Weighted Baseball

昨夜のチームのトレーニング、来たのはまた5人。

もちろん、監督もコーチも見に来ません。

もし私が監督ならね、簡単な体力測定くらいはしますがね。


ファールボール期間中に身長と体重、60ヤードと1マイル走、立ち幅跳びなどを記録しておき、

それを基準値とします。

そして休み明けにもう一度計ります。

すると、伸びている子とそうでない子がハッキリ分かるでしょう。


仮に体重が増えていたとしても、1マイル走のタイムが悪くなっているのなら、

単に暴飲暴食をしただけだなぁと思えるし、

立ち幅跳びの記録が伸びていれば、長打力も球速もアップしてるんじゃないかと期待できます。

そして、そういうのも考慮した上で、シーズンの選手起用を考えます。


伸びている子なら辛抱強く使うでしょうし、そうでない子なら早めに見切りをつけるでしょう。

数字を見りゃ一目瞭然なので、文句を言われても納得させられる説明ができるでしょう。


最低限これくらいはね、監督やコーチはすべきだと思うんですけどね。

お金をもらってんだから。

そう思う私が変なのかなぁ。


さて、シアトル近郊にはピッチング専門のトレーニングジムがあります。

そのジムのWeighted Baseballを使った練習方法の動画がこれ。



バットのヘッドスピードを上げる時の方法と似ているかもしれません。


Weighted Baseballを使って球速を上げる方法にはこんな意見があります。




私も同じ意見で、まだ身長が伸びているアタルには早いと思います。

ただね、このWeighted Baseballを使ったトレーニングをしたり、

ウエイトトレーニングしてパンプアップした友達がアタルにはいっぱいいて、

「〇〇が何マイル出したんだって」って何度も何度も私に言うんです。


アタルは友だちが新しいゲームを買ったら、自分も同じ物を欲しがるタイプ。

人の持ち物、身なりを羨ましがるんです。


だから、アンポンタンなんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この投げ方は、外野手ですね。
速度を上げるにはいいんでしょうね。
成長期の子供にやらせたら、肘やりそうな雰囲気バリバリに感じますね。フォームも含めて。

ピッチャー候補のピッチャー以外のポジションで練習させるとき、2つの考え方があります。

とにかく腕を振る→外野からの遠投

下半身の連動を使う→ショートの三遊間よりからのスローイング

この練習を、外野の遠投の一環として考えれば、いい練習なんでしょうが
肘の靭帯は、腕のふりが早くなればなるほど痛みますので、どの年代の選手にも悪影響の大きいトレーニングだとは思いますが、数を制限すれば有効なトレーニングだとは思います。
ウェイトトレと同じで、体にあった負荷と回数でうまくすれば有効ですが、あってなければ有効でない。
そんなイメージですけど。

アンバサダーさん、こんにちは

感想ありがとうございます。
日本はどうか分かりませんが、ピッチャー専門のトレーニングジムがシアトルにはあるんです。
それで商売が成り立つってことは、野球はお金の掛かるスポーツになったってことかもしれません。

実感していますが、ホントびっくりするほどお金が掛かります。
さらに送り迎えの時間がめちゃくちゃ掛かるんです。

アメリカには低所得者の子供たちの為に費用のかからないプログラムがあるそうですが、
こちらにはありません。
ですから、家族がみんなが犠牲になっちゃうんです。
日本の方はなかなか想像しにくいかもしれませんが、厳しい現実があるんです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ブルペンからだと負荷が大きすぎるという考えで、必ずフラットから投げるそうです。
下半身ですが、私自身はよく分かりません。
アタルの腰の回復を待ってから試してみます。

偶然こんな動画を見つけたんですが。
https://www.youtube.com/watch?v=m0MsCVLpVZU

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

良い報告ができるように頑張ります。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking