バカな話です

今から五年前、小雨の降る中の試合。

相手ピッチャー、早熟で180cm超。

先頭打者のアタル、140cm後半。


力任せに投げるフォーシーム。

アタルの頭に直撃。


昨日の試合。

5年ぶりに対戦するその因縁のピッチャー。

相変わらず力任せの投球。

推定球速、130~135km。

その初球、アタルの左腕に直撃。

(次の打者にも死球)


ホント腹が立つんです。

早熟ってだけで球速が速いヤツ。

そいつを起用する監督も。


硬式球を扱ってるんだから。

最低限の技術を身につけてないヤツはマウンドに立たすなよ。


さて、以前お話したJNTに召集されたピッチャーの件ですが、実際に彼の投球を見ました。

初回の投球内容は(少し間違っているかもしれませんが)、こんな感じでした。


先頭打者、四球。

確かに速いなと感じました。


二人目、四球。

三人目、ヒット。

これは置きにいった球を打たれたって感じでした。


で4人目、力任せに投げた初球、頭に直撃。

ヘルメットに当たったボールがピッチャー方向へ転がったので、ヒヤッとしました。

この4番打者はチーム一のマッチョだったので大丈夫だったのですが、

もしこれがアタルだったら思うとゾッとします。


ピッチングフォームを見ればピッチャー向きかどうかは一目瞭然です。

去年の成績にもそれが表れています。

なのに、なぜ。


JNTっていったら、全国から優秀な選手が集まる最高峰のチームです。

U18で世界と戦うチームです。

なのに、なぜ彼なんだ。


これは先週末に行われたシーズン開幕2戦目の成績です。

真ん中の数字が彼のものです。

tim5.jpg


1回と2/3を投げて、被安打3、四球3、失点4(自責点4)。

54球投げて、うちストライクは27球。


これじゃJNTどころか、まだマウンドに立つ選手じゃないと思うんだけど。

なぜJNTに召集されたのか不思議で仕方ないのです。


ちなにみ、一番下の数字の選手は元JNT。

こちらも早熟で球速だけある選手。

(ピッチングフォームはそこそこいいです)


これだけ打たれて失点して、なぜERA(自責点)がゼロなのか。

たぶんポイントストリーク(ネット上のスコアブック)を操作したのはこのチームの父兄ですから、

何か胡散臭さを感じてしまいます。


こういうのも全部ひっくるめて、理解不能のオンパレードです。

で結局、真面目に努力しているのがバカらしくなるんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
45位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking