肘痛発症から6週間が経ちました。

急性だったし、軽症だと聞いていたのに、なぜこんなにも時間がかかるのか。


日記を読み返しても、特に無理をさせてたことはありません。

どちらかというと慎重に慎重を重ねてきたつもりです。

逆にそれがいけなかったのか。


ある人の話では、痛みを感じると脳がその部分を治せと体に命令するんだそうです。

ですから、安静にしているよりは、少々の痛みなら感じたほうが治りが早くなるそうです。

体が疲れて肘が痛くなる、これはダメなんだそうですが。


さて、今日はアタルの2コ上の先輩の話を。

二人ともJNTに選ばれたピッチャーです。


去年甲子園で行われた18U世界大会に出場した選手です。

いわゆる、野球エリート中のエリートです。


一人はドラフトもされましたが、スカラーシップでNCAAのD1へ進学しました。

もう一人もスカラーシップでアメリカのカレッジへ進学しました。

ですが一年後、二人とも大学を辞め、こっちに戻ってきたんです。


一人は地元のチームで野球を続けているようですが、

もう一人は野球を辞めたという噂です。


彼らだけじゃなくて、アメリカの大学を辞めた話はよく耳にします。

(全体でみると続けている選手の方が多いかもしれませんが、それは話のネタになりませんからね)

いったいアメリカの大学で何があったのか。


考えられる理由としては、学業です。

一定の成績を残さなければ、野球は続けられないって話です。

野球と勉強を両立させるのは相当難しいのでしょう。


あとは環境かなぁ。

こっちの野球の環境、ぬるいんです。

練習は少ないし、競争も少ないし。


親が「もっとうちの息子に出場機会を与えろ」と文句を言えば、試合に出られるし。

カネとコネと体格、これが幅を利かせる世界だし。


そういう環境で育った選手が、いきなり実力だけの世界に入る訳です。

いや、どちらかというと外国人というハンデを背負うかもしれません。

辛抱できずに戻ってくるのも当然かもしれません。


一方で真面目にコツコツするタイプなら、厳しい環境にも耐えられるでしょう。

でもね、そもそもコツコツタイプは、スカラーシップがもらえないからアメリカの大学からオファーは来ないんです。


なんだかなぁ。


いったいアタルはどうするんだろう。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
57位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking