被ホームラン

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives.

It is the one that is most adaptable to change.

- Charles Darwin -


紅白戦、2回目の登板。

4イニング 2失点 被安打2 奪三振4


四球の後、ホームランを打たれたそうです。

ホームランを打たれたのは、4年振りです。

金属バットの洗礼を浴びましたね。


181cm84kgじゃ、アメリカでも一番小さい部類です。

それにウエイトトレーニングを始めてまで1年なんて選手、いないでしょうし。

パワーもスピードも違うのは、当然のことです。


問題は、ここからどうカレッジベースボールに適応できるかです。

何度も言ってるように、体が足らない分は頭で補うしかありません。


さて、気になってアタルの先輩たちの成績を調べて見ました。

みなアタルと同じNJCAAのD1です。


〇〇先輩(フレッシュマン)の成績。

indy stats

去年、彼はBCPBLで怪物でした。

背も高いですが、横もでかい。

190cmで100kgは超えていたんじゃないでしょうか。


確か、ノーヒッターを達成したと思います。

そんな彼の防御率が5.93なんて・・・・


△△先輩(フレッシュマン)の成績。

vincelli stats

リトルリーグ時代からのスーパースター。

元ジュニアナショナルチーム。


フルライドのスカラーシップを貰ったという噂。

そんな有望選手でも防御率が8.83なんて・・・・


□□先輩(ソフォモア)の成績。

will mcaffer 2017 stats

同世代No.1だったピッチャー。

MLBから32巡目でドラフトされるも、カレッジの方を選択。


今年NCAAのD1にトランスファーしたようですが・・・・

それでも防御率は5.20だったなんて。


上記の3人は、アタルにとっては雲の上のような存在でした。

トライアウトなんか一度も落ちた事ないでしょうし。


一方のアタル、代表とは全く無縁の選手。

って言うか、3年前はロースター20人中20番目でチームに入れた、ギリギリの選手。

2年前はフォールボールなのに、バッティング練習さえもさせてもらえなかった選手。


それがバッティングとピッチングと両方やってるって・・・・

こりゃ、相当頑張らないとな。

もしくは、早い段階でどっちか一つに絞らないといけないかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
79位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking