戯言

小学生から野球を始めて、甲子園にでるのが目標で、

プロ野球選手になる夢を持つ。

お父さんと朝練頑張って、学童野球のチームではエースで4番になったけど、

中学で硬式に行けばそんなヤツばかり。

そこでも歯を食いしばって頑張り、主力選手になったけど、

強豪校へ行けばそんなヤツが全国から集まっている。


小学生から中学生、中学生から高校生、どんどん仲間は野球から離れていった。

目標だった甲子園は遠い遥か彼方。

プロ野球選手になる夢もいつしか諦めてしまった。


今までしてきた努力はなんだったのか。

野球のためにどれだけ多くのことを犠牲にしてきたことか。


その代償としていったい何を得たのというのだろう。

「野球のおかげで健康な体ができたじゃないか」で折り合いをつけるのか。

「野球をやってて楽しい思い出ができたじゃないか」で折り合いをつけるのか。


アタルの野球は刻一刻と終着地点に向かってる。

終わりよければ全てよし。


何をもってよしとすべきだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何を持って良しとするかは
本人しか分からないし、本人
が決めることではないでしょうか。

親としては、好きで本気でやりたい
といった以上、本人が「もういい」と
いうまで応援するしかないと思って
います。 やりたいことにチャレンジ
して、納得いくまでやれたという思い
は人生において大切だと思います。

不完全燃焼だったり、誰かにそれを
辞めさせられたりしたら、ずっと引きずって
生きていかないといけなくなりますし、
それは結構つらいことですからね。

shunさん、こんにちは

> 何を持って良しとするかは
> 本人しか分からないし、本人
> が決めることではないでしょうか。

一般的にはそうです。異論はありません。
ただうちの息子の場合は例外だと思います。

卓球部に入りたいとか、出られもしないバスケの試合に行くとか、
全く意味が分かりません。
これじゃ、本気と思えないでしょ。

野球がマイナースポーツの国の、小さな街のいちチームでも
中継ぎ扱いなのに、まだプロ野球選手になれると信じているんです。
サンタがいると信じてると同じレベルでしょ。

いや、それでも努力しているのなら全然いいですよ。
ですが、言ってる事と行動が全く伴ってないのです。


小学生ならまだしも、もう車の免許を取れる年なんです。
才能がないし努力もしないのならどこかで区切りをつけて、
別の道を探してあげるのも親の役目じゃないでしょうか。

それでも、才能もなく努力もしない息子にお金を払いつづけ、
莫大な時間を犠牲にするのが親だというのでしょうか。

ずるずると野球にしがみつき、勉強を疎かにしたツケは、
一生かかっても取り戻せないかもしれません。
高校三年間、野球で完全燃焼できた、それで世の中食っていけますか?
shunさんならそういう人に心当たりがあるんじゃないでしょうか。

ですから、ここらで「やるのならやる、やらないのならやらない」と決断させるべきという考えです。
息子が優柔不断で決断できないなら、代わって親が決断するべきだと。

もちろん、待ってくれと言えば答えが出るまで待ちますよ。
とにかく、今の状態は中途半端で、それが一番あかんと思うのですが。

こちらではG11(高2)の成績が大学進学に大事なんです。
幸いもう少し勉強を頑張ればUBCに進学できそうなんです。

後々の人生を考えるとそっちの方に重点を置くように勧めるのが親だと思いますが。
偉そうな言をいってすみません。

No title

昨日、コメントしようとして
途中でやめました。
でも、書きますね。

その時は、「人それぞれ」と書こうとしたんですが
そんなことわかりきっているでしょうから、レベルは違いますが、一例上げておきます。

知人の話なんですが
某強豪高校出身ですが、高校で不完全燃焼。
しかし、縁あって高卒で一部上場企業に就職できるチャンスが有りました。
しかし、そこでは軟式野球となってしまいます。
大学で、もう一度勝負するか?
それとも、第一線の野球を退き、安定した仕事を選ぶのか?

親の意見は、野球はもう諦めて、就職して欲しかったそうです。
しかし、本人の選んだ道は、大学での野球でした。

まだ、道半ばですから答えは出ていませんが、今では野球をしていません。

親として、どうすればよかったのか?
知人も、悩み悔しい思いをしていますが、
本人に決めさせることに意義があると考えての決断でしたので、概ね納得しているようです。
私は、失敗してもいいと思っています。
命を失うという失敗以外は、なんでもOKです。
もちろん、他人に迷惑をかけないというのは、当然のことですが。

年齢でなかなか区切ることは難しいと思いますが、アタル君は、まだまだ、Jayさんのアドバイスは必要なんだとは思います。
でも、きっと気がつく時が来ます。

あと、私の思いですが
勉強はいつでもできますが、スポーツのチャンスだけは、適齢期があると考えています。
だから、悩みませんでした。

アンバサダーさん、こんにちは

> 命を失うという失敗以外は、なんでもOKです。

そこなんです。
かなり深い所なんです。


アンバサダーさんには、長年来の友人のようにコメントをして頂き感謝しています。
精神的にも助けて頂いています。

ブログですから、嘘をついて取り繕う事もできますが、
できるだけ今の心境をそのまま表そうと思っています。
いつの日か笑って話せる日が来ると信じていますから。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking