0.07%の確率(結9)

日本の高校三年生の球児(硬式)は、約55000人います。

うち、この球速ランキングによると、38人が145km(90マイル)以上投げます。


38/55000ってことは、1447人に対して一人いる割合です。

確率で言うと0.07%になります。


今更ながら、速い球を投げるって難しいことなんですね。


さて、下の写真は先週末の試合前、国歌斉唱の時の物です。

Picture 2

向かって右から2番目がアタルです。


右から5人目までは、試合の打順通りに並んでいます。

180cm84kgあってもご覧の通り、この中(1番~5番)では一番小さいんです。

(ラインナップ全体では2番目に小さい)


右から4番目の彼が、3台の車にホームランボールを当てた110kg君です。

(フットボールでは、ラインバッカーなんだそうです)


日本滞在中は、会う人会う人に「良い体してるなぁ」って言われたんですけどねぇ。

このチームでは、2番(打順)になるのが精一杯でしょう。

ですから、首脳陣からは最高の評価をしてもらっていると思います。


このメンバーなら2番が合っていると、私も思います。

アタルの骨格で110kg君みたいな体になったら動けないでしょうし、

先頭打者君のあの背筋力には、到底追いつけっこないですから。

(すごい背中をしているんですが、そんなにウエイトトレーニングをしてないっていうからびっくりです)


体が劣る分は技術でカバーしなきゃいけないんですが、

それをアタルに教える人もいないし、練習する場所も限られているし。

欲を言えばキリがないですが、この環境にしては上出来かもしれません。


既出の写真です(上から3番目はピッチャーがアタルで、三塁手はアジア系です)。

身長差
身長差2
Size1.jpg
005_convert_20121004120446.jpg


体格差がこれだけあった上に、晩熟だったもんね。

最後の年になって、ようやく同じ土俵に立てた気がします。


ふぅ・・・・5年は長かったなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Jayさん、こんにちは。
アタル君のシーズンもそろそろ終盤を迎える頃でしょうか。
息子のシーズンはプレイオフを迎えることもなく、早々に終わってしまいました。残念。

うちはまだジュニアですが、シーズン終わりはさすがに寂しいですね。シニアの親御さん達はもっと感慨深い想いを胸にシーズン最後の試合を観戦していたと思います。

D1大学で野球を続けるピッチャーのお父さんは”これが最後の打席になるから”と、ビデオに収めていました。大学に行ったらピッチャーオンリーなるそうで、これはこれで寂しそうでした。

アタル君、大学に行ってもウォークオンで野球が続けられるといいですね。可能性あると思います!

643こんにちは

BCPBL(クラブチーム)のシーズンは、7月中旬まであります。
まだ1/4しか消化してません。

> アタル君、大学に行ってもウォークオンで野球が続けられるといいですね。可能性あると思います!

ウォークオンは、ほぼ不可能と言われました。そのくらい今のUBCは人気があるそうです。
ま、95マイルを連発すれば話は違うでしょうけど。これから先、独りでトレーニングを続けるモチベーションはおそらくないでしょう。色々悩んでいますが、考えたってどうしようもないので、目の前の試合を頑張るだけです。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
47位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking