判断材料

英語の問題です。


まだグランドの状態が悪いなぁ、と嘆くとGMがこう言ったんです。

"We are in the same boat"


単語も文法も簡単ですよね。

では、どういう日本語訳が適切なんでしょうか?


この場合は「(グランドコンディションが悪いのは)どこも一緒だよ」とか、

「みんな同じ問題を抱えてるよ」とかになるでしょう。


みんな同じ船に乗っているんですから、沈む時もみんな一緒ってことです。


さて、2ヶ月ぶりにローイングマシンの500mのタイムを計ってみました。

結果は1分27秒、前回よりも2秒縮まりました。


ネットで調べてみると、済美高校時代の福井投手(広島カープ)の記録は、1分30秒。

宇和島東高校時代の岩村 明憲(元ヤクルトスワローズ)の記録は、1分24秒。


これらと比較すると、そこそこアタルも筋力がついて来たのが分かります。

ひょっとしたら、90マイルを出せる筋力はもう備わっていて、

メカニックの方に問題があるのかもしれません。

ジムの時間を減らして、もっと技術練習の方に使うべきなのかもしれません。


タイムを計れば、トレーニングの進捗状況が分かります。

進捗状況が分かれば、スケジュールを見直す判断材料になります。


ただ闇雲に練習をすよりは、効率は良いはずです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
47位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking