メンバー発表

アタルには偉そうなことを言ってますが、

じゃあ、自分が16の時はどうだったのってなります。


私と比べるとアタルは学業もスポーツも立派です。

性格も素直だし、親の言う事も聞きます。


なのに、私はまだ不満なんです。

欲深いですね。


さて、シニアのメンバー発表がありました。

アタルは選ばれました。


でも全然うれしくありません。

他に選ばれたメンバーを見るとね、試合で全然活躍しなかっても選ばれているし、

そもそも試合にも練習にも来なくても選ばれているし。


それに事前にコーチからアタルに話はあったようです。

先発じゃなくて中継ぎで、

野手としては外野を守る場合もある、と。

短くまとめると、「あなたは控えです」ってことなんでしょう。


<なんでいつもこうなんだろう>


フォールボールで、ピッチングもバッティングも結果を出してもそう。

真面目に練習に出てもそう。

ジュニアでもそう。

チームが変わってもそう。


去年もギリギリって言われたけど、プレーオフでは投打で活躍したじゃない。

良い成績だって残したじゃない。


でも控え扱い。

何をやっても控え扱い。


アタルがこの立場から抜け出すには、相当のイメージチェンジが必要なんでしょう。

ホームランを量産するか、150km投げるか、

厳つい顔に整形するか、シークレットブーツを履くか。


ホント悔しいなぁ。

この悔しさをバネにして練習をするしかないですね。

スポンサーサイト

無駄な事

珍しく晴天が続いているバンクーバーです。

気温はグッと下がって、湖は凍っています。


若い頃はへっちゃらだったんですが、

年々寒さが堪えるようになってきました。

「今日はいいんじゃないの」と自分を甘やかしてしまいそうですが、

悔しかったことを思い出して気持ちを奮い立たせています。

ま、寒いのは最初の10分だけなんですけどね。


さて、夏からこっち体重が増えてないアタルです。

長距離を走っているのでそのせいかもしれません。


運動量が増えているんだから、食べる量も増やさなきゃいけません。

でも相変わらず「もうお腹いっぱい」で箸をおきます。


それはみんながやっていること。

みんながやっていることなら、結果もみんなとたいして変わりません。


みんなと違う結果が欲しければ、そこからもう一口食わないと。

それが成否の分かれ道だと思って。


意識が低いよなぁ。

そこさえ変われば、結果も変わるはずなんだけど。


馬の耳に念仏、アタルの耳に説教。

ま、親が親ですから仕方ないのかも。

ピーナッツバターベビー

私の中では特大ホームランの動画です。

アタルとお姉ちゃんの小さい頃とそっくり。


豆腐の水切りをしておいたら、

それをぐちゃぐちゃにして、二人もキッチンも豆腐まみれ。


<食べ物を粗末にして!>と怒りそうになったんですが、

あまりにも無邪気で楽しそうだったから、ま、いいかって。


で、アタルをお風呂に連れて行って洗ったよなぁ。





娘は19なんですが、私の中ではこの女の子の年齢で止まったままです。

で、アタルはいつまでたってもこの赤ちゃん。


それがそのままユニフォームを着て野球をしているように映っているんです。

運命の日曜日

今週も先週と同じトレーニングをしているアタルです。

毎日見ているからでしょうけど、たいして変わってないように見えます。


例えるなら、小さな舟を漕いでいるのですが、

果たして目的地に近づいているのか、はたまた潮に流されているのか。


近づいているのならこのままのペースで漕いでいれば、いずれ目的地に着くはずです。

でも潮に流されているのなら、それに負けない力で漕がなければ前へ進みません。


GPSがあれば、と。


さて、今週の日曜日にシニアのチーム入りメンバーの発表があります。

(最終決定は3月中旬になると思いますが)


おそらくもうメンバーは決まっていると思うんです。

グランドはぐちょぐちょで使えないし、バッティング練習もピッチング練習も週一回ですから、

いまさらどう変わる訳でもないでしょう。


何かもったいぶっているような気もします。

受験生を持つ親の気分に似ているかもしれません。


プライド的にはシニアに入って欲しいです。

途中から加入してきた選手のせいで、アタルが弾き出されるのは悔しいですから。


でもシニアに入れば出場機会は限られるでしょう。

それ考えるとジュニアのままでも良いと思うんです。


名を取るのか実を取るのか。

ホカオネオネ 2

今日のトレイルランニングは初めて行くコース。

予想以上の急勾配に私はギブアップ。


ホカオネオネを履いたアタルは私を置いてスイスイ登っていきます。

「走りやすい」って何度も言いながら。


X脚のアタルは内股で、後ろから見ると女の子走りだったんですが、

このホカオネオネを履いて走ると脚が真っ直ぐになっているんです。

高い買い物でしたが、その価値はあったかもしれません。


さて、日曜日のパワースケーティングは、コーチ二人に対して参加者は3人。

だから、休みなく滑らされて汗びっしょり。


最後の10分は楽しみにしているアイスホッケーのゲーム。

でも人数が少なすぎて面白くないそうで。


毎週火曜日に行っているチームトレーニングの方も、来たのはたったの6人。

チーム全体では20人以上いるんですけどね。


でもモチベーションの高い子たちは、各自でやってるんです。

チーム練習には来ずに、シアトルまで行ってレッスンを受けているようです。


勉強に例えるなら、チーム練習は公立学校の授業で、

シアトルでのレッスンは進学塾って感じでしょうか。

上を目指している子は優秀なコーチを求めてシアトルへ行くんです。


あちらには、ピッチャー専門のトレーニング施設もあります。

カナダは、やっぱりカナだぁ(←ニュアンスで察してください)ですから。


「場所なんて関係ない。本人のやる気次第」って言う意見も分かります。

ただレッスンを受けて球速が上がったって話を聞くと、うちのアンポンタンにもって思っちゃうんです。


親はそうなんですよね。

ホカオネオネ

日本にはいるんでしょうか、podiatrist(足病医 )。

娘はそのpodiatrist(足病医 )がいるウォーキングシューズ専門店でアルバイトをしています。


娘曰く、自分の足に合ってない靴を履いている人って結構多いそうで、

キチンと合ったシューズを履く事で、足腰の痛みが軽減されるとか。


で、長距離を走るアタルに合ったシューズを娘に選んでもらったのがこれ。




これでLSDも走る気満々。


いつもの事ですが、アタルのやる気を出すには、先ず私がお金を出さなきゃいけません。

セオリー

珍しく試写会のチケットが2夜連続で当たった妻。


昨夜の映画のジャンルはヒューマン。

親友を誘って映画館へ。


<ま、前回のお返しもあるしね>


そして、今夜の映画はサスペンス。

娘を誘って映画館へ。


<ま、私にはストーリーが難しいかもしれないし>


これがSF映画だったら、私を誘ってくれていたはず。

きっとそう、、、、、

だよね?


さて、日本対韓国戦。

カナダ同様、やっちゃいましたね。


大谷の後なら則本の球は打ちやすく感じるんじゃないのかなぁ。

8回限定で目先を変えるために左か牧田を持って来たほうが良いと思うんですけどね。

もしくは大谷を8回まで投げさせて、9回は左の松井で。

で万一があれば、右の澤村で。


メンタル的にも「ヨッシャー、大谷が退いた!」って喜んだはず。

そこへ大谷よりも球威の劣る則本だったら、「これならイケる」ってなるんじゃないの?


ま、8回を則本にしたとしても、9回は頭から松井でしょう。

則本を2イニングってちょっとね。


リトルリーグでもよくあるんです。

ピッチャーが交代した直後に大量点が入るってことが。

特に球威のあるピッチャーが退いた後に、球威の劣るピッチャーが出てきた場合。


ベンチのムードも変わります。

手も足もでないピッチャーの時は意気消沈していますが、

球威のないピッチャーがリリーフで登板すると、「この試合何とかなりそう」みたいな。


その逆もあります。

抑えに球威のあるピッチャーが登板すると、「もうダメかも」ってメンタル的に負けてしまってるってことも。


ま、素人考えかもしれませんし、言うだけなら誰でもできますしね。

The Canadian Baseball

5連勝でA組1位で1次ラウンド通過のカナダ。

出来すぎです。


と思っていたら、、、、、。

準々決勝の相手はB組4位のメキシコ。


3-1と2点リードの8回。

ここで先発(左腕)が降板。

調子が良いし、まだ100球投げてないのに。


いやーな予感。

アタルの野球で何度も経験してきたので感じるんです。


でリリーフのピッチャー(右腕)なんですが、ここまでの成績が3回と3分の2投げてERAは0なんですが、

K/BB+Dが3/5、WHIP1.36。

めちゃくちゃいやーな予感。


で初球、いきなり死球。

その後1点を取られて3-2、なおもツーアウト満塁。


カウント0-2と追い込んで、外のボールになる変化球。

これを打者が引っ掛けて、平凡なショートゴロ。

ほっ、これで終了と思ったら、なんとショートストップがトンネル。


<ありえへん>


2者が生還で、3-4と逆転(試合はこのまま終了)。


アナウンサーはこの回ヒット2本とエラー2つって言ってましたが、

2本のヒットはどちらも普通に捕れる打球。

つまりノーヒットで3失点のカナダ。


いやもうカナダじゃなくて、カナだぁ


このレベルでもまだこんな試合やるかー。

体だけ大きくなってるだけで、内容はアタルのレベルと一緒かそれ以下やん。


1次ラウンドで運を使い果たしたというか、

ただ単に本来のカナダ野球に戻ったというか。


期待していただけに、がっかり感が半端ないわ。

5連勝がこの8回の1イニングで全部台無し。


でね、日本人として気に障るのがエラー直後のショートストップのこの顔。

error.jpg


できるならこの場で舌を噛み切ってでも謝りたいって意味なのかなぁ。

そんな意味があるかどうか知りませんが、リトルリーグでもこんな子いたなぁ。

足るを知る

カナダ 4-0 イタリア


また勝っちゃった。

投打がかみ合ってる。


ひょっとしたらひょっとするかも、、、、

ま、それはないでしょう。

でも、ちょっと期待してもいいかも。


さて、今日のアタルは午前中のピッチング練習は行ったんですが、

午後からは体調不良でダウンです。

水曜日くらいかちょっとおかしいなぁと思っていたんですが、やっぱり。


夏からこっち体重が増えてません。

どちらかというと減っている感じ。


先週は朝も夜もバスケットの練習に行ってたから、

ちょっとオーバーワークかなぁと思っていた矢先。


病気になったら気付くんですよね、健康の有難さが。

野球も同じだなぁ。


試合に出られない日が続くと、出られただけうれしいし。

でも試合に出続けていると、活躍しなきゃ不満に思うし。


変ないい方ですが、たまに病気した方がいいかも。

何気ない平凡な日が実は幸せな一日って気付くから。


でも平凡な日々が続くとつい刺激を求めちゃうんですよね。

欲深いなぁ。

フルーク

カナダ 9-8 台湾

なんか凄い試合だったようです。




もうちょっと編集を考えてほしいなぁ。


さて、また新しい選手がよそのチームから移籍してきました。

しかもアタルとかぶる右投手。


アタルが絶対的存在なら何人移籍して来ようが気になりませんが、

ギリギリの選手にとっては深刻な事態です。

はぁ、、、弾き出されそうな予感。


そんな立場なのに、放課後アルティメット部の練習に行くと言うんです。

この期に及んでも自分の置かれている状況が分かってないようです。


右のちっちゃい投手のあなたは、チームにとって無くてはならない存在なの?

あなたに飛び抜けた球速がある訳?

そんなあなたが今やるべきことがアルティメットなの?


一日の時間が増えるわけじゃないんだから、アルティメットを始めたらその分何かの時間を削ることになるでしょ。

どう考えたって新しいスポーツを始める時間はあなたにはないと思うんだけど。


アルティメット楽しかった

でも、(野球の)チームに入れなかった

これでいいわけ?


本来ならね、そろそろスポーツを絞り込む年齢なの。

競争が激しくなるし、本格化してくるし。

まわりもそうしているでしょ。


もちろん、二つも三つも掛け持ちしている子がいるけど、

それは身体能力がずば抜けているからできるわけ。

あなたはそうじゃないでしょ。


メインでやっている野球ですらチームに入れるかどうか分からないあなたは、

そろそろ一本に絞って集中して練習しなきゃ競争に勝てないんじゃないの。

息抜きのためにバスケやアイスホッケーをやってもいいけど、さらにアルティメットもって。


卓球部に入るって言った時、あれだけ時間をかけて説明したのにもう忘れてる。

ま、それが長所でもあるんだけどね。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking