裏目

土曜日、アタルを連れて釣りに。

日曜日、発熱。

月曜日、学校を休む。


練習の息抜きにと連れて行ったんですが、裏目に出てしまいました。

小雨が降っていて肌寒かったのですが、まさか熱を出すとは。


週末のショーケース、どうなるんだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今年3月のsouの赤帽事件を思い出しますね。
※詳しくは私のブログの3/10

結果的には、いろんな練習出来たので、結果オーライではありました。

時間的に間に合うなら、なんとかなるんじゃないですか?
ちなみに、私の末娘ものんびりさんなんですが
小学生時代の体操の試合でのベストは、指を骨折していたのをテーピングして無理やり出場した時です。
※鉄棒の時は、曲げて固定、床の時は、伸ばして固定。

集中力がいつもより高かったようです。
災い転じて福となす。
を期待しときます。

アンバサダーさん、こんにちは

あの程度で熱が出たってことは、抵抗力が弱っていたんでしょう。
体を休めるのも練習のうちと思うようにします。

シーケースで結果が出れば、良かったと思うでしょうし、
出なければ後悔するでしょう。
どう転ぶかは本人次第です。

No title

いまちょうど高校3年生の英語の
教科書で読んでいるのですが、
「一万時間の法則」というのが
あるそうです。

一流になる人たちは例外なく、
二十歳までに一万時間の練習を
積んでいるという研究結果を
まとめたものだそうです。

ある一定の才能が必要なのは
もちろんですが、野球も楽器と同じく
道具を使うスポーツですから、
それを上手く使えるようになる努力って
やっぱり大事なんじゃないでしょうか。

ちなみに、1万時間とは1日3時間練習を
毎日続けて9年間だそうです。

shunさん、こんにちは

http://ay528.blog.fc2.com/blog-entry-1061.html

2014年にこんな記事を書いたんですが、すっかり忘れていました。
そろそろ1万時間に達する頃ですが、現在地を見るとね。

大学で野球を続けられるかどうかの選手ですから、1万時間じゃその程度までしか来なかったんでしょう。
才能がなかったのか、教え方が悪かったのか。

No title

1万時間の練習が苦もなく出来る人と、相当厳しい人
との違い。
又は、自主的にやった1万時間の練習とやらされた1万時間の違いなど、数字に出来ない部分にどうしても私は目が行ってしまいますね。

話、ちょっと変わりますが
私はどちらかと言うと、「センスは磨ける」と、思ってます。

元々が不器用だからこそ、磨いて得ることの出来るセンスは、使える武器。
初めから持っているが、磨いていないセンスは使えない武器
その差は、心だと考えています。
ですが、勝ち負けはこれだけでは決まりません。
だから、勝負事って面白いんですが。

アンバサダーさん、こんにちは

本は読んでないんですが、最低1万時間だと思っています。
まだそれにも達していないのに早々と諦める人が多いんだと思います。
石の上にも三年と同じで、やり始めたら1万時間は頑張れって著者は言いたいじゃないかと。

私もセンスは磨くものだと思います。
ですが、不器用(運動音痴)=センスがないと思っています。
センスがないんだから、磨きようがないってことです。
まぁ来年三月を楽しみにしていてください(笑)。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
57位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking