三つの例 その三

おそらくカナダ国民は、ヒラリーやトランプのことは知っていても、

自国の首相の名前を知らない人が多いでしょう。

で、その事を疑問に思う人は少ないでしょう。


さて、一つ目の例は、よくある早熟型のパターンです。

二つ目の例は、早熟型怪物君のパターンです。

三つ目は晩熟型のアタルです。


このブログの最初から読んで頂ければ、どんな成長曲線を辿ってきたか分かると思いますが、

全部読むのは面倒くさいでしょうし、無駄な話も多いですからね。

簡単にまとめます。


野球を始めた当初は全くダメでした。

小さい頃から公園の遊具を怖がる子でしたからね。


その臆病な性格を野球を通して改善できれば、と考えたんです。

チーム練習だけじゃ足らないので、私がネットの情報を頼りに教えることにしました。


器が身体能力で砂が技術、

様々なスポーツをさせることは器を広げることで、

その器に砂を盛る行為は、バットとボールを使う技術練習だと考えました。


運動音痴なアタルでしたから、器を広げることを優先しようと思いました。

ところが、やっぱりアタルが試合で活躍するところを見たいんです。

次の試合では、前回よりも成長している姿を見たいんです。


その私の欲求で、アタルに技術を教えたんです。

結果はすぐに出ました。

2年目にはマイナーオールスターの選手に選ばれ、

3年目にはチームの中心選手になっていました。


そして、リトルリーグ世界大会へ出場することを目標にしたんです。

そうなると、なおさら私は技術練習に走りました。

小さい器に、目一杯砂を持ったんです。


結果、目標を達成しました。

親子で一生の思い出になる時間を過ごさせていただきました。

そして、次はトリプルエー、二年後にはBCJPBLへと夢を描きました。


ところが、それから半年後、

トリプルエーのトライアウトで落ちちゃったんです。

打つ方も投げる方も結果は出したんです。

でも、チームには入れなかったんです。


たった半年前は、全国大会で優勝したチームのピッチャーで、

しかもキャッチャーもショートストップも守っていた子が落ちちゃったんです。

この時ハッキリ気づいたんです。

技術を教えるよりも器を広げることを優先させなきゃと。


結局その年は、一番下のシングルエーでプレーしました。

トリプルエーとシングルエーでは野球のレベルも違いますが、何よりモチベーションが違うんです。


試合開始直前なのに売店に行ってお菓子を買い、試合中ベンチで食べている子もいるし、

保護者からの差し入れ(上のレベルは差し入れありません)は、マクドナルドやドーナツなどのジャンクフード。

練習はほとんどないし、試合開始1時間前集合なのに遅れてくるのは当たり前、

シングルエーはそんなチームでした。


女子選抜チームとも試合をしました。

と言うより、女子選抜チームの練習相手を務めた感じです。

半分は良い経験でしたが、半分はプライドが傷つきました。


その年の秋、BCJPBLのチーム入るため、ツインズのフォールボールに参加しました。

10イニング投げて無失点、こんな成績を残したのはアタルだけだったと思います。


ウインタートレーニングに招待されて、真面目に練習にも参加しました。

体格では劣っていましたが、結果も残しているし、真面目に練習に出たし、

てっきり私はチームに入れるものと思ったんです。


ところが、3月のミーティングでGMと監督から下のレベルのプレップ行きを勧められたんです。

「無理してジュニアに入っても試合に出る機会が少ないから。だったら今年はプレップで経験を積む方が良い」という理由で。


これが大失敗。

最悪のシーズンを過ごしました。

この時のお金と時間のロスは今でも尾を引いています。

人生無駄なことは何もないと言いますが、今でも思い出すと腹が立ちます。


長くなったので、続きは次回に。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking