新加入

アタルの通う学校の話です。

横浜にある姉妹校から、語学研修(?)の高校生が来ました。

それぞれにこちらの生徒がバディとして付き、お世話をするそうです。


今日は一緒に市内観光をしたそうです。

こちら側で日本語ができるのはアタルだけですから、少しは役に立ったようです。


でもアタルの話す日本語は変てこな大阪弁ですから、横浜の女子高生には可笑しいんだそうです。

アイスブレイクには、そっちの方がいいかもしれませんね。


さて、チーフスに新しい動きがありました。

ピッチャーと野手がよそのチームから移籍して来ました。


ピッチャーは、昨シーズンどこでプレーしていたのか分かりません。

実力は未知数です。


野手の方は、同じリーグのあるチームの主軸を打っていた選手です。

昨シーズン(レギュラーシーズンのみ)チーフスのホームラン数は4本だったのに対して、

この野手は3本も打っています。

これはタイガースに糸井選手が加入した以上に、インパクトは大きいでしょう。


シーズンが開幕するまで、これからも動きがあるかもしれません。

私とアタルも色々ありますが、同じように他の家庭でも色んな事情があるんでしょうね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本でも、3年間というくくりでなく
1年単位でチームを選び直せる
システムが入れば、もっと埋もれて
いる子が日の目を浴びるようになる
でしょうし、人の少ないチームが
消滅してしまうことも減ると思うの
ですが。 途中で変えたりやめたり
することをどうも嫌がる風土が強く、
柔軟性に欠けるな、と感じています。

shunさん、こんにちは

大所帯のチームで補欠なら少人数のチームに移籍して、
試合に出て見返してやるってことも出来るんでしょうけど。
今の日本だと、フレキシブルな方が合っているんでしょうね。

まだまだ子供が主役の野球じゃなくて、指導者の都合が優先されているんでしょうかね。






全てを監督に丸投げする保護者側にも問題があると思います。
長時間拘束されて練習しないと不安なのは選手のみならず、実は保護者だったりしませんか。
日本独特の年功序列も無能な指導者や先輩に従わざるをえない環境を作り出す原因でしょうし。文化と言えばそれまでですが...。日本の野球はまるで武道のようですね。
フィールドの前で一礼する日本の球児達、海の向こうではMLBピッチャーを真似てクールなツバの吐き方を練習する子供達。
不思議な事に目指しているところは一緒なんですよね。

643さん、こんにちは

>長時間拘束されて練習しないと不安なのは選手のみならず、実は保護者だったりしませんか。

おっしゃる通りで、アタルが練習をしないと私の方が不安なんです。
これにはずいぶん悩みました。放っておくと全然練習しませんから。

>日本の野球はまるで武道のようですね。

私は宗教のような気がします。監督は教祖様で、丸坊主の子供たちは信者です。
本人が幸せならそれでいいんですよ。


No title

いわゆる弱小校なのに複数のプロ投手を輩出している、つくば秀英高校というのがあるそうです。適切な指導のできるコーチの下でメカニクスを学べば、高校野球の試合実績が目立たなくともプロになる道があるというのは、子の成長を願う親として大変励みになります。

とよとみさん、こんにちは

出会いって本当大事だと思います。いずれアタルにとって良いコーチに出会うだろうと思っていたら、もう17才になっちゃいましたよ。

No title

ユース選手自身の「僕はこう投げたい」を尊重しつつ、的確に改善点を指導してくれるピッチングコーチを探しています。今の時代だからこそ、野生とメカニクス論が融合するチャンスが多いのでは?と期待していますが、どうか見つかりますように!という心境です。

当方アメリカ南部在住で、個人レッスンをしてくれる現役、元プロ投手などを近所で探せる環境ではあります。

とよとみさん、こんにちは

こっちのエリート選手は皆アメリカの大学を目指します。そういう環境に身を置く事でチャンスが広がるのでしょう。
息子さんに合ったコーチが早く見つかるといいですね。



                       
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
57位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking