リミッターを外せ!

ウェイテッドボールの投げた翌朝、肘肩に張りや痛みは全くありませんでした。

少し背中に筋肉痛があるようですが、これはレッスン後に行ったトレーニングのせいでしょう。

ひと安心です。


さて、レッスン後の帰りの車中で、ある事に気付いたんです。


<あんなに思いっきりボールを投げてるとこ初めて見たなぁ>


バックホームの時はホームで刺せる距離なのに、必ず中継に入っている選手に投げるんです。

内野を守っている時でも、思いっきり投げたらアウトになるかもしれないのに投げないんです。

おそらくどちらも暴投を怖がっているのでしょう。


ピッチャーをやってる時もそうかもしれません。

心のどこかで死球を怖がっているのかもしれません。

(これまで頭に3回、体には数知れず当てられてきましたから、「同じ数までは当てても気にするな」と言ってますが)


走る時だってジャンプする時だって、どこか不自然なんです。

それが運動音痴というものなのか、とにかく全力をだしているようには見えないんです。


そんなアタルがあの時は思いっきりボールを投げてたんです。

もしかして、、、、。


アタルはリミッターが働くのが普通の子より早いんじゃないの?

もしそれを解除してやれば、本来の能力が発揮できるんじゃないの?


ま、それは随分前から気付いていて、「大丈夫だから」「試合に負けてもいいから」と安心させるように何度も言ってきましたが、

リミッターを外すトレーニングはしたことがありません。

いや、そんなトレーニングがあるのかどうかも知らないし、考えてもみなかったんです。


レッスンから数日後のことです。

立ち幅跳びの練習をしている時に、ふと思い出したんです。


<体は確実に強くなっているのに、記録が伸びないのはひょっとして、、、、>


それで、一度下り坂でやらせてみたんです。

もちろん下り坂ですから、いつも以上に飛べます。


ですぐ、いつもの所を飛ばせたら、記録が伸びたんです。

腕の振りが一気に鋭くなったんです。


リミッターが外れて気持ちがいいんでしょうか、何度も何度も立ち幅跳びを繰り返します。

「疲れるから、もうやめようよ」って言っても、「あと一回だけ」「ほんとにあと一回だけ」と。


その後、「坂道ダッシュも新記録を作るぞ!」と意気込むアタル。

坂下りダッシュをしてスピードを体感し、そのままの感覚で一気に坂を登れば、、、


いざ、ダッシュ。

腕の振りは鋭くなってる。

走りに躍動感が出てる。


タイムは、、、、7.16秒。


 先週と同じ。


いやいやいや、そんなはずはないと、もう一度。

タイムは、、、、、


7.16秒。


がっかりするアタル、それを見てにやけてしまう私。


<そりゃ力残ってないわな、あんだけ立ち幅跳びしたら>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
まず、ウェイテッドボールのトレーニングにチャンレジして良かったと思います。
でも、最初のウェイテッドボールの練習で140キロ出るとは思っていませんでした(笑)
自分の経験からすると3%~10%くらい球速が上がるはずなのでひょっとしたら150キロ出るかもしれないですね!
リミッターの話も納得って感じです、フォームをトレースする事に気を使ってしまっていたかもしれないですね
作ったフォームの中で思いっきり体を使えるようなクセをつけるといいかもしれないですね。

sanshirouさん、こんにちは

> でも、最初のウェイテッドボールの練習で140キロ出るとは思っていませんでした(笑)

少し光は見えましたが、あくまでもクロウホップで出ただけですから。
でも、今まで球速に特化したトレーニングはしてこなかったので、どれだけ変わるか楽しみです。
本人も少しやる気がでてるので、これから3ヶ月のトレーニングが勝負と思っています。

それで結果を出せば一気に伸びそうな、そんな期待を抱いています。

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
57位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking