筋肉痛

いきつけのカイロに連れて行って来ました。

先生曰く、違和感のある場所からしてただの筋肉痛でしょう、と。


腱や靭帯じゃなくて、ホッとしました。

ただそうなった原因は、体のバランスが崩れていて、ストレスがかかったからだと。


日本旅行から帰ってきてすぐアメリカのトーナメントでしたら、無理をさせたのが原因かもしれません。

もしくはトレーニングの疲れがまだ残っているのかも。

とにかく今日もノースローで、ゆっくり体を休めることにします。


ただ今、妻とお姉ちゃんと一緒に映画を見に行っています。

土曜日の、こんな晴れた日にグランドで練習をしなくていいのかと心配になりますが、

ま、焦っても仕方ないし。


明日の試合は先発ですが、絶対無理をせず、何か感じたらすぐに降板するように伝えました。

試合の勝ち負けよりも、体の方が大切ですからね。


三歩進んで二歩下がる。

なかなか一直線には前へ進めませんね。
スポンサーサイト

黄色信号点滅

昨日16才になったアタルです。

ぶっきらぼうだし、ニキビはできてるし、むさ苦しい男になってきました。

それを待ち望んでいたのですが、あの可愛いアタルの面影が薄れていくのは正直寂しいです。


さて、前回の試合なんですが、試合が一方的になったので、

ベンチメンバーも途中出場したのですが、アタルだけ出なかったのです。

後でその理由を聞いてみると、ボールを投げた時に肘に感じたって。


はぁ、、、、、


1月にやった靭帯損傷ではなく、オーバーユーズによる肘の内側の痛みでもなく、

ただ感じると。


はぁ、、、、、、


スポーツやってんだから、どこかしこは違和感があるはず。

それがヤバイものなのかそうでないのかくらい区別がつかんのかな。


感じる感じるって言われても何をどうしていいのやら。


日曜日の試合、どうしよう。

チーム内競争

現在8勝6敗でリーグ3位のチーフス。

昨日の対戦相手は、5ゲーム差をつけられているリーグ2位のツインズ。

前回はコールド負けを喫しています。


アタルはベンチ。

それ、正解!


相手はアタルのことよく知っているのでみくびってきませんから。

相手に隙がなければアタルが活躍する確率は低いわけで、

まだその程度の選手なんです。


で試合結果は8-1の完勝。

先発のJT君、4回までノーヒットの見事なピッチング。


彼、去年の秋からグッと伸びています。

BCJPBLのピッチャーの中では別格の存在になりつつあります。

上のシニアでも十分通用しそうです。


アタルは次の日曜日に先発するそうです。

JT君に負けないように頑張れば結果は自ずとついてきます。


すぐ近くに素晴らしいお手本がいてラッキーです。

トライアウトに受かる条件

昨日月曜日はチーム練習休み。

まぁね、トーナメントで疲れているからね。


今日火曜日もチーム練習休み。

明日はリーグ戦で、前回はコールド負けした相手なのに。


このゆるい感じ、いいねー。


さて、先週のトーナメントでは4試合で計10数名のピッチャーが登板しましたが、

数字的にも内容的にもアタルのパフォーマンスが抜きん出ていました。

でもね、もしこの同じメンバーでトライアウトを受けるとすると、アタルは間違いなく落っこちます。


受かるのは背が高く、スピードガンでそこそこの数字が出せる投手。

コントロールとか変化球とかピッチングフォームとか全く関係なし。

試合でどれだけ四死球連発しようが、独り相撲のピッチングをしようが全く関係なし。


試合に勝つ投手=トライアウトに受かる投手じゃありません。


何度も言ってますが、アタルの評価は以下の通り。

監督やコーチのバカ息子よりも下。

監督に媚びる親のマザコン息子よりも下。

たいして練習をしない体が大きいだけの力任せよりも下。


来週はトライアウトがありますが、どうせ受かんないから行くのはやめ。

そんな暇があったら、メシを食わせて寝させて、体を大きくすること。

大きくさえなりゃ、チャンスはもらえるんです。


クッソー(失礼)、絶対にアタルの体を大きくしてやるぞー。

アートライトトーナメント 三日目

アタルがトーナメントで活躍するのはなにも強運だからじゃありません。

ただちっちゃいから相手がなめてかかってくるからです。


打撃なら相手ピッチャーは力でねじ伏せようとしてくるのでイチニサンでバットを振れば良いだけで、

ピッチャーの時は剛速球を投げる訳でもないので簡単に打ち崩せると思うんでしょう。


さて、これを負けたら予選敗退確定という大事な試合の先発を任されたアタルです。


相手先発ピッチャーは、チーム一ニを争う背の高さの速球派投手。

バッターは1番から9番までガタイのいい選手。

しかも全員金属バットを使用。


一方こっちの先発は、チーム一ニを争う背の低さの特別速くもない球速のアタル。

選手の半分は木製バットを使用。


試合をやる前から勝敗は見えているといういつものパターンです。


ですが、結果7-1の完勝。

アタル、完投。


ねっ、やっぱり。


投球内容は、

7回 失点1 自責点0 被安打3 四球2 奪三振7 投球数97


2週間ぶりの投球だったのでフォームがバラバラでしたが、

アメリカならではの広いストライクゾーンに助けられました。

あとアメリカの球審はカナダの球審と比べて、よく変化球をストライクに取ってくれるんです。

それが結構効きました。


アメリカの球審大好き!


午後からの試合も勝って、予選ラウンド3勝1敗で終了。

ですが、初戦で負けたチームが4勝だったので、うちは予選敗退となりました。


昨日の二つのミスは最後まで響きました。

試合は4-5で負けたんですが、そのうち2失点はランナー3塁でピッチャーがボークで失点、

それとツーアウトランナー1塁3塁で、

1塁ランナーの盗塁にキャッチャーが2塁に送球した間に3塁ランナーにホームに還られて失点。


普段は投げないんですが、こんなときに限ってなー。

1位の得失点差は+9点で、うちの得失点差は+15点なのになー。

下手くそな野球をしました。


アタルは相当悔しがっていました。

勝ってたら、月曜日も学校休めたのにーって。


私は全然OK。

完投したし、打つほうでもいい当たりを打ったし。

それに決勝トーナメントに行ったとしてもアタルは絶対投げないし、

野手で使ってもらえるかどうかも分かんないし。

だったら、学校へ行ってるほうが全然マシ。


さぁ、勉強頑張ってくださいな。

アートライトトーナメント 二日目

5チーム中1チームしか決勝トーナメントに進出できないので、

昨日の敗戦は非常に痛いです。

勝てる試合でしたが、ミスがことごとく失点に繋がったのが敗因でしょう。


さて、今日の試合、アタルはセカンドで先発です。

結果は10-5で勝利。

ね、アタルを使うと勝つんですよ。

(本当は相手に恵まれただけです)


試合には流れってものがありますよね?

やることなすことが上手く行く時もあるし、

裏目裏目の時も。


昨日の試合、4-5で1点を追う5回の裏の攻撃。

相手投手は、この回から登板のヘボピッチャー。


先頭打者がダブル、次が四球、

で次の送りバントがオールセーフでノーアウト満塁。


こりゃ最低でも同点、逆転は間違いない、

いや大量点の可能性もあるぞと思っていたのに、

1-2-3のダブルプレーを喰らって無得点。


これを打った打者は、私の中ではずっと前から一番評価が低い選手。

成績だけ見ればそこそこなのですがここぞに弱く、

守備でも打撃でも流れを相手に渡すタイプの選手。


だから、アタルを使えよ、と。


で今日の試合、2回を終わって7-0と大量のリード。

こりゃコールドだな、と思っていたらコツコツ点を取られて7-5。


勝ってるものの試合の流れは完全に相手のペース。

いやーな展開。


6回の裏の攻撃。

ワンアウトランナー1塁2塁。

ここはどうしても追加点が欲しい所。

相手にしてみれば、絶対に追加点をやってはいけない場面。


打席にはアタル。

相手はピッチャー交代。

軟投派から速球派へ。


ここでステップ監督がアタルを呼び寄せ、なにやら耳打ちを。

木製バットから金属バットに持ち替えるアタル。

(このトーナメントは金属バットOK)


カウント1-0からの2球目、

アタルの打球は三遊間真っ二つ。


当たりが良すぎて2塁ランナーは帰れなかったのですが、

与えた精神的ダメージは大きいはず。

その後3得点で、試合の行方は決定。


ま、派手な活躍はしませんが、ここぞという大事な場面では結構信頼できるんです。

たぶん本人は、大事な場面だってことが分かってないので、

変な緊張感がないんでしょう。


明日はダブルヘッダー。

決勝トーナメントの進出はどうか分かりませんが、

アタルを使えば必ず良い働きをしますから。


監督さん、どうか私を信じてアタルを先発で使ってくださいな。

ラッキーボーイ

日本ではアシックスのスパイクを買い、

P革も買うと無料で取り付けてくれました。

このサービス、私の感覚では3000円くらいの価値があります。


つまり、スパイク代+P革代-3000円=お買い得感いっぱい


しかも仕上がりがきれい。

ちなみにP革ですが、こちらでは見かけません。

なーんにもしてないので、つま先がボロボロです。


さて、トーナメントの初戦ですが、

うちは必勝態勢で、JT君が先発です。


初回2点を先制しますが、その後は一進一退。

残塁の山に、エラーと四球で失点するという悪い流れ。

最後は土俵際でうっちゃられたような感じで負けてしまいました。


やはり日曜日のホテルをキャンセルして正解だったかも。


アタルは出番なし。

私はね、トーナメントにこそ、アタルを起用すべきだと思うのです。

初対面の相手は必ずみくびってくるので、ラッキーボーイ的存在になるんです。

しかも、先発で投げた試合はほとんど負けなし。


でも、そんな過去を知っているのは私だけ。

まだまだ現首脳陣から信頼は得ていません。















おニュー

日本に行っている間のチームの成績は1勝2敗。

申し訳ないようなうれしいような。


「アタルが抜けたのは痛いな」と思ってもらえたらラッキーですが、

それはそれでそれを証明しなくてはいけないと思うとプレッシャーに。


日本行きを決めたのは去年のことで、

その時点ではアタルが先発になるなんて思ってもみなかったので。


さて、今の所打撃成績は、10打数2安打。

バット二本折ってます。


ヒット1本あたり$140の出費。

めちゃくちゃ高くつくヒットだなー。


今日はバットを買いに行ってきました。

009_20150522090608839.jpg
010_2015052209060999d.jpg


カナダ製のサムバット。

このモデルは、バリー・ボンズが使っていたものです。


ボールを打った感じでは、以前使っていたマルッチよりも反発力は高いようです。

打球音もサムバットの方が好みです。


トップバランスとかミドルバランスとか、

グリップの形がどうのとか色々ありますが、

何本もバットを折りながら自分に合ったタイプが見つかるのでしょうか。


それまでいったいいくらお金がかかるのやら。

日本旅行

先週から家族で帰省していました。

いやもう帰省というより、私も含めて日本へ旅行に行った感じです。


アタルには学校も試合も休むませたのでちょっとなーと思ったのですが、

こうでもしないとなかなか家族揃っては出かけられません。


さて、帰国そうそう今週末はケント(シアトル郊外)でトーナメントです。

アタルの感覚が麻痺しないように、過密なスケジュールの合間を縫ってキャッチボールをしたり、

関空へ行く途中の和泉橋本駅で下車してバッセンに立ち寄ったり。

一度はタクシーを使ってバッセンに行ったら、「そんな人おらん」と店員に笑われたり。


トーナメントですが、31チームが参加。

6つのプールに分かれて総当たり戦を行い、月曜日が決勝トーナメントです。

決勝まで勝ち抜くと、金~月の4日間で7試合戦う事になります。


うちにはそんなにピッチャーがいないので、決勝の心配はまぁ必要ないでしょう。

という訳で、日曜日の宿泊はキャンセルに。

(監督さん、すみません)


アタルですが、プラス面はこの旅行で体重が少し増えこと。

マイナス面は完全な練習不足。


学校の勉強もあるし、ちょっとアタルには無理をさせたかなーと心配です。

エネルギー源

レギュラーシーズン、オールスター、フォールボールと、

合わせてこれまで19チームに所属してきたアタルです。


その中で延べ60人ほどの監督とコーチに出会いましたが、

アタルを高く評価してくれた人は、その内二人です。


たいていは、監督やコーチのバカ息子よりも評価が下、

役員の息子やゴマをする親の息子よりも評価が下、

体だけがデカイ役立たずよりも評価が下なんです。


それが悔しくて悔しくて、いつか見返してやるぞ、というのが私の原動力なんです。


それには、パッと見た目で分かるように体をデカくするのが一番。

今年、ある監督のバカ息子の〇〇とゴマすりママの息子の△△を抜かしました。

次は、小さいアタルを小ばかにしていた××と??。


それから、次は##で、その次は▽▽。

こいつらは、二次性徴がとっくに終わってるから、あとは時間の問題。


さらにその次は、えーと、、、、


まだまだたくさんいるなー。


反骨心というは、結構強いエネルギーで、

これがあるから苦しいことにも耐えられる訳で。

ことごとく抜き去った暁には、おそらく復讐心が感謝に変わる訳で。


最終的にそうなるように持って行くには、日々の努力を怠ったらいけない訳で。

そうなるには、定期的に悔しい思いをしたほうが、かえって良い訳で。


アタルにはこう言ってます。


「ちょっとくらい上手くたって試合に使ってもらえないから。

誰が見ても圧倒するパフォーマンスをして、初めて平等に使ってもらえると思いなよ」
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking