コーチズアイ そのニ

前回の続きです。


軸足の折れの原因は、ストライドの長さにあるとBコーチが指摘します。

そこで今度は意識してストライドを短め、またトップの位置から投げてみました。


向かって右側がビフォアーで、左側がアフターです。




これまで左側のフォームを練習して来ました。

自宅でならできてたので、修正は上手く行ったと思っていたんです。


ところが、ピッチャーズマウンドからだと傾斜がついているので、

いつもよりストライドが長くなるようです。

計ってみると身長の105~110%あります。

その長さでは体を支える脚力が前足にないので軸足が折れるという訳です。


まだ未完成ですが、左側のピッチングフォームは私の理想に近いです。

それとBコーチの教えが同じなので、アタルは迷う事がないでしょう。


つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

軸足というより、前足の使い方が一番変わっているように感じます。
私は、あまり前足の膝が前に出るのはあまり好きではないので、左側のフォームの前足の使い方のほうがいい感じはしますね。
うちのチームの選手でもストライドが広すぎて力が抜ける選手がいるので、狭くさせたりするんですが、アタル君みたいに、すぐに効果が出ることはあまりありません。
伝え方が悪いんだと思いますが、慣れ親しんだフォームを変更してくれないというのもあるようで、普通はフォームをアドバイスしても即効性ってなかなかないと思います。
自宅で左側のフォームを練習していたことが、結果的にうまくいったのかな?と
思うのですが、平地とマウンドでのストライドの差もあるんでしょうが、左のほうが
上から下の意識を感じますね。
そういう意識の差もひょっとしたらあるのかな?

脚力が変わればまたフォームも進化しますから、これからのさらなる成長に期待したいところですよね。

アンバサダーさん、こんにちは

> 軸足というより、前足の使い方が一番変わっているように感じます。

この時はコーチからストライドを指摘されたのでそうですが、
この前足の使い方はリトルリーグの頃からできていたんです。

昨秋から取り組んでいるのは軸足の使い方なんです。
体に染み込ませようと反復練習をさせているんですが、なにせ反復練習が苦手な子なので上手く行きません。
もしこれができるようになると一気に球速が上がると思っています。
上のレベルで通用するかどうかは、これが境目のような気がするんです。





プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
45位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking