ピッチ×ストライド

陸上競技経験者なら常識でしょうが、

野球だけをやっていると、ピッチやストライドってあまり気にしないと思うんです。


1塁や2塁までの到達タイムは知っていても、

その時のピッチはいくらとか、ストライドはどのくらいだとか知らない選手が多いでしょう。

ベースのどの部分を踏むとか、どうやって1塁ベースを回れば速く2塁へ到達できるとか、

そういうことに重点を置いて練習をすると思うんです。


ところが、トライアウトではベースランニングなんてしないんです。

直線で60ヤードを走るだけなんです。

そうなるとピッチとストライドって、すごく大事な要素になってきませんか?


でもね、カナダで9年野球をやってきて、一度もそうした練習をしている所を見たことがありません。

チーム練習でも走ることは蔑ろにされています。

トライアウトでは最重要項目と言っても過言ではないのに。


さて、前回のショーケースの動画がアップされました。

アタルの60ヤードを見ると、結構速いなと感じます。

でもタイムは、7.16秒なんです。


気になってピッチとストライドを計算して見ました。

参考までに6.15秒で走った一番速い選手のピッチは4.71/秒。

ストライドは1.89m。

歩数は29。


対して、アタルのピッチは4.74/秒(一番速い選手に勝ってる)。

しかし、ストライドが、、、、、1.61m。

歩数は34。


なぜじゃ?


身長が178cmあって、ストライドがこれじゃ短すぎませんか?

小学生並じゃないの?

この子は、60ヤードをラダーのように走っているじゃないでしょうか?


気になって他の選手の歩数を調べてみました。

7.5秒で走った選手は31歩。

7.8秒で走った選手でも32歩。


34歩って異常なくらい多くないですか?



単純計算ですが、あと5cmストライドが伸びれば33歩で走れるわけで、

ピッチが同じなら7秒を切れます。

身長178cmの選手のストライドが、161cmから5cm伸ばすのはそう難しくないでしょう。


いや、178もあるんだから、あと10cmくらいは伸びるでしょう。(そんな簡単なことじゃないのかな?)

そしたら、チーム一の瞬足になれる可能性もあるんです。(ま、それはないですが)


と言っても、UBCのショーケースまで残された時間はあと二日。

普通なら「少しだけストライドを伸ばしてみようか」ってなるんでしょうけど、

なにせアタルですからねぇ。


もしストライドの事を気にしたら、極端にピッチが遅くなる可能性があります。

逆効果ってことになりかねません。


はて、アタルにこの事実を隠しておくべきか。

それとも、イチかバチかストライドを伸ばすことに賭けてみるか。


ま、どっちにしろ大したタイムじゃないんですけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
45位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking