一件落着

学校から帰ってきたアタルに「バスケットボールやめたいって?」と質問。

「。。。。。」

「どうしてやめたいの?」

「。。。。。」

「今日の試合はいくの?」

「ぼく、もうやりたくない」


「OK.じゃあ、どうしてやりたくないのか教えてくれる?」

「。。。。。」

「昨日の負けがショックだったの?」

「ぼく、チームのためにならないから(勝ちに貢献できない)」

「はぁ?誰が(アタルの活躍を)期待してると思ってるの?」


「あのね、一年中バスケの練習をやってる相手に、たいして練習もしてないあんたが勝てる訳ないでしょ」

「。。。。。」

「たとえば、今壁にぶち当たってるとしよう。で、その壁を避けたいって訳ね?いいよそれでも。君が決めることだから」
「だってバスケットボールはメインのスポーツじゃないし、野球なら頑張れるけど。。。。」


「OK. じゃあ、サッカーをやめてバスケットボールを始めたキッカケって何だったかな?バスケットボールの方が野球の練習になるからでしょ?ここでバスケットボールやめるってことは野球の練習をやめるってことになるんじゃないのかな?」

「。。。。。」

「やめたいっていうのは、怪我とか故障じゃなくて気持ちの問題だよね?じゃあ、それでも頑張って続けるのはメンタルトレーニングにならないかな?」

「。。。。。」

「さっ、試合に行く用意をしなさい!」

「はいっ」

物分りのいいアタル。


数時間後、試合から帰ってきて、妻が興奮気味に「華麗なプレーを決めたのよ」って。

すると、それがどんな状況で、その時どういう動きをしたかを私に身振り手振りで説明するアタル。


楽しそうじゃん、おまえ


試合に行く途中はゴネてたらしいんですが、試合後は元気になったそうで。

もうしばらくバスケットボールは続けることで収まった感じです。
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

岐路

試合の帰り、私もアタルも一言もしゃべらず。

いつもの車中なら「なんであーしたんだ」とか「あそこはもっと積極的に攻めれないの」とか試合の反省会をするのに。

それはまあ、何とか頑張れば追いつける差と思ったからですが、今回は私がどうのこうの言ってどうにかなる差じゃないんです。


身長差、身体能力の差って、頑張ってすぐどうにかなるもんじゃないし。

どんな言葉をかけても、臆病な性格は簡単に治るわけでもないし。


家についても一切試合のことには触れず、そのまま就寝。

で、今朝妻に

「ぼく、バスケットボールやめたい」って。












テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

2014 バスケットボール初戦

ついこの間言ったばかりの「スラーっとしてきた」って話。

あれ、訂正します。


バスケットボールのコートに立ったアタル。

いやもう笑っちゃうくらい、ずんぐりむっくり。

8頭身9頭身あるような子の中で、アタルだけ5頭身。


背が小さいのに頭がでかい。

身体能力が低い上に、いつもの臆病な性格がでてしまっては、パスは通らない、ボールはキープできない。


比べちゃいけないんでしょうけど、娘はね、この頃は二つ上の学年のチームに入っても全く引けを取らなかったので、どうして?思ってしまうんです。

顔は小さく手足は長く8頭身の娘とずんぐりむっくりの5頭身のアタル。

妻似と私似?

私、ずんぐりむっくりじゃなかったですけど、もし中学の時にバスケットボールをやってたら通用する選手になってたかと言えば、それはNOですね。

だからまぁ、アタルが普通というか仕方がないんですけど。


バスケットボールもG9(中二)になれば、170cmからって感じで、その中で159cmのアタルは極端に小さい。

ある強豪チームなんか、ダンク出きる子が3人もいるそうで。

そりゃ、野球の合間にバスケットボールをやっているアタルと、一年中メインでやってる子との差は開くのは当然ですよね。


バスケットボールは今シーズンが最後かも。

そろそろ野球に専念しろってことかもしれませんね。


テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

リクルート

来シーズンのアタルの選択肢は2つ。

一つはPBLのJr.NSツインズ(クラブチーム)。

こちらは木製バットで塁間も本来の長さ。


もう一つは、バンタムのトリプルエー(コミュニティーリーグ)。

こちらも来シーズンから木製バットになるという噂、塁間は少し短め。


この二つ、何が違うのか。

Jr.NSツインズの方は、15才と16才の編成で、選手は18名。

15才のアタルは、試合の出場機会がどれだけあるか分からない。


トリプルエーの方は、14才と15才の編成で、選手は12、3名。

年上のアタルは、かなり試合に出られるでしょう。

ピッチャーでもショートストップでも好きなポジションを守らせてもらえるでしょう。

と、これだけ見ればトリプルエーかなーと思いますが、選手の質、コーチ陣の質がちょっと。。。。


で今日、トリプルエーの監督からアタル宛に勧誘のメールが。

去年シングルエーを選んだ時、知り合いのお父さん(息子がトリプルエー)から電話で忠告を受けたんです。

「シングルエーに行くと来年トリプルエーには来れないぞ!レベルが違いすぎる。それに(トリプルエーの)監督はシングルエーの子が嫌いだから」

何だったんでしょう、あれは。


つまりまぁ、どこのチームに入ろうが、本人さえしっかりやれば、見てくれている人がいて、いずれ声を掛けてくれる訳で、強豪チームに入る=いい選手になるって訳じゃないんですね。

もし声が掛からなかったとしても、指導者を恨むんじゃなくて、それはまだ本人の努力が足らないってことでしょう。


お誘いは有難いんですが、どちらかというと私の気持ちはJr.NSツインズ。

試合をたくさん経験させるのはもうちょっと後でもいいような気が。

今はまだ、しっかり体を鍛えさせたい。

夏は野球じゃなくて、お前は登山部か!って言われるくらい山歩きをさせたい。


アタルの方は、親友からトリプルエーに誘われているみたいで迷っている感じ。

そりゃ、試合に出たほうが楽しいもんね。

Jr.NSツインズなら、楽しくないトレーニングが待ってるもんね(←本人には伝えてませんが)。


さぁーて、アタルくんはどちらを選ぶんでしょうか?




テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

遺伝

この時期には珍しく晴天が続いているバンクーバーです。

今日は散歩がてらに、妻と二人でピッチアンドパットを。

子供のこと、実家のこと、色々話をしながら。


ゴルフは独身の頃に付き合いでちょっとやった程度。

妻もまあそんな感じなんですが。。。。飛ばす。

ちょっと悔しい。


手足は私より大きいし、骨格がガッチリしてるもんな。

焼肉食べ放題に行ったら私よりも食うもんな。

女性料金しか払わなかったのは、ちょっと申し訳ない気もする。

例えば、男性2980円、女性1980円、子供(小学生以下)1200円なら、白人5000円。

これが適正価格かも。


14才と6ヶ月にして二次性徴に入ったアタル。

ぽちゃぽちゃした柔らかい体だったのに、スラーっとしてきた。

頼むよ、ママに似てきてね。



テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

倍増

学校のバスケットボール部のトライアウトに受かったアタル。

その部活費用の請求書が届きました。


5万2千4百円($1=¥100換算)也。

公立の学校でこの額はちょっと高いなー。


11月から来年3月まで、その間冬休みがあるので、実質の活動は4ヶ月あるかないかなのに。

去年も高いなーと思っていたんですが、今年はその倍以上。


アタルにとってのバスケットボールは、野球のオフシーズンの間のトレーニング的な意味ですが、バスケットボールをメインのスポーツとしてやってる子は、これからが本番です。

で、その中のある子の親が色々裏で動いているんです。

学校のバスケットボールに全てを賭けていると言うのか、息子にいい思いをさせたいのでしょう。


マネージャー役を買って出て、コーチには自分の息子のプライベートコーチを招き入れるし。

去年は1度しか参加しなかった週末のトーナメントを今年は5回も予定に入れるし。


その内一度は遠征で、ホテル代の負担は分かりますが、コーチの遠征費用まで保護者の負担です。

その上、コーチ二人分のガソリン代までしっかり請求書の内訳に入っています。


まいったなー。

学校のバスケットボール部なのに、これじゃプライベートのクラブチームのような内容です。


ぶつぶつ不満を言ってる妻の話を聞いたアタル。

「ぼく、バスケットボールしなくていいよ」って。


あーあ、アタルに気を遣わせることになっちゃった。

娘は大学費用捻出の為にスカラシップの申請をせっせとしているようだし。

親が頼りないと子供はしっかりするもんですね。


テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

制御装置

「先々週も先週も4ゴールしたよ」っていうアタル。

いやいや、アイスホッケーを始めて二ヶ月も経ってないやろ、そんな簡単にゴールを決められるわけない、と半信半疑で観戦。


えっ!?(スケーティングが)はやっ!

(守備も攻撃も)積極的!

あそこにいるのは、あの臆病者のアタルなの?


幼稚園にあがるまでは、滑り台は怖がるし、おしりは拭けなかったし。

小学生になっても、dとbの区別がつかなかったし、数字は1、2、3、4、5、6、7、8、Pって書くし。

サッカーをやったら、フリーでシュートが打てるのにパスを出すし。

ピッチャーでは、味方のエラーがあって失点すると「ぼくのせいで負けちゃう」って泣き出すし。

プレッシャーと緊張から、バッターズボックスに入る直前ゲロを吐くし。


この日は1ゴールしか決められなかったけど、常に攻めの姿勢。

初めて見ました、勇ましいアタル。


「どうしたの?」って聞くと「プロテクターをつけてるから怖くないの」って。

そうか

今まで恐怖心から無意識にリミッターが働いていたんだ。

それがプロテクターをつけることで、リミッターが解除されたんだ。


バッターズボックスでは3、4回頭に当てられてるし、死球が怖いっていつも言ってるもんなー。

ピッチャーズマウンドでは、ピッチャー返しが怖いって言ってるもんなー。


野球ではリミッターが働いているのかなー。

もしそうなら、リミッターが解除してあげたいな。



双葉高校野球部

助っ人外国人じゃなくて、助っ人スキー部?

スゴイ、漫画みたい。



「ダーーディ、こっちきて」ってバスルームからアタルが私を呼びます。

行ってみると、真っ裸で突っ立って「ねぇ、腹筋みて」って。

ちょっと割れてきたような、でもそうでもないような微妙な感じ。


「ちょっと割れてきたかな」と言いながらも私の視線はお腹から下の方へ。

おっ!?淡い肌色だったKN玉が少し黒ずんでいるし、大きくなってる。


待ちに待った二次性徴が始まった。

お赤飯を炊いて祝いたい。


ま、急に筋肉がついてきたり、食欲が出てきたりとそれなりの兆候はあったわけですが。

いざ、こうして目視で確認できると嬉しい。

淡い肌色が黒ずんだだけでなのにね。


早熟な子とはかなり体格差は開きましたが、これで底を打ったというか。

今度はこちらが追いかける番。

バランスドリルも十分してきたし、ストレッチだってご覧のとおり。

009_20131123070015acb.jpg

随分柔らかくなりました。


来シーズンはベンチだなー、と諦めていたんですが、ひょっとしたらひょっとするかも。

このオフシーズンは、期待に胸を膨らましながら開幕を待つことができるかもしれません。






















テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

狭き門

アタルから聞いた話です。

北米では、高校生からMLBにドラフトされる確率は0.5%。

大学で野球を続ける確率は5%台。

NCAA(全米大学体育協会)からドラフトされるのは10%なんだそうです。

結構高い確率だなーと思ったのですが、NCAA(の1部リーグ?)で野球をすること事体が相当難関なのかも。


ドラフト1位選手がメジャーに上がれる確率は70%。

それが下位指名(ちょっと定かではありません)になると10%。

同じドラフトされるのでも、上位じゃないと相当厳しい現実が待ってます。


ちなみに、来シーズンから参加するPBL(15才~18才)からは、過去10年平均で、9人/年ドラフトされています。

1チーム18名、合計13チームありますから、PBLからドラフトされる確率は3.8%。


今年のPBLのNSツインズからは、L君が12巡目でドラフトされました。

契約金で買った黄色いマスタングに乗って、室内練習場に現れたそうです。

やっぱり良い体してるってアタルが言ってました。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking