理想と現実 (結7)

以前の仕事での話です。

日本人の若い女性と接する機会が多かったのですが、よく言われた言葉があります。


「Jayさん家は、私の理想の家族です」


私の感覚ですが、こちらに来る人は、どこか似ている部分があります。

ですから、その人種(?)からすれば、そう見えるのかもしれません。


しっかり者のお姉ちゃんとアンポンタンな弟、

世界最強アニマルの母と神経質な父。


いったいどこを見て理想って言ってるんだろう。


さて、夏休みに入った娘は、よく遊びに来ます。

その目的は、(家族)麻雀。

どっぷり嵌っています。


麻雀をやる人なら分かると思いますが、やると性格が如実に出ます。

芸術家肌の娘は、じっくり役作りを楽しみます。

出来上がった手を見て、「わぁ、きれい!」って喜ぶタイプです。


我慢強くないアタルは、すぐポン・チーと鳴きます。

鳴きすぎて手が詰まってしまって、振り込んでしまうタイプです。

同情して欲しいんでしょうね、「だってぇ」って自分の手を見せます。


妻のタイプは、わがまま、やりたい放題、なんでもあり、自分がルール・・・・

例えば娘が「あと一つで、国士無双テンパイだったのに」と悔しがると、

「なんでチーしないのよ!」とか、

「ロン!親のハネ満18000点ね」って言うと、五千点棒1本と千点棒2本を渡してくるとか。

私の理解を遥かに超えた言動を行います。


私は、策士タイプでしょうか。

字牌単騎や筋で待ったりするのが好きなんです。


ところで私が子供の頃ですが、正月になると父が花札やトランプで遊んでくれました。

それが楽しくて楽しくて。


きっと、娘もアタルもいつかこの時間のことを思い出す日が来るでしょう。

他愛もない会話をしながらの、ただの麻雀なんですけどね・・・・


私「ところで、プロム(卒業ダンスパーティー)は男の子と行ったの?」

娘「行ってないよ」

私「どうして?」

娘「小さな学校だから男子は50人くらいしか来ないの。その中から選べって言われてもね」


私「君の時はどうしたの?」

妻「私も男の子とは行かなかったわ」


私「男子から人気がなかったとか(笑)」

妻「失礼なことを言うわね」


その時、アタルが九筒を捨てて「リーチ!」

すると妻がその九筒を「チー!」


私「役はあるんだろうね」

妻「あるわよ!」


アタル、一発目でツモ!

ア「よかったぁ。フリテンだったからどうしようって思ってたの」


「ほら、私もテンパイだったのに」と牌を倒して悔しがる妻。

見ると、役がありません。


私「何これ?」

妻「7・8・9と7・8・9が揃ってるでしょ!」


私「だから、一盃口は門前で完成させなきゃいけないのって!」

娘「ママ、もう5、6回は同じ間違えしてるよ」


妻「どうしてこれをチーしたらダメなのよ!」

娘「ママがルールを覚えないから、アタルがツモったんだから」


ア「えーと、リーチ・ツモ・タンヤオ、あっ!ドラドラ」


親の満貫、割れ目で2倍の2万4千点。

8千オール。


私「君のせいなんだから、君が責任払いしなよ」

妻「どうして?」

私「じゃあ、僕たちも君と同じ8千点を払えってこと?それで君の良心は痛まないのかい?」


うん、と大きく頷いて爆笑する妻。


私「もし同級生だったら、絶対に君をプロムに誘ってないからね!」

私「こんな簡単なルールも覚えられない女、誰が誘うもんか!」


すると妻は、口元に笑みを浮かべながらこう言います。


「あら?あなたが誘ったら私がOKしたとでも思っているの?」


アタルと娘は、爆笑。


<絶対にこの女から役満をあがってやる!>


こんな日常を送っている家族が理想なんだろうか・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
47位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking