2016 シーズン開幕

開幕戦はカージナルスとダブルヘッダー。

第一試合、9-0で勝利。

第二試合、7-0で勝利。


アタルは両試合とも7番DHで出場。

7打数無安打。


バットは振れているし、内容はそんなに悪くないです。

その内ヒットは出るでしょう。

次も使ってくれれば、の話ですが。


さて、このダブルヘッダー、両先発が完封しました。

どちらも右の軟投派ピッチャーです。

アタルはというと、4人の先発ローテーションから漏れてしまいました。


一枚は左で確定していました。

右の速球派ピッチャーは肩を痛めて調整不足です。

ってことは残り三枚。


練習試合の出来を見てもアタルが入る可能性はあったと思うのですが、

残り三枚は全員右の軟投派が入ったんです。

で、その三枚とアタルの違いは何か?と。


球速も変化球のキレもアタルの方が上です。

なので考えられるのは、与四球の数です。


私はアタルに球速を求めました。

その為には多少の四死球は仕方ないと。

球速こそがトライアウトに受かる条件ですから。


ところが先発の条件はそうじゃなかったんです。

実はうちの監督、キャッチャー出身なんです。

でここからは想像なんですが、監督が現役の頃、コントロールの悪い速球派ピッチャーに相当苦労したんじゃないかと。

だったら球速がなくても、自分の配球次第で何とかなる軟投派の方がやりやすかったんじゃないかと。


そう考えると、監督がピッチャーズマウンドに行くタイミングも納得が行きます。

キャッチャーの癖が残っていて、つい行ってしまうのでしょう。


もう一つはピッチングカウント。

球速を求めたアタルは、奪三振が多くなりました。

それは球数が増えたことを意味します。


おそらく今の投球スタイルでは、100球以内で7回を投げきるのは難しいでしょう。

ってことは、アタルが先発をした場合、誰かリリーフを用意しなきゃいけません。

でうちの投手陣でリリーフを任せられるのは、、、、、。


なるほど。

私はアタルの事しか考えてませんが、監督はチーム全体のことを考えていますからね。


今回先発ローテーションに入れなかったのは残念です。

でも考えようによっちゃぁ、セットアッパーの方が合っているかもしれません。


今アタルが求めてるのは球速です。

リリーフなら投げるのは1、2イニングだけですから、全力で投げられます。

トライアウトだって似たような球数しか投げませんから、これはこれで良い練習になるでしょう。


そう思うと、これが自然の流れなんでしょう。

なるべくしてなったって訳ですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

開幕ですか
今期も頑張って下さい!
どうかトライアウトに合格しますように(祈)

sanshirouさん、こんにちは

昨日遠投した所、軽く90メートルを越えました。
身長の伸びから考えると、アタルの骨格は実年齢よりも2、3才若いはずです。
そう考えると、今後2年でくらいでグッと伸びる可能性はあるでしょう。

と言っても、次のトライアウトには成長が間に合わないかもしれません。
競争相手は、完全に成長の止まった大人の体格の選手たちですから。
ま、悔いのないようにやるしかないです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
57位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking