける時がありますが、その時のアタルの喜びようっていったらもう半端ないです。

どんな勝負でもこれを繰り返すことで、子供は上達していくと思うのですが。


私の考えは極端かもしれませんが、野球も大差で勝つくらいなら、僅差で負ける方を望みます。

それが上達の原動力になるからです。


シングルエーのアタルの投手成績は、20イニング投げさせてもらって2失点。

チームの1試合の平均失点が8点台ですから、極端に低い数字です。


先発した3試合は、全て5イニングでマーシールール(コールド勝ち)の圧勝。

これじゃアタルだけでなく、チームみんなにも緊張感はなかったかもしれません。


大勝で皆はご機嫌なのですが、果たしてそれが本人たちの為になったのかと。

負け続けているチームからすれば、何を贅沢なことを言ってるんだ!と怒られそうですが。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

ヤシエル・プイグ

ヤシエル・プイグ



彼はまだ22歳。

すごい選手が現れました。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

プレーオフ決勝戦

前日、監督に「アタルは次の試合にとっておきませんか?」とメール送ったのですが、却下されました。

アタルが投げなくても勝てる力はチームにあると思うし、私、接戦が好きなんですけど。


先発のアタル。

今日は投球制限一杯の85球まで、と監督からの指示。

球数を抑えるため、下位打線はど真ん中のフォーシームで打たせて取る作戦。


下位打線にヒットを打たれます(あれ?)が、無失点のピッチング。

5回の裏の攻撃、9-0でリード。

ワンアウト、ランナー2塁の場面でアタルの打席。


センター前へ弾丸ライナー。

こんな時は必ず打つんだよね

センターがワンバウンドのボールを弾いた間に2塁ランナーが還って10-0、マーシールール(コールド勝ち)!


下位グループでも、優勝は優勝。

皆大喜びです。

024.jpg
(ヤンキー座りしていてメンチ切ってるヤツがいる)


チームに入る前は「エラーが多いよ。打てないよ」「順位は下から2番目だよ」と聞いていたのですが、エラーも少なかったし、皆よく打ちました。

アタルはこのチームに入れてもらって、本当に良い思いをさせてもらいました。

このレベルでアタルが投げるのは、ちょっと卑怯な気もしないでもないですが。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

調整

日曜日の試合で76球を投げたアタル。

月曜日はノースローです。


野球肘予防についてネットで調べると、ピッチングフォームの改善やストレッチなどが出てきます。

ですが、最も有効なのはノースローだと思います。


シャドーピッチングもしない、ボールも触らないことです。

言うのは簡単ですが、野球好きで練習熱心な子供にはそれが一番難しいことかもしれませんね。


幸い(と言っていいのか分かりませんが)アタルは練習熱心じゃないし、野球の変わりにテニスで体を動かしたので、十分運動はできました。

野球以外のスポーツをやっていると、こんなメリットもあるかもしれませんね。


火曜日の午前中は山歩き、午後からはまたテニス。

そしてワークアウト。


夕方は、サマーボールのトライアウト。

前回と違って14人が来ました。

うち12、13人が合格とのこと。

何とも緊張感のないトライアウトです。


水曜日はノースローデー。

夕方から決勝戦に向けてチームのバッティング練習。

バッティングケージで一人10分の打ち込みと5分程度のウィッフルボール打ち。

守備練習は、今更やったって進歩はないだろうってことで無し。

この緩い感じがシングルエー。

アタル、トライアウト受かりました。


木曜日は一日中雨。

入念なストレッチとバランスドリル。

小雨になったところで散歩。

またまたノースローデー。


明日は決勝戦。

先発予定のアタル。


今週は硬式球よりテニスボールを打つ方が多かった。

水、木と一切ボールを投げてない。


ちょっと調整不足が気になります。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking