FC2ブログ

マイケル・コペック

規模の小さなトライアウトなら、60ヤードは手動式(ストップウォッチ)で計測しています。

これね、前にも書きましたが、誤差が大きいと思うんです。


電子計測器がないのなら、立ち幅跳びを測ればいいと思うんです。

これなら巻尺一つで正確に測れます。


しかも誰が測っても同じ結果です。

この数字と体重で60ヤードの代わりになるんじゃないかと。


体重×立ち幅跳びの距離≒走力(ポテンシャル)≒球速(ポテンシャル)


昨日アタルの立ち幅跳びを測ったら、285cmでした。

単純に計算すると、87×285=24795 になります。


この数字が上がれば、きっと球速も比例して上がるでしょう。

別にスピードガンで測らなくても、だいたいの線は合っていると思います。


今の体重なら3mは越えないと、次のレベルには行けない気がします。


さて、こちらの動画の中に、チラッと立ち幅跳びの様子が映っています(1:59~)。




ウィキペディアによると、マイケル・コペック選手の体重は93kgです。

93kgの重さを一瞬にして、あの距離まで運ぶパワーが備わっています。

しかも190cm超の身長ですから、リーチも相当長いでしょう。


球速168kmも出るべくして出た数字でしょう。


ちなみに、

体の裏側の筋力≒デッドリフト1RMの重量≒走り幅跳びの距離≒球速

かな?と。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jay

Author:Jay
カナダで野球にはまった親子です。
詳しいプロフィールは、コチラをご覧下さい。

最新コメント
カテゴリはコチラ
MLB (6)
サイト内検索はコチラ
リンクはコチラ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
449位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
70位
アクセスランキングを見る>>
スポンサードリンク
お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ランキング

FC2Blog Ranking