【ネタバレ注意】

アタルが野球を始めて2年目、よく私にこんな質問しました。


「ぼく、プロ野球選手になれる?」


「そんなの無理に決まってるよ」

なんて子供の夢を壊すことは言えないし。


「頑張ればなれるよ」

と当たり障りのない返事をしたのを覚えています。


私の息子ですからね、いくら頑張ったとしても先は見えています。

プロ野球選手になるのは、宝くじに当たるような確率でしょう。


ただ努力もなにもせずに諦めるのも癪に障ります。

できるだけの応援はしようと。


それからは、ネットで情報を集める毎日が続きます。

そん中、『球速140kmなら誰でも達成できる』みたいなサイトを見つけました。

それが本当かどうか分かりませんが、

そこまではアタルでもできるんじゃないかと根拠もなく思ったのです。


ところが、いざトレーニングを始めるとこれが結構大変で。

逆上がりができないどころか、縄跳びすらできません。

マット運動の前転でも怖がってできません。


走るのは嫌がるし、っていうか歩くのもどこか変なんです。

足を地面に擦って歩くんです。


ま、運動神経が鈍いのは分かっていたことです。

公園に連れて行っても遊具で遊ぼうとはしません。

怖がるんです。

滑り台をさせると、腹ばいになって後ろ向きで滑るんです。


そんなアタルでしたが野球を始めて9年目、140kmまで後3~4kmのところまで来ました。

何とかして140kmは達成させたいのです。

今シーズンが最後の年になるかもしれないので。


そんな思いと亀梨君の剛速球プロジェクトが、ちょうど重なり合ったんです。


<亀梨君が120km出せれば、きっとアタルだって>


そう願をかけていたんです。


結果は、115km。

球速を上げるって難しいことなんだ、と。


亀梨君の失敗の原因は、技術や努力よりも年齢でしょう。

年齢に抗って球速を上げることは、非常に難しい挑戦だったんでしょう。


アタルの体は、まだまだ成長中です。

ですから、可能性は十分にあります。

と言っても願をかけていただけに、がっかり感は大きいです。


亀梨君のプロジェクト、もう一度チャンスをくれないかなぁ。

次はダルビッシュに教わって、ムキムキの体で挑戦してくれたら面白いと思うんだけどなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
45位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking