ランニング事情

いつもジョギングするバーナビーレイクの周りは約10kmあります。

急な坂もなく、とても走りやすいコースです。

その上木々が覆っていて直射日光が当たらないし、地面は柔らかくてあまり膝に負担が掛かりません。


また直線が短く、くねくね曲がっているので、走っていても飽きません。

たくさんの鳥がいるし、ウサギやリスやカメにも出くわします。


以前はアタルと並んで走っていたんですが、今はしていません。

年のせいにしたくないですが、もう走るスピードが全然違います。


アタルは時計回りで、私は反時計回りでスタートします。

そのまま走るとアタルの方が先にゴール地点へ着くので、だいたい4km地点で私は折り返します。


それでも、途中で追い越されてしまいます。

追い越された瞬間は悔しいですが、アタルの背中を見て、

『大きくなったなぁ』とうれしくも思うのです。


その日も私を追い越して行きました。

が、しばらくするとアタルがこっちに向かって走ってきます。


「ク、クマがいた」


熊に注意の看板があるのは知ってましたが、まさか出くわすとは。

アタルは両手を広げて「こんなに大きかった」とか、「目と目が合った」とか、

「こっちの方に歩いてきて怖かった」とか。


道路を走るのと違って車の心配はないんですけどね。

念のため、次は一緒に走ることにしましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
59位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking