Triple Extension

アタルのピッチングフォームの問題点が分かったかもしれません。

下の動画の左側の子と似ています。

今のままで体を鍛えても、いずれ行き詰るでしょう。




問題点を見つける→修正方法を見つける→反復練習をする→できているかどうかチェックする

この繰り返しで改善できるはずです。


本人も「ワクワクしてきた」と言います。

このオフの間にしっかり下半身を鍛えて、Triple Extensionが身につけさせたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

左の動画のピッチャーの気になるのは
ヒップファーストが極端すぎて、ギッタンバッコンになっている。
その部分だけは気になります。
途中の線を引かれたりしている部分は、全て初動の動き+下半身の粘りのなさと柔軟性のなさが要因で、結果的に悪い形になっているだけで、その部分を治そうとしても難しいでしょう。
フィニッシュの腰が折れる部分や胸の張りが不足している感じに見えるのも、初動のバランスの悪さと、力を入れるタイミング、下半身の柔軟性と使い方に依存しているでしょう。
下半身の使い方が、足の外に荷重がかかっているように見えるので、内側に体重をのせるイメージを追加するだけで、バランスは変わると思います。

フォームって、実は形にこだわると失敗すると思っています。
動作の中で、注意(意識)すべきポイントと、見た目の(めだつ)チェックポイントは違うと私は思っているからです。

フォームは、体作りとともに変化します。
しかし、得たリズムとタイミングはあまり変化しません。
リズムとタイミングがベースと私は考えています。

アンバサダーさん、こんにちは

ここ数日プロのピッチングフォームを見ていますが、皆さまざまです。
ただ大きく二つのタイプに分けると、球速の速い投手はトリプルエクステンションができていて、ショルダーヒップセパレーションもしっかりできているタイプで、球速の遅い投手はアタルのような軸足が曲がるタイプが多いと思います。

> フォームって、実は形にこだわると失敗すると思っています。

私は形にこだわっていますね。
経験がないし、これが正しいって信念がないからだと思います。
だから、色んな情報に振り回されています。

No title

形って、あくまでも結果であって
その形を作るにはどうすればいいか?
という部分が大事だと思ってます。
筋力がないと出来ないフォームもありますし
柔軟性がないと出来ないフォームもあります。

あえて、ポイントを上げるとすると
内転筋の使い方がポイントだと、私は感じていますが。
フィニッシュで軸足が折れるのは、足の外側に体重がかかっていて、並進運動が十分にできていないからと思ってます。

アンバサダーさん、こんにちは

> フィニッシュで軸足が折れるのは、足の外側に体重がかかっていて、並進運動が十分にできていないからと思ってます。

併進運動もひっくるめてトリプルエクステンションがキーポイントであると私は睨んでいます。
これはおっしゃる様に、筋力がないとできないのか、柔軟性がないとできないのかもしれません。

軸足が折れるタイプのピッチャーは、アタルの年齢では大勢います。
みんなができるってことは大したことじゃなくて、
みんなができないことができるのが価値があると思っています。

私の中では、これが成否の分かれ道じゃないかと確信に近いものを感じています。
ただブログで説明するのは、アタルの結果を見てからにします。
間違っていたら恥ずかしいですから。

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
57位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking