犬の散歩について つづき

前回のつづきです。


で、犬の散歩が終わるまで球拾いをすることにしたんです。

アタルがセンター付近の球を拾っていると、

その女性の犬(ブルドッグ系の中型犬)がアタルに飛び掛ってきたんです。


咄嗟に私は"Hey!"と強く叫びました。

犬に言ったのか、飼い主に言ったのか分かりませんが。


すると、飼い主は、いつもの台詞を言ったんです。

「大丈夫、この子はフレンドリーだから」


そっちはじゃれているつもりでも、こっちは知った事じゃないし。

相手は、殺傷能力の牙を持った動物って事実しかないんだから。


ここでね、この飼い主がすぐに犬を首輪に繋げば事は大きくならなかったんです。


「この子は、フレンドリーだから」と言っている間に、

もう一度その犬はアタルに飛び掛ったんです。


そして、アタルの叫び声が。

「手を噛まれた!」


ここから先はさらに長くなるので止めておきます。

明日は待ちに待った開幕戦ですから、これ以上時間を無駄にしたくありません。


最後にこれだけは言っておきたい事があります。

犬の去勢をする飼い主っていると思います。

それって犬と犬の飼い主同士、つまり自分の身を守るためですよね?


自分の所にはお金を使うくせに、

なぜ他人に飛びかからないように専門のトレーナーの所で訓練を受けさせないのか?

訓練を受けさせたけどまだ飛びかかるのなら、

犬歯を削るなり、抜くなりすることにお金をかけるべきでしょうよ。


マナーの悪い飼い主って、あまりにも身勝手すぎませんか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking