肘痛にはご注意を

ゴールデンウィーク中、たくさんの試合が組まれているかもしれません。

「これは絶対落とせない試合だ」「ここは少々無理をさせてでも」とかあるもしれませんが、

小学生にそんな試合はありません。

(後になって思えばそうたいした試合じゃないってことです)


無理をさせるんじゃなくて、必ず間に休みを入れるべきです。

そっちの方が、結局は長く野球を楽しめます。


と言っても、決めるのは監督ですからねぇ。

チームの勝利を最優先されたら、どうしようもないですからねぇ。


難しいなぁ。


親ができることと言えば、限られています。

中でも一番大事なのは、子供の体の異変に気付いたらすぐに休ませることです。


たとえ今日の試合に負けても、必ず次もあります。

小学生で負けても中学生があります。

中学時代が補欠でも高校があります。

それがダメでもその後の人生のほうが長いんです。

草野球だって楽しめます。


避けられない怪我もありますが、オーバーユーズは大人が注意していれば避けられる怪我です。

と言ってもね、なっちゃうんですけどね。


なったしまったものは仕方がないので、早い段階で休む事。

完全に治るまで休む事。

復帰はあわてない事。


アタルの友だちで、肘が真っ直ぐに伸びない子がいます。

お父さんが熱心な方でね、息子をピッチャーにさせたかったんです。

ですが、今は外野手です。


アタルよりも才能のあるピッチャー、いっぱいいました。

ですが、次から次へといなくなっちゃうんです。


決してアタルが人一倍努力してみんなを追い越した訳じゃないんです。

感覚的にいうと、アタルはまだ残ってるって感じです。


みんながみんなそうじゃないと思いますが、こういう例もあるってことです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
45位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking