上腕二頭筋を鍛えろ!

今週もまたIP(野球教室)に行ってきました。

1時間のレッスンと30分のトレーニングは内容の濃いもの。


<一日の練習量は、これだけで足りるんじゃないの?>


ただね、金額が。

料金は相場ですが、今カナダドルがめちゃくちゃ弱いんです。

だいたいアメリカドルの4割増しで計算しなくてはいけません。


<厳しいなぁ>


さて、今回Bトレーナーから指摘を受けた点ですが、

アタルは脚力と比べて上腕二頭筋の筋力が弱いそうです。


例えるなら、せっかく下半身で10の力を出しているのに、

上腕二頭筋の力が7しかないので、7の球速しか出ないということです。


こうしてチェックして頂けたら助かります。

あとは私たちでその箇所を鍛えるだけですから。


アタルの隣ではバッティング練習をしていたのですが、こちらも内容の濃いものでした。

こうして野球教室に人が集まるのも納得です。

うちのチーム練習なんか、ここに比べたらめちゃくちゃ薄いですもんね。


アタルは来週も行きたいと言います。

本人が行きたいと言うのなら行かせますが、

分かってるのかなぁ、どれだけお金が掛かかるのか。


まぁね、成果がでれば安いものになるんでしょうけど、今まで何度も裏切られてきたからなぁ。

これが会社ならね、完全に不採算部門で、即撤退すべきです。


ホント、アンポンタンは分かっているのかなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

良い環境が見つかり、よかったですね
下半身が上半身より勝っている方が、私は好みですので
私なら、今のバランスを保ったまま上腕二頭筋だけでなく、下半身の強化も考えるでしょうね。
ただし、股関節の柔軟性が最も大事ですので、柔らかさを失わないように気をつけますが。
いずれにしても、下半身の強化って、効果がわかりにくいし辛いので、やりたがらないですが、正直私なんかは、年をとったおかげで、下半身の重要性がいやというほど気づきますし、逆にわかりやすいんですよね。
でも、今教えている中学生って、嫌になるぐらい下半身の意識が薄く、神経が通っていないんですよね。
どっちが正しいかと言うつもりはないんですが、上半身のほうが効果に対するレスポンスが早いんです。
で、そこばっかり目が行くと。
でもほんとうに大事なのは、土台である下半身。
ここに神経を通わせる、思い通りに使えるようになる。
スポーツの基本はここにあると、私は信じています。

アンバサダーさん、こんにちは

トレーナーから、月曜日に下半身のウエイトをマックスでするようにと言われています。
アタルの場合は、上腕ニ頭筋肉が他と比べて極端に弱かったんだと思います。
下半身はアイスホッケーとかやってますが、腕はほとんどやってこなかったから当然です。

ピッチングの時は、上腕ニ頭筋肉に負荷を感じていたようです。
筋肉の弱いところに大きなダメージ行くんでしょう。
それを回避するのは、バランスよく鍛えることなんだそうです。

上半身はリラックスしている状態、下半身はガッチリと。
これが理想と思っているんですが。

とにかく、本格的になってきたので、3ヶ月後にはガラッと変わっているように頑張ります。








No title

こっちも楽しみにしています。
ある程度、土台はできていると思いますので
ここで、一発ラストスパートで急成長出来ると、期待しています。

アンバサダーさん、こんにちは

次のオフシーズンでいいかなぁと思っていたんですが、
トライアウトは待ってくれませんからね。

急成長は大学でと思っていたんですが、その大学に入れなきゃなんにもなりませんから。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
45位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking