残念さんからのコメントの返信

前回の記事にこんなコメントを頂きました。

返信が長くなるので記事にします。


「プロでも10点差をひっくり返される事もあるし、高校生なら尚更7点差ぐらいじゃ安全圏とは言えないよね。

ルールに沿ったプレーしてデッドボール当てられるなんて子供が可哀想。

ましてや故意にデッドボールを当てるのを肯定するとか、暴力、傷害を肯定するに等しい。

がっかりしました。」



>プロでも10点差をひっくり返される事もあるし

なぜプロの話を引き合いに出すの?


>高校生なら尚更7点差ぐらいじゃ安全圏とは言えないよね。

それはあたなの勝手な思い込みでしょう。


なぜ7点差が安全圏かというと、それには理由があるんです。

二日前の試合で、カナダが日本から取ったのが6点だからです。


しかもこの日の先発三浦君は、素晴らしい出来でした。

さらに、これが最後の試合ですから、日本は惜しみなくリリーフが使えます。


ですから、7点差には明確な根拠があるんです。

2盗ならまだ分かりますが、ツーアウトなのに3盗はすることないってことです。

しかも2度も。

勝敗の行方に関係のないプレーをされたら、侮辱と感じるのも当然でしょう。


>ルールに沿ったプレーしてデッドボール当てられるなんて子供が可哀想

ルールに沿ったプレーをしてるのなら、報復死球を当てる訳ないでしょ。

大勢の観客がいる前で、そんなバカなことはしませんよ。

もしあなたの意見が(カナダでも)正しいのなら、ブーイングが起きていたでしょう。


前回の記事の繰り返しになりますが、開催国はカナダなんです。

だから、カナダの選手も日本の選手と同じく、カナダのルールに沿ったプレーをしたまでです。

何の落ち度もないでしょう。


あなたの言うルールは、日本国内に限ったルールでしょ。

もしこれが前回の大会(甲子園)で行われたのなら、あなたの言い分も分かりますが・・・・


話はズレますが・・・・

報復死球を当てられているのに、気付かず2盗をした清宮君ってよっぽど純粋なんでしょう。

プレーに一所懸命な選手はそれで良いとしても、監督・コーチはすぐに気付くべきです。

何のための首脳陣なの!


そもそも試合前のミーティングで、暗黙のルールくらいは確認すべき事項でしょう。

国際大会なんだから。


この報復死球は、それを怠った監督の責任です。


>ましてや故意にデッドボールを当てるのを肯定するとか、暴力、傷害を肯定するに等しい。

はぁ?

暴力を肯定しているのは、日本の社会の方です。

いまだに体罰のニュースがあるじゃないですか。


カナダは暴力に関して、厳しい制裁がある社会です。

たとえ親であっても、自分の子供に愛のムチはありえません。


そんな事をしたら、すぐ警察行きです。

これは断言します。


>がっかりしました。

私にがっかりしたのか、カナダにがっかりしたのか分かりませんが・・・・


侍ジャパンと名乗っておきながら、「武士の情け」がないんですね。

がっかりしたのは、私の方です。


最後にもう一つ有名な暗黙のルールを紹介しておきます。

ノーヒッター(または完全試合)達成を防ぐために、バントでヒットを狙う行為は禁止とされています。


野球が紳士のスポーツと言われるのは、暗黙のルールがあるからだと私は思っています。

そして、私は野球のそういう所が好きなんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本国民が 清宮君を 特別な目で見てます。
その清宮君に故意なデットボールがきたので
ご立腹してるのでしょう。
他の選手であれば、しょうがないと思うんでしょうね。

No title

野球とベースボールというより
甲子園を目指す高校野球だけが
多分、世界の野球から取り残されていると感じます。
もちろん、私の息子もその世界を通り過ぎているので、その良さと意義は感じます。
ですが、U-18の大会だけは、その高校野球が終わるとほぼ同時に、大会があるだけに、その差を埋めることができないのではないかな?と感じています。

長々と書きましたが、負けの確率を極端に低くするための野球が高校野球だと私は理解しています。
その中で、盗塁というのは結構大きなウエイト占めてるんですよね。
スキあらば狙う
この感性はほぼ全員が磨かれるので、必然的にU-18に選ばれる選手はその感性を持っているでしょうし、指導者もその思想をもっているでしょう。
ある意味、日本は自分の土俵で野球をした結果、報復死球を受けただけと感じます。
日本の高校野球には、報復死球という言葉も行為もありませんからね。
勝負はやるかやられるか。故意のデッドボールも私は有りだと思ってます。
その覚悟がないなら、勝負する資格ないと思います。

アンバサダーさん、こんにちは

負けの確率を低くすることは、カナダも同じです。
問題にしているのは、その限度と方法です。

この試合の展開で、ツーアウト2塁から3塁を成功させたからといって、どれだけ負ける確率が下がると言うのですか?

私は、ほぼ0%だと思います。
そのために狡い手を使った事に腹が立ったんだと思います。

ブログにも書きましたが、1塁から2塁の盗塁なら分からないでもないです。でも、ツーアウトからの3盗は、明らかに限度を超えています。

暗黙のルールは、野球の長い歴史と経験の中からできたものでしょう。ですから、私は意味があるものだと思います。
プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
79位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking