第37戦

小禄―浦添商

この結末はなしだよなぁ。


大会規定大会規定っていうけどね、

だったら規定を改正して、サスペンデッドゲームを採用すればいいのに。

できない理由でもあるのかなぁ。


ちなみに、こっちはサスペンデッドゲームです。


さて、昨日の相手はカージナルス。

久しぶりにアタルは8番レフトで先発です。

これは欠場者が多かったら。

実力じゃありません。


試合結果は、2-1、延長9回サヨナラ勝ち。

サヨナラが決まった瞬間は喜んだのですが、

ネクストバッターズサークルにいたのはアタルだったのでねぇ。


打撃成績は三タコ。

第一打席は、6-4-3のダブルプレー。

こんなこと滅多にないのに。


第二打席は、空振りの三振。

これも滅多にないのに。


第三打席は、バットを折ってのセカンドゴロ。

こんなのワンシーズンに1回あるかないかなのに。


こんな時に限って、なんでこんな結果になるんだろう。


帰りの車の中の会話です。


「(試合前の)バッティング練習はどうだったの?」

「普通」


「今日は良くなかったね」

「だって、打てる気がしなかったもん」


この言葉に私がブチ切れます。


「だったら、なんで工夫しないの?

打てる気がしなかったら、セーフティーバントだってできたでしょ。


リトルリーグの頃から何百回も言ってるじゃない。

左ピッチャー+三塁手の守備位置がベースラインよりも後ろ+第一打席凡退

=三塁線へのセーフティーバントの可能性を考えよって。


なにもそれを成功させろって言ってる訳じゃないの。

試合の状況、相手の実力、自分の調子などを考えて、一番の最善策をとりなさいって言ってるの。


それがうまく決まるかどうかは関係ないの。

試した結果の失敗なら全然OKなの。

何も考えなくて、何も工夫しないのがいけないと言ってるの」


また説教しちゃった。

9年間も野球をやっていて、これができないのが不思議で仕方ないんです。


説教して治る訳がないんですが、これ以外の方法が分かりません。

こうなったら、なにかしらの罰を与えるべきか。


私の傍にいるのもあと一年。

親として教えておきたい事は、これなんですけどね。


『壁にぶつかっても諦めるな。

創意工夫をすれば必ず突破口が見つかるから。

もし自分で見つけられなかったら、誰かに助けを求めなさい。

普段の行いが良ければ、必ず助けてくれるから』

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
57位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking