正しいボールの避け方

ある地方大会の決勝戦での出来事です。

最終回の攻撃ですが、追い上げムード。


ここで内角ベルト付近のボール球が来ました。

打者はエビのように後ろに下がってそれを避けました。


このプレー、こちらの監督なら怒ります。


さて、リーグ戦も残り4試合となりました。

今日の対戦相手は首位の強豪ブレイズ。

勝っても負けてもブレイズの首位は変わりませんが、うちは4位に転落する可能性が残っています。


そんな大事な試合なのに、先発メンバーには???な選手が数名。

2回の表、危惧していた通り、???のエラー連発で2点を先制されます。


2回の裏、ツーアウト3塁からアタルのタイムリーヒットで1点。

3回の裏、さらに1点追加で2-2の同点。


せっかく追いついたのに、また???のエラーと怠慢プレー連発で一挙7失点。

さらに5回の表にも3失点で12-2。

コールド負けの匂いがプンプン。


ところがその裏2点を取り、13-7で迎えた最終回(7回)、

一挙6点を取り13-13で延長へ。


9回の裏の攻撃。

この回の先頭打者は2番打者。

アタルは7番打者なのに、既にヘルメットを被り手袋をはめて気合十分。


ワンアウト後、連続ヒットで1塁3塁。

ここで相手は5番打者を敬遠で満塁策。


6番打者、空振りの三振。

これでツーアウト満塁。

回ってきました、アタルまで。


ちょっと話はそれますが、こういう場面ではめっちゃアタルは強いんです。

過去2回あったサヨナラのチャンスもきっちりものにしています。

私が言うのもなんですが、試合の流れからして必ずアタルが決めるでしょう。


初球、高めのボール球に手を出し空振り。

<あぁ、ちょっと打ち気がありすぎだなぁ>


2球目、変化球が外に外れてボール。

<次来たストライクは絶対に振れよ>


三球目、フォーシームが内角へ。

アタル、クルッと身体をキャッチャー側へ回転。


めちゃくちゃ速い球が、背中へドーーーン!


サヨナラー


<ねっ、決めたでしょ>


チームメイトから頭をパンパン叩かれ手荒い祝福を受けるアタル。

背中が痛いんですけどね。


それにしても首位のチーム相手に12-2から逆転勝ちするなんて。

しかもこっちはエラー9つしてるのに。

強いのか弱いのか不思議なチームです。


でもね、ボロ負けしてコーチから渇を入れてもらったほうが良かったのかも

終わり方も相手のミスだし。


勝つには勝ったけど、なんか素直に喜べないなぁ。





スポンサーサイト

主従関係

一昨日の練習試合、観戦していると

「あっ、明日のランチ用のパンがないわ」

と隣に座っている妻が言います。


行きたいか行きたくないは別として、夫としてこういう場合は、

「じゃあ、僕が買ってこようか」と言います。

一応ね。


すると「いいわよ、(私が)パスタを作るから」と。

<だったら最初から言うなよ>と思いましたが、ま、これが夫婦らしい会話ですね。


<それにしても、うちの女王様にしては優しいお言葉だなぁ>


家来の身としては立場上もう一押しします、念のため。

「今ならまだ間にあうけど(閉店前)」

「試合中だから悪いわ」


<ふぅ、、、、これで試合に集中できるぞ>


それからほんの数分後。


「ついでにリンゴも買ってきてくれる?」


<やっぱり、オレが買いに行くんかい!>



さて、試合の方ですが、一塁後方のファウルフライ、セカンドの守備範囲。

それをライトを守っていたアタルの方が先に追いついて捕っちゃった。

些細なことですが、アタルはどんどんアピールしなきゃいけない立場です。


打つほうでは2の0でしたが、会心の当たり。

依然バットは振れています。


チームの状態ですが、相変わらず怠慢プレーが見られます。

今シーズン最後のプレイオフまで時間は残り僅か。

それまでにチームが一つにまとまらなければ、きっと苦しい戦いになるでしょう。


そうは言っても、私にできることはアタルの体調を万全に整える事。

食事、睡眠、マッサージ。

悔いのないようにしなくちゃいけません。

熱中症には気をつけてください

昨日はこちらのリトルリーグBC州大会の決勝戦が行われました。

平日と言うことで、試合開始は午後6時から。

この時間なら大人も仕事を終えて応援に駆けつけられます。


ところが日本では、高校野球の地方大会の決勝戦が連日行われていますが、

あれってどうして一日で一番暑い時間帯に試合をするんでしょうか?

朝9時からだったら多少は涼しいし、夕方6時からだったら涼しい上に仕事帰りに応援に行けるじゃないですか。


あの時間帯にしなきゃいけない理由が何かあるんでしょうか?

選手たちは対戦相手と戦って、暑さとも戦って大変。


審判も関係者も暑いのは嫌でしょ。

「もうちょっと涼しい時間帯にしようや」って誰も異議を唱えないのかなぁ。


日本もシエスタをすればいいのに。

SHIN ASAHI

今日はダブルヘッダーでしたが雨で中止。

午後から晴れたので、リトルリーグの準決勝を見に行きました。


今年もいました、怪物君。

太っちょですが、レフティで柔らかいピッチングフォーム。

70マイル以上の球速にキレのある変化球。


この大会、11.1イニング投げて奪三振が、な、なんと32コ。

11.1イニングってことは全部で34アウトでしょ、

でその内32コが奪三振なんて。

今まで見た中で間違いなくNO.1ピッチャーです。


彼ならLLWSに行っても通用するでしょう。

このまま勝ち進んで強豪国であるアジアや中南米のチームとぜひ対戦して欲しいものです。


さて、アタルの今日は午前中に鍼灸院へ。

右の僧帽筋が硬くなっているようで、そこを入念にマッサージしてもらいました。

少しずつですが良くはなってきているようです。


夕方からはバンクーバー朝日の練習に参加しました。

アタルの年代は少ないのですが、9才~12才は結構な人数がいます。

8月は練習をして、9月はSHIN ASAHI軍として試合を行うようです。


日本人コーチによる日本人の野球。

試合の勝ち負け云々よりは、アタルには日本人であることに自覚と誇りを持って欲しいです。







恵みの雨

今日はほんと久しぶりの雨らしい雨。

森林火災が多発してますから、良かった良かった。


アタルにとっても助かりました。

予定していたダブルヘッダーは中止になりましたが、

鍼灸院に行った後なのでゆっくり体を休めることができました。


今シーズンも残りあと僅かですが、肩は良くなるのか。

ま、半分は諦めていますが。


振り返ってみると、やることなすことが裏目裏目に出ています。

昨日もそう。


練習らしい練習はしなかったので、せめて晩御飯だけはいっぱい食べて欲しくて、

サーモンやら海老やらアタルの好物と大盛りのご飯。


全部平らげたまでは良かったのですが、その直後「うっ、、、」って。

口を押さえてトイレへ駆け込み、ゲェーゲェー。


<はぁ、、、、何でこうなるのかなぁ>


「いーっぱい出た」って他人事のように話してたけど、

それって(我が家にとっては)高価な食材を全部トイレに流しちゃったってことなんだけど。

もったいなー。


それから一時間後。

「ダディ、お腹すいたー」っていうアタル。


消化しやすいように、うどんを柔らかく煮てあげて。

食べ盛りの16才に病上がりみたいな晩御飯。


はぁ、、、、ため息ばっかり。

こんなんで体が大きくなるのやら。

初体験

(だぶん)今年から地方大会の決勝戦もこちらで見られるようになりました。

で昨日の八戸学院光星対三沢商の試合を観戦していたのですが、劇的な幕切れでしたね。


ホームベース付近に倒れこんだまま動けないピッチャー。

胸が熱くなりました。


「たった独りのピッチャーに背負わせすぎなんじゃないの?」と妻は言います。

「それがエースなんだよ」と言い返しましたが、妻の疑問も分かります。


今まで甲子園ばかり見ていましたが、彼らはその時点でもう勝者なんですね。

その前の地方大会の決勝戦では甲子園出場校と同じ数だけ破れた高校があって、

その勝ち負けはきっと天と地ほどの差があるんでしょうね。


それが勝負と言えども、せつないなー。


さてアタルの肩ですが、カイロに連れて行き二日間ノースローにしたんですが、

一向によくなっている気配はありません。


そこで今日は午前中にアタルを鍼灸院に連れて行きました。

自宅から一番近い所ってことで決めたんですが、ちょっと怪しげな雰囲気が。

(こういう雰囲気に慣れてないだけかもしれませんが)


中国人の歯茎おばさんが片言の英語で説明をしてくれるんですが、

私は彼女の立派な歯茎が気になって気になって、何を言ってるのかさっぱり分からず。

でもまぁ悪い人じゃなさそうだし、書類にサインをして全てを彼女に任せることに。


最初は背中をマッサージ。

そしてカッピングを背中に。

024_20150723160016aa2.jpg


次は痛みのある肩と股関節にカッピング。

最後に鍼をして40分。


すると股関節の痛みはかなり和らんだようで。

しかし肩の方はカッピングの影響かちょっと動かしにくそう。

でも時間が経てばきっと良くなるんでしょう。


午後からは今日の試合に備えてバッティング練習。

股関節の痛みがなくなったせいか、いつも以上に絶好調。

これは今夜が楽しみ。


試合開始は午後7時。

その直前の練習ではアタルは外野。

今日も先発。


と思っていたら急遽ベンチへ。

外野からカットまでボールが届かないって。


<ホントかよー>


鍼灸をしたら、その日はそうなるの?

ひょっとしてあの英語はその可能性を説明してた訳?


<歯茎なんかに気をとられるんじゃなかったわ>


試合の方は、3安打に抑えられて0-2の完封負け。

最近怠慢プレーが目立っているし、当然の結果。


うちのチームで今バットが振れているのはアタルとNL君だけ。

そのNL君が2安打、あとの全員でたったの1安打。


普通ならアタルはDHだと思うのですが、そこは大人の事情があって出られず。

もし出ていたとしても今のチーム状態は戦う集団じゃなくなっているように私の目に映っています。


でさらに悪い知らせが。

シニアから例のDB君がチームに参加することに。


<いらないって>


この試合、見逃しの三振で最後の打者に。

ま、ここまではOKなんですが、

その直後何やら叫んでバットを放り投げ、ヘルメットを地面に叩きつける悪態。


見苦しい


あんなのがチームにいると運が逃げちゃいます。

試合の流れを気にする私にとっては絶対にしてはいけない最悪の行為。


野球の神様はこんな選手がいるチームには微笑む事はしないでしょう。

はぁ、、、、期待しているプレイオフなのに。

気は持ちよう

昨日は小学校の時の友達と久しぶりに再会したアタルです。

「ダウンタウンでみんなと晩御飯を食べる」って4時に出て行きました。


<話すことも一杯あるでしょうから、今日は思う存分遊んでくればいいよ>


それから3時間半後、アタルから電話が。

「今から帰るからねー」


<えっ、まだ7時半だけど>


16って言ったら普通はね、

「何時やと思ってんねん!さっさと帰ってこんかい」って親の方が電話をするんじゃないの?


さて、今日はシニアの試合を見学しました。

この中にアタルがいることを想像してみると、ちょっと違和感があります。


技術的には劣っているようには見えませんが、やっぱり体つきは違います。

数字で言うなら、身長であと5cm体重であと5kgくらい増えないと。


そうと分かれば前進あるのみです。

来月のプレイオフが終れば、すぐ体重増計画再開です。


この時のために、5月に日本へ帰ったときお餅を15kg買って帰ってきました。

ミルクはスキムミルクから脂肪分2%へと変えます。

お米は玄米から白米へ。


5kg増くらいならなんとかなるでしょう。

好き嫌いなく何でも食べますから。


やるだけやってみて、それでもダメなときはその時になってから考えることにしました。

今は余計な心配はせず、できることだけに集中します。


まだ試合が始まっていないのに、勝ち負けを気にしたって意味がないんです。

試合が始まれば、一つ一つアウトを積み重ねていくだけ。

そうすれば、勝利は自ずと見えてくるんです。


そうですよね?





こちらも暑いです

暑中お見舞い申し上げます

日本では厳しい暑さにも負けないくらいの熱戦が全国で繰り広げられているようですね。

無理をしなきゃいけない時もありますが、くれぐれもご自愛くださいませ。


さて、シニア(18U)の試合では、アタルのチームメイト3人が呼ばれています。

来シーズンを見据えてのことなんでしょうか。


一方のアタルは、日曜日で晴れと言うのに一日中家でゴロゴロ。

アイシングをしてマッサージをしてお昼寝をして。


2年前バンタム(15U)AAAのトライアウトを受けた時、

ピッチングコーチから「その体じゃ出番が少ないかもしれないから、AAの方がいいかも」と言われ、

去年もそして今年もまたまた同じ事を言われています。

これでもう三年に渡って体が体がって言われています。


例えばもう少し足が速かったらとか、肩が強かったらとかなら何とかなります。

「バッティングの飛距離がちょっと足りないね」って具体的に言われたら努力する気も沸きます。

でも体がって言われても、どうすることもできません。


すでに171cmで70kgありますから、これ以上体重を増やすのもどうかと思うし、

かと言ってウエイトトレーニングでパンプアップすることも、まだ身長が伸びているので躊躇します。

体のいい断り文句かもしれませんが、こっちは心にグサッと突き刺さります。


今日シニアに呼ばれている3人よりもアタルの方が肩は強いんです。

パワーは少し負けていますが、足は負けていません。

私が言うのも何ですが、守備範囲はアタルが一番広いし、グラブさばきも負けていません。

でも一方はシニアの試合に呼ばれ、もう一方は体がと言われているんです。


早熟でがたいの良い子、めちゃくちゃ有利です。

そういう先天的に恵まれた子が優先的に経験を積ませてもらえます。

それが私の知っている少年野球の世界です。

(他のスポーツもそうでしょうけど)


こればっかりは晩成がいくら努力したって敵いません。

じーっと自分の順番が来るまで待つしかないのです。


いずれ追いつくからと信じて。

あと一歩

こちらのリトルリーグは今日からBC州大会です。

初日の今日ちょっと見に行ってきましたが、懐かしかったです。


あれからもう三年経つんですね。

アタルに弟がいたらもう一回LLワールドシリーズを目指したかったなぁ。


さて、今日はトーナメントの決勝戦です。

このチームでは一度も優勝がないので、ここはぜひ勝ちたかったのですが、

0-3で負けてしまいました。


アタルは5番ライトで先発。

守備ではいい所を見せましたが、打つ方はダメでした。

2打数無安打。

相手のピッチャーが一枚上手でした。


でも積極的にバットを振っているので、心配はいらないでしょう。

怪我がよくなれば、良い当たりがでるはずです。


それよりこの試合のスターティングメンバーが良かったです。

良かったと言うのは、ま、私が考えている通りとほぼ一緒。


打てないわ走れないわ守れないわ、何であの子が先発で出ているの?ってのがこれまでありましたが、

ようやく首脳陣はそれに気付いてくれたようです。

「アタルが外野を守って、あの子があのポジションに行ってくれたら」って思っていた通りに。

それとついにあの選手の打順が降格になったし。


でも一つだけ気に入らないポジションが。

あの子の守備の下手さに何でコーチは気がつかないのか。


足と肩はありますが、何せ守備範囲が狭いわ、打球判断が悪いわ、カバーしないわ。

これまでアウトにできる打球を何本ヒットにしていることか。

普通ならシングル止まりのヒットを何本長打にしていることか。


あと一歩で負ける時って、ちょっとした一つのプレーなんです。

そこを一つずつ突き詰めて練習をすれば、さらにこのチームは伸びるはずです。


それが私には分かっているけど口は出せないので歯痒いです。

とは言っても、90%は理解できる野球です。


去年とは比べ物にならないくらいストレスは少ないです。

アタルの怪我を除いては。

連鎖 

左股関節が良くなってきたと思ったら、右の股関節の方が痛くなりました。

いきつけのカイロの先生曰く、右のは大腰筋が硬くなっているそうです。

原因はオーバーユーズ。


そうなんです。

最近バッティングの調子がいいもんだから、バッティング練習が楽しいんです。

私も今が伸びる時と思い、本人の希望通り毎日練習をさせていました。

ちょっとなーと心配はあったんですが、十分に体を休ませるべきでした。

私の判断ミスです。


さて、今日から決勝トーナメントです。

予選6位のチームが3位のチームを破るという波乱がありました。

その勝った6位のチームとうちの準決勝です。


試合結果ですが、8-1でうちの勝ち。

明日の決勝戦は前回負けているハワイのチームと対戦です。


この試合、アタルは5番ピッチャーで先発。

三日前が5番で、二日前は8番、昨日が1番で、今日がまた5番。


こんなにも打順をコロコロ変えられるのはアタルくらいです。

何を意図しているのか全く分かりません。


それに引きかえ、お気に入りたちはどんなに不調でも2番~4番なんです。

もしアタルなら少しの不調で即ベンチなんですけどね。


今日の打撃成績ですが、2打数1安打。

第一打席にまたタイムリーヒットを打ちました。

先週からめっちゃくちゃ勝負強いです。


ピッチングの方ですが、3回 被安打2 1失点ですが、全然球が走ってません。

3四球と制球も悪かったです。

やはり股関節の痛みが影響しているようです。


来週はリーグ戦が水曜日に1試合、金曜日と日曜日が2試合控えています。

そしてその後は、今シーズン最後のプレイオフです。


それまでに怪我が治り、万全の状態で試合に臨ませてあげたいです。






プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking