11戦目

土曜日の試合で、こんな走塁がありました。


ツーアウト満塁の場面。

ここでセンター前ヒット。

センターは普通の守備位置です。


3塁ランナーに続き、2塁ランナーもホームへ。

ツーアウトですから打った瞬間にスタートを切りますからね。


1塁ランナーのアタルは2塁へ・・・・

えぇーーーっ、また2塁を蹴って3塁へ行きやがった。

センターはまだホームへ送球する前になのに。


もちろん相手は大声で「スリー、スリー、スリー」と叫びます。

すかさずセンターは、サードへ送球。


<こりゃ、暴走だな>


ツーアウトですから無理して3塁へ行く必要はないんですけどね。

次は4番打者だし。


ところが、これがセーフなんです。

しかもスライディングしなくても。

う~ん、思った以上に脚が速くなってるのかな?


でも、暴走と好走は紙一重ですからね。

しっかり状況を判断した上で次の塁狙ってください。


さて、日曜日もダブルヘッダーです。

第一試合、2番サードで先発出場。


初回、第一打席。

ワンアウトランナーなしから四球で出塁。


ツーアウトから2盗。

そして、レフト前ヒットで一気にホームへ。


ヒット1本で、先制点!

チーフスには珍しいパターンの攻撃です。


相手キャッチャーは、ジュニア時代(2年前)の元チームメイト。

びっくりしたそうです。

あのアタルが盗塁するなんて・・・・


ジュニア時代、アタルだけ盗塁がなかったんです。

脚は遅かったけど、盗塁できる技術は持っていたのに。

いいスタートを切れるし、スライディングはそこそこ上手いし。


ホームスチームも4回試みて、4回とも成功させているんですけどね。

(こっちで4回成功させた選手は、稀だと思います)


でもチーム練習では盗塁をしないし、毎年コーチが変わるので誰も知らないし。

盗塁のサインを出してくれなかったのは、見た目で判断されてたんでしょう。

仕方ない部分もありますが、歯がゆい部分もありました。


試合結果の方ですが、2-1で勝利。

2年間盗塁ゼロの選手が、走塁で勝利に貢献するなんて。


アタルは、走塁が楽しいと言い始めました。

積極的に次の塁を狙うのは良い事ですが、

冷静な部分は忘れないようにしないとね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

他人から見たら暴走とかに見えたり、盗塁なんて当たり前のようにやってのけることかもしれませんが、何事も初めての体験というものがあるので、それがあたる君には今まで見えていなかったけどその時急に盗塁して成功する自分が見えたんじゃないでしょうか?未来を想像してできると思った瞬間に即行動に移すというのも成長するのには必要なのかな?

あさん、こんにちは

成長と言えば、ウエイトトレーニングを始めて体つきが変わりました。
それが自信に繋がっているんじゃないかとは思いますが。
あそこまで走るとは、まだ親の私でもびっくりしているところです。

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
47位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking