トップポジション

Nobuさんから教えた頂いた動画です。




言ってることは分かりますが、実際にそんな投げ方のプロのピッチャーっているの?

写真やスローモーションで探ても見つからないんだけど。

いたらね、なるほどって思えるんですけど。


そういう問題じゃないのかな?


そもそもこの瞬間って、ハッキリ写っている物があまりありません。

私が探した中では、この二つが一番か分かり安いかな?







ちなみに、アタルこんな感じで教わりました。

色んなクリニックに通いましたが、どの指導者もこれとほぼ同じです。





上の日本人とこの方と対談して欲しいな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

セットポジションでボールをグラブから出す時の肘の角度を一定にすれば、トップに向かう過程で、親指が体の中心を向きながら肘が自然に上がっていく過程で、ボールは自然に一度外に向きます。
並進運動が始まり、体が回転を始めると、自然にボールが頭の後ろを通過し、その時は、ボールが体のほうを向きます。肘が投げる方向を向いた時には、ボールは体のほうを向いていて、小指側から前に進みます。
リースポイントに近づくに連れて、腕が回内していき、リリースポイントでボールがキャッチャーに正対し、ボールを縦に切り、縦回転になります。
これは、自然な流れであり、力を抜いて投げれば誰でも同じ動きになるはずと私は思っています。
ただし、柔軟性と力を入れるタイミングで、ボールがキャッチャーに正対するタイミングが変化するので、結局人によって違いは出ます。
意識的に開きを早くすればシュート
意識的にリストをロックすればスライダー
ボールを深く握り親指を上に立てた状態で投げればカーブ
こんな感じで私は投げ分けています。
フォームの意識は全部同じです。

参考になれば・・・

トップボジションの動画の投げ方は、いわゆるスナップスローで、キャッチャーや内野手のスローイングですね。
外内外の動きの、外を省略し、コンパクトに素早く投げるときの投げ方と思ってます。
いきなりトップで、ボールを体のほうを向けると肘、上がんないです。体幹で投げると、肘は自然に上がりますが、体幹を使えない子供だと、ヘタすると押し投げになるおそれがあるので、チェックポイントとしては、悪く無いと思いますが、ボール外向きを否定すると、誤解を多く生むと思います。

アンバサダーさん、こんにちは

詳しい解説ありがとうございます。
動画や写真を見る限りでは、人それぞれで微妙に違いますね。
アタルは柔軟性が足らないのか、力が抜けきれてないのかもしれません。
そこを改善すれば、自然とおっしゃる通りになりそうな気がします。

とにかく、こうした動画を見て、素人が勝手に判断するのは良くないですね。
結果だけを見て、無理にそういう形に持って行ってしまいますから。

いるんじゃないですか、そういう頭でっかちの父兄が。
ひょっとして、頭痛の種だったりして(笑)。

No title

私、大学生時代バイクのレースしていたんですが、はじめはプロレーサーの形を真似するんですが、形を真似てもうまくいかないんです。
乗り込んでいくうちに、体重移動が大事ということがわかり、体重移動するためには、荷重を抜くということが必要だとわかりました。
勝負事が好きなんで、その道で生きていこうとしたんですが、周囲から全力で止められまして、今は平凡な会社員です(笑)
自分でも何が言いたいかよくわかりませんが、形よりもその影に潜む意識が大事だということを、私はその時に学びました。
最近、動画もスローモーションで撮影出来たりするので、フォームの一部を切り取って、この形やこの動き。等
いろいろ議論されますが、見る立場のチェックポイントと、プレーする側の意識のポイントって実は違うことが多いですからね。
0から100という意識は、多分ピッチングするなら、一生もののテーマだと思います。
まだ、まとめきれていませんが、鳥の羽ばたきの動きの意識は、肘に優しく、私には合う感じです。
1日数百球バッピで投げますので、体は満身創痍ですが、この投げ方ならまだ10年は投げれそうに思います。
私の指導は、私を見ろ。ですので、下手な事できませんからね。

No title

Jay さん、

何が正しいのか、私にもよくわからないのですが、現在14歳の息子が数年前肘を痛めて、10ヶ月投げれなかった経験からですが、息子が痛めた原因は、腕がトップに入る前に、肩の回転が始まって
しまって、肘が前に出てくるのが遅く内側靱帯に力がかかったためと思われます。試合で投げてるのを見ていつもと違うことに気づきベンチ裏からアドバイスしたのですが、遅かったです。そんな短期間で痛めてしまいました。なのでトップでの手の向きよりトップに入るタイミング遅れないことが大切だと息子には教えています。息子は体温計を振ると意識してしまうと、腕を意識してしまってうまく投げれません。なので、本人が一番楽に脱力してトップに腕を持っていければ良いとしています。
だだ、トップに早く入るとバッターにボールを見やすいなと感じてます。だから理想は体が回転が始まる直前に入ればと思うのですが。この辺はこれからの課題の一つでしょうか。

Nobuさん、こんにちは

>なのでトップでの手の向きよりトップに入るタイミング遅れないことが大切だと息子には教えています。

これ、大正解だと思います。

>なので、本人が一番楽に脱力してトップに腕を持っていければ良いとしています。

大賛成です。


> だだ、トップに早く入るとバッターにボールを見やすいなと感じてます。

これねぇ、、、、、。
私もそうアタルに教えましたよ。でも、順序が間違っていたんじゃいかと思っています。
アタルはまだ140キロ出なくて、現在もがいていますから。

スピードガン表示の球速が出ないと、その先(大学野球)はありません。
いくら打たれない投げ方をしても、球速がなければ高校で野球は終わっちゃいます。

余計なお世話かもしれませんが、私と同じ失敗をして欲しくないと思ったので。
(もう140キロ近く出ているのなら、この話は無視してください)




アンバサダーさん、こんにちは

こちらの都合で申し訳ありませんが、来年3月に帰省する予定をしていますので、
その際は是非アタルとキャッチボールをして頂けないかと。
もしくは、どこかで野球談義ができたらな、と。

男性から「会いたい」って、気持ち悪いかもしれませんが(笑)。

No title

3月ですか、いいですよ。
キャッチボールするなら、ウチのチームのグランドですればいいですし、平日に来られるなら仕事休んで時間作ります。

偉そうに言ってる割に、大したことないやんけ!
ってなると思いますが、楽しみにしています。

> だだ、トップに早く入るとバッターにボールを見やすいなと感じてます。
これに関しては、私はあまり意識してません。
※見やすいという所の話ね。トップに早く入るのは重要です。早すぎてもダメですけど。

ストレートに限って言えば、結局バッターの読みを上回るスピードか伸び又はキレがあれば、打ち取れるわけですから、出どころが見やすいかどうかなんてあんまり関係ありません。
変化球の場合は、ベースの手前での動きが勝負ですので、ボールの出どころなんて関係ありません。

投げるリズムを一定にせずに、何パターンか持っていると、ストレート合わされているな。と感じた時に、モデルチェンジ出来ますので、将来的には、投げるリズムのバリエーションが必要だとは思いますが、今はパフォーマンスアップに力注げばいいと思います。

アンバサダーさん、こんにちは

これで帰省の楽しみが一つ増えました。
詳細は2月頃になると思います。

>今はパフォーマンスアップに力注げばいいと思います。

あと10日ほどでショーケースです。
新学年の体力測定と思って気楽に行こうかと思う反面、
私たち親子がやってきたことが単なる数字で評価されるのは、ある意味残酷な現実だなぁと思います。
その結果を受けて止めて、オフシーズンの過ごし方と今後の進路を考えなくちゃいけません。

体作りの大切さは分かっていたんですが、考えが甘かったなぁと今更ながら思っています。

No title

Jayさん、

トップに早く入ってしまうと、一瞬ですが、肩の回転が始まるまでに腕が待たなくてはいけないなり、腕がいったんトップで減速してから加速に入るので、もったいない気がしてしまいます。
せっかくグラブから下に手を落としていく勢いと、体の前後方向のスイングで腕に勢いがついてトップに入って行くので、そのまま減速せず肩の回転につなげて行きたいところです。 球速=ケガのリスクですかね!
息子は14歳で9月から高校生になったばかりです、日本では中二ですね。 球速はまだ70mphぐらいかどうかです。
アタル君の最近の動画をまたアップしてください。親子で楽しみにしてます。

Nobuさん、こんにちは

おっしゃる通りで、怪我のリスクと球速は、ほぼ比例しているでしょうね。
じゃあ軟投派を目指せばってことになりますが、そうなるとトライアウトはことごとく落ちちゃいますからね。

息子さんは14才ということなので、そろそろ体作りを始める頃でしょうか。
これがね、野球を教えるよりも難しんですよ(笑)。
年齢的に難しくなる年頃ってのもありますし。

動画ですが、もう試合で投げないので、アップするのは来春になるでしょう。
恥ずかしくないように、しっかりとトレーニングに励みますね。






プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
45位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking