ストレスの原因 追加

ストレスの原因、一つ忘れていました。

それは、怪我です。


外傷は見えるからまだいいんですが、見えない怪我がね。

どのくらい痛くて、どんな痛みなのかも本人にしか分からないし。


私が野球経験者で、同じような怪我をしてれば想像はつくのですが、

いきなり肘が痛いって言われても、いったいどんな治療をすればいいのやら。


ホームドクターに診てもらっても、しばらくの間運動禁止くらいしか言わないし。

信頼できる専門医がいればいいのですが、私は知らないし。

知人に聞いても、皆知らないし。


じゃあ、MRIを撮ってもらえばいいじゃない?と思われるでしょうけど、

これが6ヶ月待ちなんです。

(カナダの医療制度は素晴らしいと言われてますが、こういう一面もあるんです)


民間の所へ行けばすぐに撮ってもらえますが、費用は$700掛かります。

結局不安を抱えたまま、時間だけが過ぎて行きます。


また治ってからも、どういうリハビリをして競技に復帰すればいいのか分かりません。

チームは頼りにならないし。

全てが手探りでやるしかないんです。


しかも、アタルは治るのが遅いタイプのようで、

一般的な安静期間よりも長く時間が掛かってしまいます。

それもまたね、イライラの種で。


幸いと言えば、大きな怪我をしていないことでしょうか。

それで苦しんでいる選手もいますからね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

怪我や故障については
他人事ではなく、自分のことのように感じてくれる人が
身近にいるかどうかでかなり変わると思います。
痛いのなんて当たり前だよ
なんて言われて、納得する中高生いると思います?
治るかどうかの不安を持ってるんです。
日にち薬なのは間違いないです。
でも、時間を明確にしてあげるだけで、気持ちは変わると思います。
あと、医者によっても言うこと違いますが
中途半端に、やってもいいなんて言ってほしくないです。
痛みを持った子供は、どんなレントゲンだろうと、不安持ってます。
また、すぐにでも体を使いたいんです。
脳は嘘もつきますが、基本正直です
1回目はごまかせても、2回目以降はうそつきます。
私は、痛みを訴えられた場合、3週間の完全休養を望みます。
長いスポーツ生活の中で3週間我慢できない選手は、先しれてます。

アンバサダーさん、こんにちは

信頼できる医者かコーチが近くにいればいいんですが、
そうでない場合は精神的な不安の方が辛いと思います。
大事な大会が迫っているとなおさらでしょう。

目安になるガイドブックみたいなものがあればいいのですが。

No title

Jay さん、お久しぶりでございます。
アメリカのコミカレに決まったのこと、おめでとうございます。
コミカレで活躍して、ユニバに行く選手も結構多いとのことで、
次の2年の活躍しだいでは、D1も視野に入りますね。

怪我に関してはアメリカの医者も当てになりませんよ。 痛み止め飲んで安静にしてなさいと言われるのがいいところです。
医者よりも取り合えず良いカイロプラクティショナーを見つけたほうがよさそうです。
ちょっとした痛みや張りはカイロの方が頼りになります。
息子も背中の痛みや、腰、首などまた特に問題ない時でも月一程度お世話になってます。
成長期の子が毎日、何百回とバットを振っていると、結構背骨がずれるもんでんす。
ただ、都会の方ではカイロと歯医者はどこの交差点の角にもあるので、競争が激しく、良心的な人を探すのが難しいですかね。
口コミや信頼出来る方からの紹介がやはり一番でしょうか。

>怪我や故障については
>他人事ではなく、自分のことのように感じてくれる人が
>身近にいるかどうかでかなり変わると思います。

まさにそのとうりですね。

アタル君にはこれからも全力で楽しんでほしいです!


Nobu

Nobuさん、こんにちは

息子さんは、14才ですよね?そろそろ、シリアスな野球になるころでしょうか?
今体が大きくなる時期ですから、球速も飛距離も面白いように伸びているでしょう。

アタルの球速は、88~90マイルだと思います。もし2年後に92マイル以上出れば、4年制の大学にトランスファーを考えています。それ以下ならスカラーシップは厳しいでしょうし。

以前教えて頂いたShoe Gooは使ってますよ。2本目です。屋内練習の時に履くランナーズとクリーツ(練習用)に使っています。新しいのも1本、カンザスに持たせます。


これからの更新はポツリポツリとなりますが、またコメントの方よろしくお願いします。

No title

Jayさん、息子のことを覚えていただいてありがとうございます。
息子は15歳になり、HSのFreshmanを終えたところです。
すでに、シリアスな部分も経験してきました。
と言うのも、HSで野球が出来るか出来ないかは野球を続けたい子にとって最初の試練です。
HSのFreshman枠はたいてい15人前後です。各HSで野球を続けるこのが出来るのはたった15人に絞られます。
その15人も次の年はJV(Junior Varsity, HS の二年生と3年生中心のチーム)となり年上の子達と比べられます。
JVも枠は15人ぐらいなので、そこに入れない子はカットされます。 JVで野球を続けられても、次のVarsity(4年生、3年生中心)に入れなければカットとなります。
そうしてだんだん人数が絞られていきます。
息子は日本の中三にあてはまりますが身長167cm、これではD1のHSは難しいですし、入れても試合には出れないでしょう。
そんな訳で、コーチからのさそいもあり息子はD3のHSを選択しました。 お陰で、毎試合出場できて、ショートにピッチャーも続けられて、ずいぶん成長した様に思います。
ぎりぎりでD1に行った子たちは試合にもほとんどでれず、JVにも入れずにカットされています。
息子はJVチームにも入れたので、さらに練習に気合が入ってこの夏休みをすごしています。
ちなみに、こちらではHSの野球等のスポーツは部活動ではなく、体育の授業に当たります。 授業(練習)は週5毎日ありますが、2時間程度です。 土日は試合以外では練習はありません。
なので、後は自己責任、財力のある親は、プライベートレッスンに行かせるでしょう。 シーズン中以外はプライベートチームでプレーしたりします。 しかしメインはお父さんとの個人練習でしょうか。
なので私も週末は息子と練習に励んでます!!

Nobuさん、こんにちは

HSの野球が体育の授業とは知りませんでした。またD1~D3に分かれているんですね。MLB選手をたくさん輩出している有名なHSもありますもんね。

どれだけ伸びるかどうかは、これからですよねぇ。ウエイトトレーニングで筋力をつけて、それをどう野球に活かせるかでしょうか。うちは最後の最後でなんとかなりましたが、その途中では何度諦めようと思ったことか。
だって、15才の時のアタルの身長は、162cmでしたもんね。ちんちくりんでしょ。

おっしゃる通りで、どれだけ個人練習ができるかどうかです。まだバットとボールを使う練習はいいんですが、これがウエイトトレーニング(またはトレーニング全般)になるとね・・・・お父さんが息子を追い込まなきゃいけないんです。これがまた精神的に辛いんです。
金を払って専属トレーナーを付けられたら、どれほど楽なことか。

そろそろNobuさんの番ですね(笑)←サディスト。

No title

Jayさん、HSはたしか、D1からD7まで学校のサイズで分かれているようです。
近所のD1のHSは生徒数が3000人以上、息子のD3のHSは1100人程度です。
他のプライベートは人数がさらに少なくなるので、結局D7まであるようなんです。
やはり、生徒数が多ければ、優秀な子も多くなるという事でしょう。 実際そんな感じです。
春のリーグ戦も別れて戦うので同じ戦力同士公平で、身の丈に応じた戦いが望めます。
とはいえ、うまい子はD1のHSに引き抜かれたり、D1でカットされた子はD2やD3のHSに来て野球を続ける子もいます。
野球のシーズンは春のリーグ戦のみです。 息子のHSでは秋の練習試合でベスト9(先発メンバー)を決めて、春に望みます。
夏の練習試合で、JVとVarsityのチーム分けをする感じです。 春以外はトレーニング&ウエイトが中心ですね。 
オフシーズン中は、プライベートチームでプレーする子が多いです。 うちの子も例外ではないです。
カナダともずいぶん違うようですね!
MaxPrepsというサイトが(アプリもあり)、全米中の高校のあらゆるスポーツの試合結果、試合予定、チーム成績、個人成績、
全米ランク、州ランクなどを配信してます。 息子のスタッツなんかもしっかり私にバレます。笑!!

Nobu

Nobuさん、こんにちは

MaxPreps、調べてみました。おっしゃる通り、そちらはD1~D7に分かれてますね。びっくりです。
やっぱり、こっちはど田舎です。そのくせ費用だけは高いし、大人たちは知ったかぶりをするんですよ。ったく、もう。

アタルはカンザスを選んで正解だったと思います。まだまだ小魚ですから。
これから2年間掛けて、大海に出る準備をすればいいでしょう。

またそちらの情報を教えてくださいね。
これからショーケースに参加すると思いますが、頑張って下さい。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
486位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
89位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking