大人の学校

ブログですから、嘘をついて取り繕う事もできます。

アタルのいい面だけを切り取って自慢話にだってできます。


でもそれじゃ自分らしくないし、何より読んでくださっている人を裏切っているように感じるのです。

ですから、できるだけ忠実に今の心境をお伝えしようと思うのです。


天気で言えば、今は雨。

ですが、必ず晴れる日が来ると信じています。


娘の話ですが、彼女は小学生からバスケットボール始めました。

練習は欠かさず行きましたが、自主練はほとんどしなかったんです。


バスケットボールは好きなんですが、不思議と上を目指すことはしなかったんです。

『やればもっとできるのに』と親としては歯痒い思いをしていました。

でもそのお陰というのか、怪我を除けば手間もお金もたいして掛かりませんでした。


大学はUBCと決めていたのですが、大学のチームに入るのは早い段階で諦めていました。

このレベルで通用するのは、190cmある白人か身体能力の高い黒人なんだそうです。

ずっと前から自分の限界に気付いていたのでしょう。


現在大学二回生になった娘ですが、

今年は2つのチームに入ってバスケットボールを楽しんでいます。

勉強もアルバイトも楽しいと言います。


上手くバスケットボールと付き合っているなぁと親ながら感心します。

僅かな投資で大きなリターンを得たと思います。


一方、アタルの野球にはお金も時間もたくさん使ってしてきました。

『子供の夢を応援するのが正しい親のあり方』と信じ、それを演じています。

でも実際は、楽しい事よりも悔しいとか腹が立つことの方遥かに多いのです。


<大切なお金と時間を使って苦しむなんて、バカのやることじゃないの?>

と我ながら思うときがあります。


いや、私とアタルはいいんです。

好きでやっていますから。


でも妻や娘には申し訳なく思います。

これだけ野球にのめり込まなければ、もう少し家族旅行だって行けてたし、

美味しい物も食べられたでしょうし。


ですからもう、「父子で楽しい思い出ができたね」じゃ済まされない所まで来てしまいました。

何らかの結果を残さなければ、妻と娘に顔向けができません。

このままで終われば、きっと野球を続けたことを後悔するでしょう。


さて、こちらは武井壮の動画です。




gamble.jpg

まさしくその通りだと。


私たちがテレビで目にするアスリートは氷山の一角なんです。

99%の選手は海面の下なんです。


野球が上手いだけで食べていける人っていったい何人いるのでしょうか。

それ以外の人は、野球をやってきて何の役に立つというのでしょう。


しかも野球をするにはそれなりの人数がいるし、道具がいるし、

テニスやゴルフと比べると社交性の低いスポーツと言えるでしょう。

私が卓球をしてきたから分かるんです。

「なんでテニスをしとけへんかったのか」って何度後悔したことか。

投資(時間とお金)とリターンを考えれば、野球は割りに合うのでしょうか。


もし「息子をリトルリーグに入れようと思うんだけど」って相談を受けたらこう答えるでしょう。


「賢く付き合いなさいよ」と。


決して野球をやるなと言ってるのではありません。

むしろ野球をするのは大賛成です。


ただどこかで割り切って考える方が賢い生き方だと思うのです。

子供の夢をサポートし続けた結果、ハッピーエンドで終わる家族は果たして全体の何パーセントなのか。

そんなギャンブルみたいなことに、妻や娘を巻き込んでいいものなのか。


またネガティブな内容ですみません。

光があるところには必ず影があるんです。

ことスポーツの世界では、小さな光に対して、その何倍もの大きな影ができているんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本で、中学硬式をやっている家庭の殆どがJayさんと同じように感じていると思います。
ましてや、強豪高校に行き保護者会のサポート等までやろうものなら、さらに長い時間と期間家族の負担は大きいものです。

「そういういろんな応援がある事に気づき、感謝し成長に結びつく」

そう言う、選手もいれば

「自分をサポートしてくれるのが当たり前」

言葉では、ありがとうと言いつつも、そう受け取るしかないような行動しかできない選手もいます。

同じような環境で、やっていても違いは何から生まれるのか?
それは、誰にもわかりません。

プレーヤーは、自己責任ですから、親は環境を与えるだけでいいと思います。
十分、Jayさんは環境を与えていると思います。
Jayさんの妻や娘さんへの思いが伝わっているかどうか、それは私にはわかりませんが、大事にしてあげてください。
Jayさんの笑顔が、家族への一番のサービスだと思います。

私も、妻にたくさん笑顔を届けたいと思いますが、いつもあやまってばかりなんですけど。

アンバサダーさん、こんにちは

>Jayさんの笑顔が、家族への一番のサービスだと思います。

それは日本同士だからだと思いますよ。
日本人は気持ちを大切にする文化ですが、こっちは目に見える物が大事なんです。
「同情するならカネをくれ」
例えるなら、こんな感じでしょうか。

もちろん、そんな事は口に出しては言いませんよ。
だからこそなお更目に見える形の結果を出さないと示しがつかないのです。
「頑張ったけどダメだった」では、私のプライドが許さないのです。

やるからには結果を残すこと。
これは社会人になったら当然ですよね。

こんなことは学校では教えてくれません。
ですから、今私が教えるべきことなんです。

「結果は出なかったけど、その過程は頑張ったじゃないか」
こんなのはただの言い訳で、社会人では通用しないでしょ。

結果が残せないのなら、それが分かった時点で止めること。
そうすれば、時間もお金も次の可能性に回せます。

間違いなくSOU君は結果もだし、野球の勝ち組です。
数少ない野球エリートの中に入っています。

つめの垢を煎じて、うちのアンポンタンに飲ませたいです。

No title

結果を求める真剣勝負の世界が私も好きですから
Jayさんのいうことや気持ちもよくわかります。

ある意味、私は既に第一線を退いていますから
どちらかと言うと、トップグループではなく第二グループを見る思いになっている気はします。その部分でのズレがJayさんとは間違いなくありますけどね。

プライドを持って取組むことはすごく大事なことで
結果を求めることは、極アタリマエのことだと思います。
徹底できるかどうかがポイントで、
それをアタル君本人に持ってほしいのに持ってくれないもどかしさが、新しい記事にもにじみ出ていますよね。

私も、子供たちに伝えたいことは、スポーツを通じ家庭を通じ伝えていきます。
Jayさんも、同じだと思います。
日本と海外の環境・文化の違いはあれど、向いている方向は同じだと思っています。

これからも、大いなる愚痴楽しみにしています。
もちろん、アタル君のいい話もね。

アンバサダーさん、こんにちは

> それをアタル君本人に持ってほしいのに持ってくれないもどかしさが、新しい記事にもにじみ出ていますよね。


もどかしい、もうその一言につきます。


勉強のほうですが、お姉ちゃんの場合は、一度も勉強しないさいって行った事がないし、

逆に「もうそろそろ寝たら」って私が心配するくらい勉強をしてたんです。

だからアタルにも、私が心配するくらい練習をしろよ、って期待してしまうんです。


ところが、マイペースというか、のんびり屋というか、

中継ぎと言われても全然悔しがらないんです。

鈍感を通り越して、正真正銘のアンポンタンなんです。


なんか文句いいになってます。

車を運転してても、マナーが悪いとかぶつぶつ文句ばかり言ってます。


若い頃は、そんなおっさんってカッコ悪いなぁと思っていたんですけど、

自分がそうなっちゃいました。

No title

私も、親の影響で、負けず嫌いでとんがった性格をしていましたが
出会った色々な人の影響を受け、感化され、少しずつ新しい考え方を取り入れ、
今があります。

明けない夜はない

と、信じて、私も戦っています。
ここだけの話、明けることはないかもしれない。と、落ち込むことは多々有りますが、
私以上に苦しいのは、本人なんで、私が負けるわけには行きませんからね。

ちょっと、話し脱線しましたが

Jayさんも変わる必要はないと思います。
アタル君も同様。

新しい何かを見つけて取り入れる。
否定するのではなく、成長するということはそういうことだと
私は、考えるようにしています。

本当かどうかは、知りませんし、別に本当か嘘かどっちでも良いんですけど。

アンバサダーさん、こんにちは

少し楽観的に考えられるようになってきました。


>本当かどうかは、知りませんし、別に本当か嘘かどっちでも良いんですけど。

似たような感じと思いますが、ちゃらんぽらんな指導者の評価なんてどうでも良くて、
これはアタルの成長するチャンスだと捉えることにします。

怒りをエネルギーに変えて、練習に取り組みます。
絶対に見返したるねん!
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
59位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking