犬の散歩について

日本滞在中、ゴールデンレトリバーによる痛ましい事件が起こりました。

犬の飼い主には、改めて犬は犬なんだと自覚して欲しいです。


そういう風に躾をしている飼い主も多いでしょうが、

犬は家族の一員と思っていらっしゃる方には、ひとこと言っておきたいです。


犬は犬だと。

牙を持っている動物なんだと。


動物の中では犬は身近な存在ですが、それでもやっぱり動物なんです。

殺傷能力の牙を持っている動物が家族の一員っておかしくないですか?

可愛がるのは結構ですが、牙があることは絶対に忘れて欲しくないんです。


こちらでの話ですが、私は何度も犬に飛びかかられた経験があります。

大人ですからね、あぁ、犬はじゃれてるんだろうなぁとは思います。


でも、犬は嫌いだし(好きだったんですけどね)。

<もし噛まれたら>って怖い思いは必ずあります。


ところが、こっちの犬の飼い主は決まってこう言うんです。

「大丈夫、この子はフレンドリーだから」


いやいやいや、その前に謝るのが先でしょ。


娘が5才の時、ビーチで遊んでいると中型犬が飛び掛ってきたんです。

娘は大泣きです。


なのに、なのにですよ。

「この子はフレンドリーだから」って、それだけ。


娘が怖いと思ったら、それは怖いんです。

フレンドリーもクソもありません。

何度も言いますが、犬は牙を持っているんです。


前置きが長くなりましたが、今日いつもの公園でいざこざが起きました。

アタルがフリーバッティングの練習中、女性が犬を連れて野球のグランドへ来たんです。

そしてセンター辺りで犬を放し飼いにして、ボールを投げて取って来させる遊びを始めたんです。


前にも言いましたが、この公園には使用ルールの看板が何箇所に設置されています。

犬の散歩は公園の北側と東側、野球のグランドでは犬の散歩は禁止となっています。


ルールを破っているのは女性の方なんですが、

こういう場合は犬の散歩が終わるまでフリーバッティングは中断します。

それがたとえ10分でも20分でも。

理不尽だなぁとは思いますが、やっぱり他人に怪我をさせてはいけませんから。


それなら、公園の使用ルールを女性言えばいいじゃない?と思われる方も多いでしょう。

こっちはそんな事を言おうものなら、逆切れされるんです。

かえって、邪魔をされるのがオチなんです。

ですから、黙って犬の散歩が終わるまで待つのがベターなんです。


時間がなくなったので、続きは次回に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking