経験値

ハンティングのお父さん、一番下の息子のチームのコーチをしています。

「息子を守るためだよ」と。


私の経験上ですが、こっちのお父さん監督お父さんコーチは、自分の息子のことしか考えていません。

文化なのか宗教なのか分かりませんが、えこひいきってもんじゃないです。

『監督の権限を最大限に活用して、息子の成長のためにチームを利用してやる』って感じます。


アタル11才、マイナーオールスターの守備練習のことです。

監督は、野手全員を守備につかせます。

自分の息子はセカンドへ。


監督のノック開始。

全てセカンドゴロ。


次は、ダブルプレーの練習。

4-6-3、6-4-3のみ。

サードにも外野にも一度もノックすることなく、守備練習終了。


この練習で、オールスター戦を戦うんですよ。

監督はチームの勝利よりも息子の活躍が最優先なんです。


こういう苦い体験をするとね、来年はオレがコーチをやらなきゃ、ってお父さんは思うんです。

で、なったらなったで、今度はオレが息子をえこひいきする番だ、と。

それがどんどんエスカレートしていってるような気もします。


私は監督代行を何度もやったことがあります。

自分で言うのもなんですが、一度もアタルをえこひいきしたことはありません。


それが良いのかどうか分かりませんが、

今となっては、もっとえこひいきしとけばよかった、と思うこともあります。


やったもん勝ち。

それがこちらの常識なのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

でも、そんな性格のおかしいことしなかったから、今の純粋なアタル君がいるのでは?野球の成長よりも大事なことだと思いますが。

あさん、こんにちは

あさんは、学生でしょうか?もしくは、お子さんがいらっしゃらないのではと勝手に想像しています。
これから先は長くなるので記事にしました。そちらをお読みください。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
57位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking