平凡な一日

実力のある子は、次々と大学が決まっています。

実績がない子も、積極的にアピールして決めています。


そういう話を聞くと、私は焦ります。

でも、相変わらずのんびりしているアタルです。

進路に不安はないのかなぁ?


さて、昨夜アタルの体重は83kgになりました。


体重が増える⇒ウエイトトレーニングの負荷が上がる⇒筋肉がより大きくなる⇒

パワーが上がる⇒野球のパフォーマンスが上がる


体脂肪のことは気になりますが、とにかく今は体重を増やすことです。

これだけは順調です。


今日は学校から帰ってくるなり、「お腹空いたー」と言います。

ラーメンを食べても「まだ空いてる」と。

替え玉代わりに、素麺二束を残っているスープに追加。


それを食べたら、寝ちゃった。

毎日10時間は睡眠とってるのにね。


これで良いんだろうか。

息抜きばかりしてるけど。

土曜日のSAT(テスト)は大丈夫なの?


まぁね、人生の全ての幸せと全ての不幸を足して2で割ると、

今日はそこそこ幸せな一日だと思います。

痛い所はどこもないし、元気で飯が食えているし、

親子仲良く暮らしているし。


感謝の気持ち、忘れてはいけませんね。
スポンサーサイト

客商売

来年行われるWBCですが、私の理想のオーダーはこれです。

1番イチロー、2番大谷、3番筒香。


イチローが塁に出て、大谷が還す所を見たいんです。

野球界にとって、歴史的な二人が揃うんですよ。

これは後々まで語られる出来事になるんじゃないかと。


思い切って、4番青木、5番川崎。

WBCはね、メジャー経験がモノを言うと思うんです。


超サプライズとして、代打要員に松井秀喜。

投げなくてもいいから、ダルビッシュも田中も岩隈もマエケンも田沢も上原もメンバー入り。


えぇーい、21世紀枠として斎藤祐樹も入れちゃいましょ。


首脳陣には、江川と掛布を。

極端な話、清原(あかんかな?)と桑田だってOKです。

小久保監督、人気あるの?


WBCはまだ人気があるイベントとは思えないので、

勝ちにこだわるよりは、まず国民に関心を持ってもらうことじゃないかと。

野球もお客様あっての商売ですから、エンターテインメントがあっての勝利だと思うんです。


応援する方だって野球を見ていると言うよりは、鳴り物鳴らして応援歌を歌って騒いでるでしょ。

実力のある選手よりも知名度のある選手の方が盛り上がるって。


代打で松井秀喜が出てきたらファンは大喜びでしょう。

打つ打たないは二の次で、日本でのユニフォーム姿をもう一度見たいでしょ。


これならね、チケットは売れて興業的には大成功を収めるでしょう。

負けるわ客は入んないわよりは、マシだと思うんですけどね。


ちなみに、アメリカにはジーターとA・ロッドにメンバー入りしてもらい、

ピッチングコーチはロジャー・クレメンス、打撃コーチにはピート・ローズです。


二つの経験

特に変わったことはないので、今日は私の若い頃の話です。


以前にもお話しましたが、二十歳の頃、私はミナミにあるバッタ屋で働いていました。

ミナミと言っても道頓堀とか宗右衛門町じゃなくて、

そこでお仕事をされている人が住んでいるマンションがあるエリアです。


ある日のこと、若い衆3人を引き連れた、ひと目でその筋と分かる方が来店されました。

で、「兄ちゃん、電話貸してくれるか」と。


気さくな感じでしたが、その男の額、ぐちゃぐちゃだったんです。

あとで社長から聞いた話なんですが、おそらく喧嘩をして、ビール瓶か何かの割れたガラスで、

グサッとやられた傷じゃないかと。

ま、とにかく、今まで見たこともない強面の男です。


電話を貸すと、その男は小声で何か話し始めます。

しばらくすると、その声はだんだんと大きくなっていき、私の耳にも届くようになっていきました。


「あ?今どこにおんねん」


「お前、分かってるやろな」


そして最後に、ドスの利いた声でこう叫んだんです。


「殺すぞ、コラァ」


一瞬で店内がシーンと静まり返ります。

皆さんもやくざ映画でそんな台詞を聞いたことがあるかもしれませんが、

本物はね、全然違います。


額がぐちゃぐちゃの男が、コロスゾ、ですよ。

背筋が一瞬でピッて伸びます。


さて、ところ変わってカナダでの話です。

まだ娘が生まれる前のことです。

妻と二人で(ショッピング)モールに行きました。


歩き回って疲れてベンチで休憩していると、

すぐ後ろで30才くらいの男女が言い争いを始めたんです。

私は聞かないようにしていたのですが、妻は聞き耳を立てたんです。


それはちょっとねと思い、私は妻に席を立とうと促します。

でも彼女は、「ちょっと待ってよ」っと小声で囁き、その場を離れようとしません。


男女の言い争いは、どんどんエスカレートしていきます。

英語がよく分からない私でも、ヤバイ雰囲気は伝わってきます。


聞き耳を立て続けている妻でしたが、無理やり手を引っ張ってベンチから離れました。

こっちにも火の粉が降りかかってきたら面倒ですからね。


駐車場へ向かう途中、妻がこう言います。

「さっきの女性、あなたの犯罪歴をばらすとか言ってたわよ」


だ・か・ら、さっさと席を立とうと言ったでしょ。

厄介なことに巻き込まれたらどうすんの?


エレベーターに乗り、B1(駐車場)のボタンを押します。

エレベーターのドアが閉まろうとした瞬間、バッと両手をねじ込ませて無理やりそのドアを開け、

さっきの男が乗り込んできたんです。


エレベーターの中にいるのは、妻と私とさっきの男。

「お前ら、話を聞いていただろ」と低い声で男が言います。


<えっ!?>


続けて、「俺の犯罪歴を聞いただろ」と。


<これ、映画のワンシーン?>


その男はデカいわ、腕にはタトゥーが目一杯入っているわ。


<あかん、これはホンマにヤバイやつや>


ここで妻が言い訳をすると、余計ややこしくなりそう。

妻が喋る前に、私が何か言わなあかん。

で、咄嗟に出た言葉がこれ。


「みー、のー、いんぐりっしゅ」


そしてすかさず妻が、「彼、日本から来たばかりなの」と。


男は私の顔を睨み、納得したのかその場を去って行きました。

ふぅ、怖かった。


あの時の経験が役に立ったのかなぁ。

正解とは

アタルの髪は学校で友達に切ってもらっています。

最初は無料だったのですが、需要が多くて1回$5取るようになったんです。

その代わりに、プロ並みの道具を揃えて、丁寧に仕上げてくれます。


昨日は一日で10人もの髪を切ったそうです。

腕が良いので、他所の学校からも来るそうです。


切っている場所は学校の廊下。

つまり、家賃はタダ。

見込み客は、学校中にいます。

いいビジネスモデルですね。


さて、去年のこの時期、アタルには長距離を走らせていました。

狙い通りにスタミナは付いたかもしれませんが、体重は減ってしまいました。

あの時体を大きくしていればもっと球速が上がっていたかもしれません。





「走り込みをして球速が上がった」

こんな話をよく耳にします。

テレビやネットなどで目にするのは成功者の話なので、これが球速アップの方法だと思ってしまいます。

でも数の上では、走り込みをしても球速が上がらなかった球児の方が多いのかもしれません。


今年アタルには、長距離走じゃなくてウエイトトレーニングをさせています。

果たしてこれで球速が上がるのか、という不安はあります。


現時点では、どれが正解なのかは誰にも分からないのでしょう。

ひょっとして正解は、自分で手繰り寄せる物かもしれません。

どんな練習をしても、自分次第だと。


じゃあ、不正解とは?

球速が上がらなかったことを練習のせいにすることかも?


要はどんな練習でも始めた時点ではニュートラルで、

自分次第で正解にも不正解にもなるんじゃないかと。


じゃあ、自分次第とは?

自分で決めた練習なのか、他人から押し付けられた練習なのかでやる気が違うんじゃないかと。


結局そこに行き着くような気がします。

ステロイド

急に体が大きくなると、「あいつは、ステロイドをやっている」なんて噂になります。

野球でアメリカの大学へ行った先輩は、「7、8割はやっている」と言ってます。


私には真偽のほどは分かりませんが、

こちらに住んでいると『やったもん勝ち』って感じることはあります。

勝てば官軍なんです。

どんなに綺麗事を言っても、負けてしまえば言い訳にしかならないんです。





ちょっとショックだったのが、この青年の被っているベースボールキャップがPGだったこと。

アタルもこれと同じ物を持っています。

9月に受けたショーケースでもらったんです。


この彼も野球をしているのかな。

背が低そうなので、アタルとダブってしまいます。


小さいとチームメイトからは小馬鹿にされるし、

どんなに努力しても監督やコーチからは認めてもらえないし、

結果を出してもトライアウトには落ちるし。


85マイル出して完璧な投球をしたって、右の背の低い投手は誰も見向きもしてくれません。

このままじゃ大学で野球が続けられないのなら、

イチかバチかステロイドを使う手もありかもしれません。


彼だってステロイドが良くないことは分かった上で使用しているんです。

きっと何か訳があるんでしょう。

なんでもアリ

妻の話を二つ。


昨夜は妻が晩御飯を作ってくれました。

よく分かりませんが、牛ひき肉と豆を炒めたもので、それなり美味しく頂きました。


でもそれだけじゃ、アタルにはタンパク質が足りません。

そう思って、私が鳥の胸肉を一枚ソテーしました。


バターの香りとこんがりキツネ色に焼きあがった胸肉が美味しそうだったんでしょうね、

妻は「ちょっと頂戴」と言って、パクリと食ったんです。


私としてはね、ウエイトトレーニングをして増量中のアタルには、

1gでも多くたんぱく質を摂って欲しいと思って作ったわけなんです。

なのに、なぜあんたが食うの?


あんたは、そんなにたんぱく質いらんやろ?

どこぞに成長期の息子のおかずを横取りするオカンがおんの?


逞しいなぁ、この女は。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


最近、チアシード入のパンにはまっています。

あのプチプチした食感がたまんないんです。

でも、普通のパンより少し高いので特売の時しか買ってもらえません。


で、今週はその特売日です。

2斤で$5。


ところが、妻が買いに行くと、あと1斤しか残っていません。

すると、妻はどうしたと思います?


チアシード入りのパン1斤とそれよりも少し高いパン1斤を持ってサービスカウンターへ。

で、この2つで$5にしろ、と。


それでね、通るんです。

たぶん従業員の方も<困った客が来たなぁ>と思ったでしょうね。

でも、ダメと言ったら面倒になるからOKしたんでしょう。


頼もしいなぁ、この女は。

食べ物を粗末にしてすみません

怪力自慢がやるパフォーマンスです。

アタルはピッチャーですからね、人差し指と中指でやったようです。




三年前の握力は、たった24kgしかなかったのに。

トレーニングはコツコツ続けていると成果がでるもんですね。


いや、潰すコツがあって、それが分かれば案外簡単にできるのかな?


(注)潰したリンゴは、後で美味しく頂きました。

いや、多分食べてないでしょう。

短期集中型

カジノは負けたし、シルク・ドゥ・ソレイユは期待通りだったし、

特に皆さんに聞いてもらうような話はありませんでした。

ただね、帰りの飛行機がちょっと。

私は年に一度くらいしか飛行機に乗らないから知らないだけで、

実はしばしばあることかもしれませんが、、、、、


搭乗口で待っていると、出発時刻が1時間遅れることになったんです。

ま、よくある事です。


1時間後、無事飛行機が離陸し、しばらくすると機長(副操縦士?)からアナウンスがありました。

出発が遅れた理由なんですが、フライトアテンダント(客室乗務員)が一人来なかったそうです。


<おいおい、遅刻かいっ>


そのフライトアテンダントに連絡を取ろうとしたそうですが、最後まで連絡が取れなかったんだそうです。

そしてアナウンスの最後にこう言ったんです。


"I hope he is OK"


何か事件に巻き込まれたのだろうか?

行方不明の彼(彼女)のその後が気になるなぁ。


さて、チーフスの活動は7月のプレイオフ敗退で終わりました。

次の日から、所謂オフシーズンの始まりです。


そこからずっとアタルと二人っきりの練習が続いています。

もう4ヶ月ほど経ちましたが、シーズン開幕まではさらにあと4ヶ月あります。


めちゃくちゃ長いです。

フォールボールもウインタークリニックも参加しなかったので、特にそう感じます。


例年なら野球以外のスポーツをしているこの時期ですが、今年はトレーニングに専念しています。

本人の意思ですが、私の方が肉体的にも精神的にも持ちません。


で、先日こう提案したんです。

「たまには気分転換もいるでしょ。アイスホッケー(レクリエーション)でもしてみたら?」って。


そしたら今日は、アルティメットとアイスホッケーをすると言います。

やっぱり、アタルの方も息苦しかったんでしょう。


ウエイトトレーニングをして気づいた事ですが、いかに集中力が大切かって。

時間が短くても集中力があった時は、トレーニングをして充実感が得られます。

逆に時間が長すぎると、集中力が欠けてしまい、良いトレーニングができません。


アタルの場合はウォーミングも入れて1時間、長くても1時間半でトレーニングが終わるようなメニューにしています。

それ以上長くなると、アタルよりも私の方が集中力がなくなるんです(ダメ親父です)。


考えてみると、アタルがピッチャーをしている時って、1イニングだいたい5分~10分くらいマウンドにいます。

ですから、その間だけの集中力があれば良いんじゃないかと思うんです。


もっと言えば、ピッチャーの集中力って、1球投げるほんの数秒間だけ良いんじゃないかと。

その代わり、ものすごい一瞬の集中力が必要なんだと。


そう考えると自重で何十回何セットとやるよりは、時間の短いウエイトトレーニングの方が野球に適していると思うんですが。

手首を鍛える?

野球のトレーニングで「手首を鍛える」ってよくありますが、これ疑問に思いませんか?

それを言うなら、「前腕を鍛える」って言う方が正確なんじゃないかと。


トレーニングは鍛える部位を意識しながら行うのが基本ですから、

動かすのは手首でも、意識するのは前腕だと思うんです。

ま、手首って言った方が小学生には分かりやすいとは思いますが。


とにかく、前腕を鍛えることは非常に大事です。





最初のトレーニング器具は初めて見ました。

あれは手作りなのかな?

それとも、売っているのかな?


次のトレーニングはライスバケツです。

アタルは4年以上続けています。


動画のような収納ボックスだと底が浅いので、米粒がこぼれてしまいます。

家でやるには不向きです。


うちでは、フタ付きのゴミ箱を使っています。

あと形は円の方がクルクルと手首を回しやすいでしょう。

002_convert_20120518064627.jpg

これくらいの深さがあれば、思いっきりやっても米粒がこぼれることはありません。


で、肝心の効果の程ですが、、、、

確かにアタルの握力は強くなりました。

でも、やってるのはライスバケツだけじゃないし。


とにかく、どんな器具でもいいですから、前腕がパンパンになるまでやることです。

で、そこからさらに追い込めるかどうかでしょう。


トレーニング後、スマホがいじれなくなるくらいまで頑張りましょう。

Just The Way You Are




滞在三日目の朝。

私一人、ホテルのジムへ行ってきました。


受付でタオルとボトルウォーターをもらいます。

置いてあるマシンは高級感があり、いつも使っている物とは全然質が違います。

ちょっとした金持ち気分を味わいます。


30台ほどあるトレッドミルはフル。

バイスクルなどのマシンも空いている物はありません。


ストレッチルームも満員。

ベンチも。


なるほどね。

カジノのホテルとは言え、健康に気を使っている人は結構いるんですね。


トレーニングを終え、部屋に戻り、朝食はどうしようかと妻と相談です。

私としては、ホテルのバッフェ(バッフェィと言った方が通じます)でしっかりと食べたいと。


値段を見ると、二人で$60。

これにチップが入って、カナダドルに換算すると約$100。

ま、泊まっているホテルがホテルですから、仕方ないかなと思ったんですが、

倹約家の妻が渋ります。


結局彼女の意向で、マクドナルドへ。

朝食は、コーヒーとエッグマックマフィン。


ラスベガスに来たのは非日常的な空間を楽しむ為であって、

せっかく高級感のあるジムでトレーニングをして良い気分でいたのに、

一気に現実に引き戻されました。


結婚前は、しっかりした女性だなぁと関心したんです。

で、そんな所に惹かれたんですけどね。


どんな場所でもブレない彼女。

一方、ラスベガスの華やかさに惑わされる私。

似たもの同士じゃない夫婦です。


追記 このブログではできるだけ本音を語っています。

女性の方からは「えーーー」と引かれるかもしれませんが、敢えて言います。


ラスベガスを満喫したいのなら、愛人と行くべきです。

もしくは、男友達と。


奥様と行くのなら、別の場所をお勧めします。

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking