FC2ブログ

A Look Back At 2018 In Chilliwack BC

カナダの日常がよく分かる動画を紹介します。


場所は、チリワック。

バンクーバーから東へ車で約一時間半の街です。

(妻の実家の隣町です)




ここはセカンダリースクールの側で、少し治安の悪いエリアだと思います。

と言っても、泥棒が多いのはどこも同じですけどね。


車上荒らしや窃盗なんて、罪の内に入らないんでしょう。

日本人の感覚からすれば、「そんな物まで盗むかー」って思います。


運転技術が未熟なのも、よく目にします。

ハッキリ言って、めちゃくちゃです。




バレバレの嘘も平気でつくし。




でも、どこか憎めないんです。

あまりにも稚拙からかもしれませんが・・・・


「飼いネコを探していただけ」って。
スポンサーサイト

多段式ロケット

現在、アタルはお昼寝中です。

昨夜は遅くまで遊び呆けていたようで。

全く緊張感がありません。


クリスマスシーズンですから、周りが浮かれていますからね。

それに合わせるのが、アンポンタンたる所以なんですけど。


高い目標を持つ友達が近くにいれば良いんですけど・・・・

オリンピック代表を目指している子とかね。


YouTubeとかでは、一生懸命練習に励んでいる様子を見ているんですけどね。

他人事のようにしか思ってないような。


さて、以下は今から4年前の記事です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
野球が上達していく過程を三段ロケットに例えると、

一段目のエンジンが小学生時代。

その燃料は、『野球が楽しいという気持ち』。


この燃料に着火させると、ロケットは宇宙へ向かって飛び立ちます。

燃料の量もそれに着火させるのも大人が大きく拘わります。


二段目のエンジンは、中高時代。

その燃料は、『二次性徴』。

これに着火すると、スピード倍増、物凄い勢いで飛んでいきます。


ただし、これは自動着火。

他人は操作できません。


一段目の燃料が少なすぎて、これに着火する前に墜落してしまうロケットも。

また、まだ一段目の燃料が大量に残っているのに、着火してしまうことも。


最後の三段目のエンジンは、高校・大学時代。

ここで使う燃料は、『ウエイトトレーニング』。

ただし、燃料に着火させるタイミングが難しい。


周りのロケットがかなり先を行っている。

勝たなきゃと焦って着火。

まだ二段目の燃料が残っているのに。


実際、それで周りのロケットを追い抜くことができるでしょう。

しかし、大気圏突破までは、まだまだ距離が。


夢は宇宙に飛び立つことだったのに、、、。

いつしか、相手に勝つことばかり考えて、、、。


ロケット打ち上げを成功させるには、

いかに一段目二段目の燃料で高く舞い上がるかが鍵を握る。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


アタルの周りでは、一人また一人と、

野球を止めるか、上を目指すのを諦めています。

自分の限界を知ったのでしょうか。


その子たちに共通するのは、

早熟とウエイトトレーニングを始める時期が早かったことです。

ここ1~2年、何をやっても成長した気がしなかったんじゃないでしょうか。


つまり、ロケットの燃料が切れ、推進力が無くなったんでしょう。


例えばピッチャーなら85マイルくらいまでは、

ウエイトトレーニングを始める前に到達しておきたい球速でしょうか。

それなら、95マイルも実現可能な数字だと思うんです。


ところが、70マイル台でウエイトトレーニングを始めると、

85マイル前後で止まっちゃうんです。(人それぞれですが)

この球速だと大学では通用しませんから、限界を感じるんじゃないかと。


アタルがまだ夢を見続けられているのも、成長を実感しているからだと思います。

この半年でウエイトトレーニングで扱う重量が飛躍的に伸びたし、

ピッチングフォームも改善する余地が残っています。


ただ91kgという体重は上限に近いでしょうね。

と言う事は、復帰した時の球速がキーになるでしょう。


もし自己最速が出なければ、その時は限界を感じるかもしれません。

はぁ、この一年が人生を大きく左右するというのに・・・・

KOパンチ

月曜日のトレーニング動画です。




1:16~メディスンボールを5回投げていますが、

2回目の投げ方が一番ボールに力が伝わっているように見えます。


感覚的には、ボクサーの右ストレートのような。

Benny & Joon

十代の頃よく音楽を聴くていたのですが、最近またよく聴くようになりました。

新しい曲じゃなくて、昔聴いた曲を。


するとね、当時を思い出しちゃうんです。

酔っていると、ポロッと涙が零れる事も。


この映画、ちょうど結婚する前に見たんです。

結婚に反対する友達もいたし、親からは「勘当する」と言われてたし。





そんな難しい英語じゃないので、歌詞を載せておきます。

[Verse 1]
When I wake up, well, I know I'm gonna be
I'm gonna be the man who wakes up next to you
When I go out, yeah, I know I'm gonna be
I'm gonna be the man who goes along with you
If I get drunk, well, I know I'm gonna be
I'm gonna be the man who gets drunk next to you
And if I haver, yeah, I know I'm gonna be
I'm gonna be the man who's haverin' to you

[Chorus]
But I would walk five hundred miles
And I would walk five hundred more
Just to be the man who walked a thousand miles
To fall down at your door

[Verse 2]
When I'm workin', yes, I know I'm gonna be
I'm gonna be the man who's workin' hard for you
And when the money comes in for the work I do
I'll pass almost every penny on to you
When I come home (when I come home), oh, I know I'm gonna be
I'm gonna be the man who comes back home to you
And if I grow old, well, I know I'm gonna be
I'm gonna be the man who's growin' old with you

[Chorus]
But I would walk five hundred miles
And I would walk five hundred more
Just to be the man who walked a thousand miles
To fall down at your door

[Post-Chorus]
Ta-da-da-ta, ta-da-da-ta, ta-da-da-ta, ta-da-da-ta
Ta-da-da-dan-te-la-dan-te-la-dan-te-le-la-da-da
Ta-da-da-ta, ta-da-da-ta, ta-da-da-ta, ta-da-da-ta
Ta-da-da-dan-te-la-dan-te-la-dan-te-le-la-da-da

[Verse 3]
When I'm lonely, well, I know I'm gonna be
I'm gonna be the man who's lonely without you
And when I'm dreamin', well, I know I'm gonna dream
I'm gonna dream about the time when I'm with you
When I go out (when I go out), well, I know I'm gonna be
I'm gonna be the man who goes along with you
And when I come home (when I come home), yes, I know I'm gonna be
I'm gonna be the man who comes back home with you
I'm gonna be the man who's comin' home with you

[Chorus]
But I would walk five hundred miles
And I would walk five hundred more
Just to be the man who walked a thousand miles
To fall down at your door

Kids and Foul Balls

ほんわかする動画です。




さて、アタルの体重ですが、8月から91kg前後で推移しています。

炭水化物の摂取量は減らしているんですが、体重が変わらないってことは、

脂肪が減った分筋肉量が増えてるんでしょうか。





そこそこ動けているので、この辺りがベスト体重なのかもしれません。


怪我をする前が85kg前後だったので、この差がどれだけ球速に影響するのか。

打球の飛距離は、伸びているんですけどね。

リリースポイント

アタルからこんな写真が送られてきました。

max.jpg

「見て、リリースポイントがこんなに前にあるよ」


確かに。

写真の角度なのかもしれませんが、

それを差し引いたとしても、かなり前にありそうです。


私としては、アタルが自分でメカニックを研究できようになったことの方に驚いています。

ワークアウトのメニューも自分で決めているし。


ホント、ようやくです。

早い子なら、中学生の間で出来るようになるんですけどね。

Smooth

昨晩酔った身体に、この音楽が心地よかったんです。




色々あるけど、なんとかなるもんです。

だから悩んでいる暇があったら、

酒を飲んで、お気に入りの音楽を聴いている方がマシかなと。


さて、現在アタルはテスト期間中なので、

勉強の合間を縫ってワークアウトをしています。




次の学期はカレッジを休んで、アルバイトとリハビリに集中するそうです。


そうなると、お金に余裕も出るだろうし、時間もあるとなると・・・・

根はアンポンタンのままですからねぇ。


ま、結局なんとかなるんですから、

心配する必要はないんですけどね。

丹田

チーフスのウインタートレーニングですが、

ジュニアチーフス時代のチームメイトのお兄さんが取り仕切っています。


彼は元UBCサンダーバードのピッチャーで、学問の方はキネシオロジーを専攻していました。

トレーニング以外にも体の構造とか筋肉の事とかも、教えてもらっているようです。


その一つが、丹田。


これね、私もずっと前から言ってきたんですけどね。

「日本の武道は、ここを意識する」って。

でも、今までピンと来なかったようです。


今回のワークアウトでは、ようやく丹田を意識しながら行ったようです。




あんたは何のためにウエイトトレーニングをしているのか?


挙げる重量ばかり気にするアンポンタンでしたが、

少しは頭も使えるようになったかな。

開催国枠

勇み足でした。

東京五輪のバスケットボールですが、

まだ開催国枠があるかどうか分からないんですね。

失礼しました。


今波に乗っているので、実力で枠を勝ち取って欲しいですね。


さて、この日のワークアウトの動画には、セット数とレップと重量を載せています。




もう、しょぼくはないですが、かと言って自慢するほどでもありません。

ま、ここからどれだけ伸びるかでしょう。

打球速度

ちょっと説明を(言い訳?)。

ポケットレーダーなので、そこに向かってボールを打たないキチンと計測できません。

ですから、センターから少し右方向へ狙って打ったため、詰まったそうです。





94マイルでがっかりしているのは、この日の最速が96マイルだったからです。

金属バット(-5)で打ったら、100マイルだったそうです。


ちなみに、カレッジ選手の平均が90マイルで、

D1のレギュラー又はマイナー選手(下のほう)で95マイル、

MLBのプロスペクトで100マイル+なんだそうです。


私はね、「1分でも良いから」「まだ野手の可能性もあるから」

って言うんですけどね。

これが、全然バットを振らないんです。


普通、球児が鏡の前でする事って言ったら、バットを振るかシャドーピッチングでしょ。

うちのアンポンタンは、シャドーボクシングです。


最近、ボクシングが面白いそうで。

ま、あんたの人生だから、好きなようにすればいいけどね。

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
106位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking