少子化対策に

LLBWS、日本代表チームの優勝!

おめでとうございます。


バンクーバー朝日軍のコーチ(LL時代のアタルのコーチでもあります)が言うには、

LLBWSのスポンサーであるケロッグのコマーシャルに2012年の時のアタルが映っていたそうです。

ちょっと自慢になりますが、LLBWSでアタルは2勝しています。

毎年カナダ代表チームは1勝できるかどうかですから、結構凄いことだと思うんですけど。


さて、昨日は暴風雨の為停電になった我が家です。

復旧するのに30時間掛かかりU18の試合を見過ごしましたが、

ろうそくの火だけで夜を過ごすのもそう悪いもんじゃないですね。


子供の為にも毎週月~水の夜10時以降は国策として停電とスマホ禁止にしてもいいのかも。

ひょっとしてそれが少子化対策になるかもよ


話はU18になりますが、カナダは韓国に完敗しました。

韓国は先発ピッチャーが良かったですし、打者はしっかりバットを振ってきました。


一方カナダの先発のウィルは3回3失点で降板。

良い所は、ジョッシュ・ネイラーの一発だけ。


みなさん、彼のホームランを見ましたか?

あんな体勢でも軽くフェンスを越えるなんて。

ドラフト1位指名も納得です。


昨日はイタリアに快勝して、今日はキューバーとです。

ただいま4回の裏を終わって10-1。


もちろん、キューバが勝ってます。

カナダのいつもの悪い癖が出ちゃってます。





スポンサーサイト

GO CANADA GO

U18ワールドカップ、カナダ対台湾の試合がさきほど終わりました。

結果は6-2でカナダの勝利!

LLWSでは台湾チームに大敗しましたが、U18がリベンジしました。


私が思う勝因はバット。

カナダの選手は木製バットに慣れています。

しかも体格が大きいので打球が飛びます。


一方の台湾の打者は、カナダの大型ピッチャーの球威に負けていた感じがします。

もし金属バットならもっと接戦になっていたでしょう。


カナダの先発のジョッシュですが、アタルは2011年に2度対戦しています。

一度目はトーナメントで。

この時アタルは5イニングを投げ、失点1で勝利投手になりました。


2度目はシーズンで。

この時はウォームアップもそこそこに急遽アタルがマウンドに上がったんですが、

その初球、パッコーンとホームランを打たれました。

今でもその光景は鮮明に覚えています。

アタルは彼からダブルを打ったと言ってますが、そっちは覚えてないんですけどね。


9回にクローザーとして登場したマテオですが、同じリトルリーグ出身でベースボールアカデミーの先輩です。

怪我で棒にふったシーズンもありましたが今シーズンは大活躍。

最後の最後でジュニアナショナルチームのメンバーに選ばれました。


顔見知りの二人の活躍でカナダが勝利。

めちゃくちゃうれしいです。


アタルと言えば、先制点が入った時は手を叩いてはしゃいでいましたが、

5回を終わった所でおやすみタイム。

きっと明日は大喜びするでしょう。


明日の対戦相手は韓国。

試合開始は、BC州では夜8時から。

IBAFのサイトで生中継が見られます(たぶん)。


とその前に、午前2時からは日本対ブラジル。

見たいんですが、起きてられるかなぁ。





U18ワールドカップ

1次リーグはA組とB組に分かれて戦います。

そして各組上位3チームが2次リーグに進出。


カナダはB組なんですが、同じ組に韓国、台湾、キューバの強豪がいます。

南アは大丈夫だと思いますが、イタリアは侮れません。

アタルの先輩二人がメンバーなので良い結果を期待しています。


私は次の2年後、アタルが18になった時をふと考えてしまいます。

きっと間近で見ている子が出場するんでしょうね。


アタルと言えば、他人事のように呑気にしています。

私としてはもうちょっと必死になって欲しいんですがね。


でも必死になるアタルはアタルじゃないような気がするし。

いったいどっちが良いんだろうか。

緊急速報

うちわの話です。


プロビンシャル大会後、Jr.チーフスの監督とコーチ陣、GM、そしてシニアの監督と面談をしたんです。

今シーズンのことや来シーズンに向けてのことなどを話し、

最後にアタルはシニアの監督と固い握手をしてお別れ。


それからたった2週間、そのシニアの監督に代わって、新たにコーチが監督に就任するというメールが。

妻曰く、辞めたというよりは、辞めさされたようなニュアンスだとか。

去年は去年でフォールボールの後、急遽Jr.の監督が辞めちゃったし。


もう慣れっこですが、なんでこっちはいつも急なんでしょうかねぇ。

(前にもお話しましたが、アタルの幼稚園の先生は一日で辞めちゃいました)


ま、うちだけじゃないんですけどね。

Jr.ブルージェイズは、ただいま監督を募集中だし。

Jr.レッズは、有名なコーチがUBCへ行っちゃうし。

コロッコロよく変わるもんです。


はぁ、、、、夏休みの宿題なんて一切ないし、

チーム練習は内容は薄いし、時間は短いし。

結局自分の子供は自分が見るしかないんです。


ホントどの家庭もみなよくやってるなぁと感心します。

メイズランナー

普段本を読まないアタルですが、この夏はこの映画の原作にはまっています。




「めちゃくちゃ面白い」って、シリーズ4冊をあっと言う間に読んじゃいました。


アタルが読めるってことは、難しい英語じゃないはずです。

日本の高校生以上なら辞書を片手に読めるでしょう。

まだ夏休み中だし、英語の勉強がてら原作をチャレンジしてみてはどうでしょう?


さて、今朝のトレーニングはランニング。

朝食はシリアルとミックスナッツとスムージー。


出発前、何度も<走ったからって本当に上手くなるの?>って悪魔が耳元で囁くのですが、

とにかくバーナビーレイクまで車を走らせました。

ま、現地に着きさえすれば、もう悪魔のささやきは聞こえません。

私たちの場合、走るってことは精神面を鍛える意味が大きいようです。


走った後は、たっぷりの昼食。

そしたら、おねむのアタル。


<お前は乳幼児か>


まぁね、寝るのも練習のうちとは思っていますが、

日本の高校生は新チームになって毎日必死でポジション争いをしているんだろうなぁと思うとねぇ。


夏休みもあと10日ほど。

この夏もやり通したことと言えば、お昼寝ぐらい。


一休さんじゃないけれど、「あわてない、あわてない」でいいんだろうか。


運任せ

これ18Aなので、アタルはお姉ちゃんと観に行ってきました。



こんなのに興味があるんですね。


さて、もうすぐフォールボールが始まるので、BCPBLの各チームのサイトをチェックしています。

すると、チーフスって結構費用が高いのでびっくり。

でもねぇ、後からなんやかんやで費用が掛かるチームもあるので一概には言えないんですね。


フォールボールの後はウインタートレーニングだし、

それは来シーズンに直結しているわけですから、

こっちは真剣なんですけど情報が少なすぎます。


アタルは一年経験したので色んな方から質問を受けますが、

結局蓋を開けてみなきゃ分からないって言うのがあります。

コーチはコロコロ変わるし、費用は毎年上がっていくし。

大金を払って息子を預けるにしては、ホント分からない事だらけです。


ですから分かっていることだけで判断するのも良いかも知れません。

自宅からグランドまでの距離とかグランドの状態とか設備とか。


これらは来シーズン同じですから、期待はずれになるってことはないでしょう。

あとのことはもうギャンブルというか運任せのような所があります。


今年はたまたま当たりましたが、ジュニアが良いからと言ってシニアが良いとは限らないし。

今年と同じメンバーがシニアに上がるとは限らないし。


こんなことを何年も繰り返してきているので、

最終的には自分の息子は自分が面倒を見るしかないって答えになるんです。

良いコーチを見つけてプライベートレッスンを受けさせるか、

自分が野球を勉強して息子に教えるか。


チームに任せて後悔することだけは絶対にしたくないですからね。

親指でねじって回す

LLWSですが、カナダ代表チームは初戦のメキシコ戦で0-1と惜敗。

一押しの太っちょレフティ君は5イニングで16奪三振を取ったんですけどねぇ。


次の試合はチャイニーズタイペイにボッコボッコに打たれて完敗。

ダブルノックアウト式トーナメントなので、これで敗退してしまいました。


今年も残念な結果に終わりましたが、この借りはU18が倍返し。

と言いたいところなんですが、目下オーストラリアとの親善試合では1勝7敗。

大丈夫かな?


さて、ちょっとした気になる動画を見つけました。



足の親指の使い方なんて考えた事もなかったので新鮮でした。


アタルですが、ここの所打球の飛距離が日に日に伸びています。

<シーズン中に伸びろっちゅうねん>


いつも練習をしている公園のグランドにはフェンスがないので、

センター方向の打球は小さな子が遊ぶ遊具の所(推定140M)まで転がっていくようになりました。

転がっているとはいえ硬式球なので万一のことがあってはいけません。


先日のバッティング練習では竹バットを使い、レフト方向へ引っ張って打っていました。

すると、ある親子が外野でフリスビーで遊び始めるんです。

しかもお父さんは息子をレフト方向へ行かせ、センターからフリスビーを投げるんです。


はい、練習中断。


その前はね、中国人のおじいちゃんが孫娘の手を引いて外野から内野へ見学に来て、はい練習中断。

その前の前は午前中に行ったら、セカンドベース上で中国人のおばちゃんが太極拳をやってて、はい練習延期。


で3回に1回は散歩中の犬がボールを咥えて走って行って、練習中断。

(鎖を繋がなきゃいけないエリアなのに、飼い主は野放しにするんです)


で4回に1回は、アタルが犬のウンチを踏んで練習中断。

(飼い主のマナーが悪い)


公園の看板にはね、キチンと犬の散歩の注意書きが書いてあるでしょ。

公園は広いんだからフリスビーも太極拳もわざわざグランド内でしなくてもいいのに。


こっちはただ野球のグランドで野球の練習をやっているのに、

なんであんた達のためにいちいち練習を中断しなきゃいけないの。


どこぞの世界にセカンドベース上で太極拳やってるおばちゃんがおんねん。

こっちはフェンスの外ででけへんけど、あんたはフェンスの外でもできるやん。


まぁね、バッティング練習ができるだけでも贅沢と思わなあかんのかなぁ。

待ち遠しい練習

来週末からU18ワールドカップが大阪で開催されます。

それに向けてカナダジュニアナショナルチームは現在オーストラリアで練習試合を行っています。

8試合行う予定ですが、ここまで4戦全敗。


今年のオーストラリアチームが強いのか、カナダチームが弱いのか。

本番、ちょっと心配です。


このブログでも紹介したアタルの先輩二人はピッチャーとしてメンバーに選ばれています。

二人の活躍も日本が初優勝できるかどうかも楽しみです。

ちなみに、カナダは1991年に一度優勝しています。


さて、こちらの野球は8月(7月)の初旬でほぼ終わっています。

シーズン中は野球に振り回されていた毎日でしたが、急にポッカリ時間が空いてしまいます。


まだまだ天気は良いしグランドはガラ空き状態、

なのにフォールボールまで1ヶ月何にもありません。

もったいないなぁと日本人なら思うかもしれません。


そんな空白にバンクーバー朝日軍の練習が始まりました。

どこの家庭も同じように感じていたのか、予想以上に多くの子供たちが集まっています。


グランドに入るとき帽子を取って一礼する所から始まり無駄の無い練習、

最後は入念にストレッチをさせます。


車はトヨタ、炊飯器は象印、野球のコーチは日本人。

これ、安心できます。


アタルは楽しそうに練習をしています。

新鮮さもあるでしょうし、自分が最年長だからお兄さんを気取っているのかもしれません。


私は私で久しぶりに会う友人との会話を楽しみます。

だいたい同じ年代なので話は合うし、シーズン中のストレスもだいたい似ています。

話しているうちに同じ釜の飯を食った間柄のような感覚に陥ります。


普段アタルと二人きりの練習だと息が詰まりそうになる時がありますが、

こうした機会は本当に助かります。

明後日の日曜日が待ち遠しいです。

±

「走るのって誰だって嫌なの。だからこそメンタルが鍛えられるの。

フィジカルとメンタルの両方鍛えられるのが走ることなの」


独りで走ってこそ意味があるのですが、アタルはそれができません。

いつか始めるだろうと期待していたんですが、何もないまま月日だけが流れ16才の夏ももう終わろうとしています。


制限時間いっぱいです。

ここまできたら私も走るしかないと。


そう思って一緒に10km走りました。

その後坂道ダッシュ18本。

別にたいした量ではないですが、アタルにとってはチャレンジです。

苦しい顔をしながらも頑張りました。


ところが、ここからがTHEアタルなんです。

疲れ過ぎてお昼御飯が食べられません。


午後からのバッティング練習ではバットがちゃんと振れません。

「なんか疲れたー、なんか疲れたー」と連発。


たくさん走ったことはプラス、

お昼御飯があんまり食べられなかったこと、バッティング練習が十分できなかったことはマイナス。


プラスとマイナス、どっちが多いんだろう?

ランニング 

日本の高校球児は陸上部並に走らされていると聞きます。

一方こちらは走ることは重視していません。


個人単位ではプライベートでレッスンを受けているって話はちょくちょく聞きますが、

『毎朝走っているよ』なんて話は聞きません。

この差がね、特にピッチャーに出ているんじゃないかと。


周りが走らない中で、アタルだけを走らせるのは大変です。

「日本のピッチャーは高校時代走って走って上手くなってんだから」

と言い聞かせていますが、走ることとピッチングの上達がどうも繫がりにくいようです。


周りはウエイトトレーニングをして成果を出しています。

体つきも見た目で違いが分かります。

走って走って走っても見た目の変化はありません。

これがね、モチベーションに繫がらないのかも。


毎日時間はたっぷりあるのに、無駄に過ごしているような気がします。

何かこう精一杯悔いのないようにやってるーっていう充実感がないのです。


こうして気持ちでまた夏が終わるんでしょうか。











プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking