才能とは

doryoku.jpg


「これは努力しても無理」と野村氏は言いますが、私もそう思います。

努力で何とかなるのは球速なら140kmまで、50mなら6.5秒くらいまででしょうか。


その『努力』も私は、ある意味才能だと思っています。

生まれ持った物なのか、生い立ちや環境で培われるのか。


出来る子は、何も言わなくてもやるんです。

出来ない子は、何度言ってもやらないんです。


明日はNPBのドラフト会議の日です。

才能のある選手を羨ましく思う日でもあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

その通り!
という面と
ちがうよ!
という面があるので、コメント難しいですね。

努力することなんて、当たり前だろ?
というか、努力に対する考え方だけでも差がありますしね。

少なくとも、どの分野でもいいから尖った能力というか個性がないと、生きていけない世界ですからね。
言い換えれば、野球って、いろんな個性が生き残れる可能性のある競技だとも思ってます。
そこが、魅力の一つですね。

アンバサダーさん、こんにちは

ポジションが9つあって、それぞれ違いますからね。
アタルにどのポジションが合ってるのか私には分かりません。

いろんなポジションを守りましたが、どこもピタッとはまりません。
強いて言えば、ピッチャーかなって感じです。

ま、スポーツに向いてないから、それを克服させるためにスポーツをさせているわけですから、
当然と言えば当然なんですけど。



No title

すいません、1万時間の法則の
コメント、こちらに書きたかったんですが
別のところに書いてしまいました。
申し訳ありません。

No title

私は、てっぺんを目指して努力したこと。
それだけは、誰にも奪われない
かけがえのない財産だと思います
たとえそれが、報われなかった努力だったとしても

アンバサダーさん、こんにちは

私もそう思って野球を続けさせてきましたが、今は考えが変わりました。
才能に恵まれた者だけがてっぺんを目指す資格があるんだと思います。

才能のない者には、出来るだけ早い時期に別の道を見つけてあげるべきだと。
才能がないのに勘違いしてずるずると続けていくことは、ある意味不幸だと思うのです。
無駄とは言いませんが、後悔するんじゃないかと。

「努力は報われなかったけど、かけがえのない財産だ」
これは人間の本能でそう思うのでしょう。
じゃないと、自己否定することになりますから。

ネガティブな返信ですが、マイナス思考の私ですから許してください。

No title

息子の母校では、野球を引退した選手には

「甲子園はどこにでもある。
これからは、自分の甲子園を見つけ
それに向かって、またチャレンジしてほしい。」

こんな感じの言葉を頂きます。

私は、野球に限らず、ふつうの部活等、他の競技で
「スポーツを続ける理由ってなんだろう?」
と考える事が時折ありますが、こんな言葉に出会いました。

「プレーしていて、しびれる瞬間があるかないか。しびれる瞬間を一度でも味わったら、また味わいたい」

続ける理由なんて、そんな程度の物なのかもしれません。
やりたいからやる。楽しいからやる。
理由なんてなんでもいいし、諦める時や、やめる時はいつかきます。
それは、その時考えればいいことです。

アンバサダーさん、こんにちは

もし私たちが日本で野球をやっていたならアンバサダーさんのお言葉に共感できたでしょう。
何度も言ってますが、こちらの野球はコネと金が幅を利かしていますから、冷めている部分があるんです。

今の私の中では「見返してやる」、それしかありません。
10年後20年後には楽しい思い出に変わっていることを期待していますが。

No title

確かに、日本とカナダではだいぶ違うでしょうね。
狩猟民族ですからね、向こうは。

アンバサダーさん、こんにちは

毎年チームが変わるので、監督もコーチもじっくり選手を育てるって考えは全くありません。
早熟な選手とコネのある選手をその都度その都度起用するだけです。
全く計画性は感じられません。

これは農耕民族と狩猟民族の違いから来ているのかもしれませんね。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
45位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking