修正ポイント

前回のピッチング練習では、アーロン・マイエットからピッチングを教わったそうです。

アドバイスを受けたのは2点。


『もっと胸を突き出し、前でボールを放すように』

アタルはリリースの時、少し横回転しているそうです。

しっかり縦回転することで、修正ができます。


『ギリギリまで左くるぶしをキャッチャー方向へ向けるように』

左腰の開きが早いそうです。

それを防ぐには、左くるぶしを意識すること。


こうして指摘してもらえば、練習するポイントが明確になります。

ものにできれば、きっと進化するでしょう。


一方、褒めてもらった点は2点。

『ピッチングフォームがスムースなこと』

『ベースができていること』


おべんちゃらでもこれはうれしい。

球速よりも意識して取り組んでいたのはこれだったんで。


『しっかりとしたベースを作り、スムースなピッチングフォームを身に付ける。

あとは筋力アップを計れば、自然と球速は伸びる』

とまぁ、こう思っています。


でも現場は球速重視。

だから力任せにボールを投げる子ばかり。

私の考えが間違っているのか、進む方向が間違っているのかと何度も自問自答しています。


ところで、最近よく聞くのが、ウエイテッドボールを使ったトレーニング。

先ず通常よりも重たいボールを投げ、

次に通常よりも少し軽いボールを全力で投げます。

すると普段よりも球速があがります。

でその感覚で通常のボールを投げ、球速アップを計るというもの。

結果は出ているようです。


アタルにもそれをさせればおそらく球速はあがるでしょう。

でもバスケットボールやアイスホッケーをやらせています。

バットを振ってる時間よりもボールを投げている時間よりも泳いでいる時間の方が長いです。


結果だけを気にすると<こんなことやってていいのだろうか>と不安になります。

ですが、少しでも褒めてもらったことでこのまま続けていけそうです。


-焦らないこと-

結構難しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

良いコーチに巡りあったようですね。
左くるぶしですか、それもいい意識ですよね。
私は、足の裏をキャッチャーに見えるように足を出すことを意識しています。
目的は、開きを抑えることですので、同じですよね。

ウェイテッドボールのトレーニング
興味ありますが、怖いですね。
効果が出やすいトレーニングには、必ず弊害があるという、過去の経験則から、手を出していません。
特に、重いボールを軽く投げるのはいいと思うのですが軽いボールを早く投げるのは、ちょっと怖いです。

アンバサダーさん、こんにちは

>私は、足の裏をキャッチャーに見えるように足を出すことを意識しています。

納得です。
足の裏を意識するとヒップファーストも自然とできますね。
ところで、前足の着地ですが、かかとから派ですか?
それとも、つま先から派ですか?


> 興味ありますが、怖いですね。

私も怖いです。
これは、もう何をやっても球速が上がらない時に使う最後の手段だと思っています。

でも相手は商売でやってますから、手っ取り早く球速をあげようとしているんじゃないかと。
走り込みとか可動域を広げるとかは時間が掛かりすぎて、こっちの子には無理でしょう。

私も一時バットのヘッドスピードを上げるために、
重いバット→普段使っているバットより少し軽いバット→普段使っているバットの順で振らせたことがあります。
でも腰を痛めそうですぐ止めました。

また体が成長中の子には諸刃の剣のような気がします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

えー、足の着地ですが、多分写真とか動画で見れば、微妙に、かかとからの着地になっていると思いますが、意識的には、足の内側で着地するように意識しますので、ほぼフラットに着地します。
つま先着地が悪いとは思っていませんが、膝が前に出て力が逃げるような投げ方になる選手は、つま先着地が多いので、そういう選手には、かかと着地を教えます。
かかと着地であっても、開き気味につま先が開くタイプの選手には、つま着地のインステップ。もしくはノーステップの1塁牽制のように軸回転で投げる指導をすることがあります。
左足の膝が割れずに、しっかりと体重を受け止めることが出来るなら、あまり細かいことは気にしませんが、つま先は若干閉じ気味に着地するよう意識しています。

胸の張りに関しては、結果的に張られるものだと思いますので、あまり意識しなくてもよいと思いますよ。
上半身に力みがあると、胸が張れない印象あるので、若干力みがあるか、力を入れるタイミング(投げようと意識するタイミング)が少し早いんじゃないでしょうか。

Re: No title

効果はあると聞いています。
アタルの周りでは結構やっています。
問題は、始める年齢かと。

シアトルに専門のジムがあるんです。
ブログの方で動画を載せておきますね。

アンバサダーさん、こんにちは

タイプによるってことですね。
無理矢理させて、意識がそっちに集中するのもよくないですよね。

ありがとうございました。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
45位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking